TEST

2019年7月29日月曜日

現在の契約ビジネスモデルについて

(ΦωΦ)現在の契約ビジネスモデルについて

4日前、ブレードランナーk乱武レkのルドガー・ハウアーさん死にはったみたいね。
あのタイレル社の社長の首しめるロボット役だった人

-------------------------------------------------
【スマートスーパー】 動画見たけど【レジカート】で一品ずつ
客がスキャンするのでは弱いと感じた。カゴ自体に無線スキャナー
ついてて一括スキャンができないと駄目。今客が並ぶ原因は
一括スキャンがまだであるため。5G以降は実現する可能性がある。
それと、買い物時にレジ袋に入れてゆく仕様だとゲートで確定ボタン
押すだけですっと通れるだろう。当面は検査員がいて確かめるだけで
いずれ検査員もいらなくなるだろう。


僕は会社帰りに(ΦωΦ)渕団地横にある薬局系スーパーに立ち寄って
買い物をするんだけど、レジ3つあっても団地客多くて
並んでることが多いです。その薬局独自のカードでポイント
の処理もあるから10人以上が待ってることが多い。猫の餌
買おうと思ったらコーナーの1/4に商品が一つもない状態。
このような状態の原因は一括スキャンできないこととポイント処理で
客が並び店員が商品を搬入する暇がないからです。
レジで遊んでるオバハン追い込んだら小平和なるからなの-?
それをスムーズにさるにはどのみち仮想通貨で秒間処理数世界規模に
なっても対応していけてデータ保存域を持つコイン、ブロックチェーンが必要に
なってきます。レジカートと別に監視用のスキャナーで一致してるかの確認、
客の嗜好データや店員が補充する場合の商品場所、個数のリアルタイムデータ
など、相当数のデータ処理が必要ですべてブロックチェーン記録になるでしょう。
その状態を想定するとBSVチェーンしかなくなってくるでしょうから。
いずれにせよデジタルマネーもブロックチェーン使用しないと実現できません。
現在のBTCではそれは実現できませんので。


ようするに、改変可能であるということが当たり前であったこと
を利用して、不正を行い、その証拠を削除するという手口が
小グループから金融機関、政治家、国までの規模で行われていて、
刑務所に入るべき人間が捕まっていない。そういう不正をやってる
集団が儲ける事が不可能になっていってその金が民衆に戻ってくるというロジックですね。その集団の手下になって協力することはない。
というか、人を騙すことで儲けることがあたりまえであることが蔓延してる
という状態の改善が5G以降で行われるため彼らに逃げ道はなくなってくるという流れで行って欲しいですね。僕は。単純に言い換えると、ブロックチェーンによってハックできず不正が行えなくなるというのが最大の
本質だと考えてます。2020年から10年以内に大きい変化はあると
予想してます。

母が朝日新聞に出てる広告を見てこの本読みたいからアマゾンで買ってくれというので調べてみると、アマゾンでは扱ってない商品でスマホのアプリをインストールすると3ページの目次が立ち読みできて、一ヶ月600円契約で他の雑誌も期間内で読めるといったビジネスモデルでしたが、こういうのは1冊買い切りのほうがいいわけです。あらゆることでこういうのが多いということは、ずうずうしい商売だと思います。契約で毎月支払い、引き落としがいったいいくつあるんだ?と思うのが普通だと思います。スポーツジムもそうです。一ヶ月7000円なんて金額を銀行引き落としでなければ施設を利用できない。ちょっと一時間走って汗流したくても短時間利用料は設定されてない。毎日は利用しないのがわからないんでしょうかね?スマホ契約で最初に強制で入ってアンインストできない携帯会社のソフトにもそういうビジネスモデルが多い。まあ嫌だから利用しなければいいで終わりですが、穿った見方だと月一回利用でなんで契約料全額取られる必要があるんだ?って疑問も起こるし、そこで融通が効かないとすれば悪質な搾取であるといえるわけで。僕はこういうのもすべて
ブロックチェーンで変わってほしいと願ってます。買い切りさせないのが
多すぎるなら、マイクロペイメントへ移行しても問題ないでしょ。
だから、僕は今はアマゾンとビデオパッドくらいしか使わないですね。
アドビとか高すぎるし。基本機能くらい買い取りで使わせろって思う。

アドビは大昔P2Pで落として試しで動作確認して
PCが不調になるので金払って4万ほどはパッケージ版買ったはずだけど
OSアップデート毎にアップグレードに金がかかって、そうこうしてるうちに
月払いがメインになってて、じゃあその昔払った4万は何なんだ?
ってなる。

買い切り→アップデート毎に金を取られるがアップデートでは
         不具合起きやすいため、パッケージを新たに買うほうが間違いないという
         状態によって稼いでいた
         ↓
         月払い契約に変化(高いから契約しない)
         ↓
         究極は使用時のみ金払うマイクロペイメントのほうが利用者は多くなる

-----------------------------------------------
---------------------------------------------------- これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく Read the article, “It was useful”, “It was good” If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒








山本太郎さんについて考えたこと

山本太郎さんについて考えたこと

(ΦωΦ)日本の政治に対する私のスタンスと
誰にでもわかる単純、シンプルなロジック



政治にはほぼ興味ありませんが、自分なりに考えたロジックとスタンスは一応
持ってます。小説家の町田康先生が日本の政治に対してはどうですかと
問われて、いや別に何もないです。笑えればいいってような発言してました。
基本的に僕もそんな感じですが、最近山本太郎さんの露出度が高くて動画
観て考えたりもあるので。山本さんは好きですね。若い頃、大阪の工場勤務の時
2人部屋で若い人と一緒でその人がたけしさんの元気が出るテレビだったかな。
好きみたいで、山本太郎さん出演シーンだけ集めたMellowRingQのビデオを持ってて
観ていいですよと言うので見せてもらうと面白い魅力を持ってる人だなと感じて、
笑わせてもらった思い出もあるので。

で、現在の安倍政権に対してのスタンスは 安倍やめろ とかはぜんぜんないです。
日本は犯罪件数や交通事故も激減していてグラフデータでも右肩下がりが
はっきり出てますし、安全かつデフレでその部分に対しては反対などできないからです。
BSVを日本の仮想通貨で取り扱わない事だとか、仮想通貨の税制に対する事や
消費税増税に対する不満は若干だけあるって感じかな。それも長期で見れば
理由あって計画的にしていることかもしれませんので。山本さんはデフレをなくして
消費を上げると言ってますが、そうなると物や食料の値段が上がって、人と面会すること自体を嫌がるニート達やその他の理由で職にあぶれてしまった人達は現在に比べて困ることになりませんかね?日本だけデフレと言ってますけどそのへんの感覚は最近外国へいってないしよく調べてないのでわかりません。でも派遣が増えて給料下がってるのは間違いなく世界的なトレンドで起こったことだし。世界で戦争が減ってるのはネットによって情報が正確になった事に要因があると思う。国のためなら戦争で死ぬのは当たり前という考えがそもそもどうかと思いますね。それこそ初期クラッシュの「このクソ熱いのに前時代的トロピカルヒート陸上戦なんてやってられるか」すね別スレにも書きましたが、100%は取れないですからね。それに、国のために死ぬってのなら、まず頭脳、肉体労働問わずにちゃんと働いて物や食料品を安くしたり、戦争は馬鹿げてるって認識をまず広める事に貢献すべきで、世界で起こる災害や温暖化、地域的な危機を煽ることには、イコール戦争へ繋がる要素を他に印象ずける事でしかないと思います。

働く/働かないということで言うと、もちろん働いたほうが良いに決まってるし、IT社会後の現在の個の分断の果てのライン化で世界がデフレになりました。と。次はこの25年で蓄えた金融機関、企業権益を5G以降の仮想通貨での変革によって皆さんに少しは還元いたします。というシナリオも考えてますが、BIが当たり前になってしまうと働かない人が増えてしまうかもしれませんし、一番基本的で必要な職種でそれが起こってしまうと世界は成り立たないので、そうだとすればですけどそのへんのバランス取りを政治家やAIがやるのではないかというような感じです。ブロックチェーンによってあらゆることが改変不能で透明になる事に対して異を唱えるのはちょろまかししたい勢力の言い分ではないでしょうか。特に不正は行ってないなら問題ないと思われますが。大学ローン問題はマイニングに似てますね。入れた金が社会へ出て返ってきて永続的利益になるかという経済事実として。フィアット、銀行、金融機関は負債を作る事でエンジンを回してる。それが仮想通貨に移行して改変不可能、ハッキング不能になることによってAIが世界中の正確な情報を収集、分析した結果を識者及び優秀な政治家達の判断によって公正で透明前提な健全な運営される未来が来ると良いですね。昨日黄金さんがバシャールの”ある”ものはあると認識しながら、ネガティブな結論を出す前にポジティブな結論に塗り替え次へ進み、左から右へとすいすいと流してゆけば良い を引用してましたがそのとうりですね。



----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく ⇒⇒⇒
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒⇒⇒



2019年7月28日日曜日

(ΦωΦ)BSVが正式にビットコインになる可能性

今日、明日は会社休みで昨晩寝苦しかったので朝10時頃まで寝て
起きてからBSV調べたりしてます。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


(ΦωΦ)BSVが正式にビットコインになる可能性


Redditの r / bitcoincashSVのスレッドで
クレイグライト博士が関連する裁判所でビットコインブランドの
権利を取得したことによる潜在的な影響(EUおよび/または米国)
というのがありました。


つまり、クレイグが裁判に勝ちEU、米国でビットコインブランドの権利を
取得することによってティッカーBSV、BTCはそのままだがクリプトの
表示が上記に変わる可能性ですね。そうなれば、
現在のビットコインはビットコインコアーかコアコインとしか
呼ばれなくなる。そうなると否応なく意識変化はあるでしょうね。


その最悪の場合は私の最高です
それを作成して証明を持っている、勝つのは簡単なはず
最良のシナリオでは、BSVはBTCティッカーも取得します(画像には記載されていません)
BSV ==> BitCoin(BTC)の最善のシナリオ
↑これあり得るんですね。 ホワイトペーパーを書いて最初のビットコインを創造した人が 成り行きと策略によってビットコインの権利を横取りされ、 それに乗じたポンジ主催までが金儲けの為の内容のないハードフォークにより ASICで結託してビットコインの名を冠したポンジコインを複数発行してるのが 現状です。それを訴えによって取り戻し正常な状態に改善する事に 何か問題あるのでしょうか?至極まともな事でしかないと思いますが。 また、BSVチェーンに上がるデータがガラクタであると断定する人は なぜ長期に渡ってガラクタであるかのロジックを述べてください。 役に立ってる以上、ガラクタだからガラクタっていうのはロジックがないので



ここのリンクで なぜ「Bitcoin Satoshi Vision」を買うのが良い考えなのか
というのが良い関連記事を書いていたので簡潔に翻訳してまとめてみます。


★BTC(Bitcoin Core)が生き残るためには、チェーンの安全が必要である。
鉱山労働者が離れると、脆弱になる。世界的に採用されていても、一定のしきい値を
超えると、1トランザクションあたり50米ドル以上の料金を支払う意思のある人の数
が減少する。BTCの脆弱化が始まる予想時期は5~11年であるが、
BTCが「コアコイン」となり、ビットコインの名前を冠することを
許されるのはBSVオンリーってなると、その時点からすぐガラクタ化は始まるので
早くなる可能性がある。


★BTCのブロックサイズ1メガ制限は、趣味のユーザーがノードを実行できるように
する可能性がネットワークを分散させ続けるための要件であるという誤った仮定を
持っていました。


★WrightはBTC価格を下げる力を持っている。そうなった場合、
多くの鉱山労働者が自然に半減期にBTCを去ることが予想される
大規模なハッシュ処理能力が沈没船から逃げるようにBTCを離れ、
ネットワークはフリーズ、ブロック処理時間は現在の10分平均から
それの非常に高い倍数にジャンプする。1秒あたりのトランザクション数は
7から0.x以下に低下。回復の見込みがない状態で、障害のある状態から
重度の障害のある状態へと切り替わる。


★現在「Bitcoin」として取引されているBTCは、すべての取引所で「Bitcoin Core」
に名前を変更する必要が発生する←現在の頭にビットコインを冠した 本物ビットコイン以外のスカム銘柄はすべてビットコインの名前の使用が できなくなる可能性がある。


★BTCがその知覚価値を失い、その知覚価値がBSVにゆっくり移動する。
世間の認識は一夜にして変わることはないのでおそらく何年にもわたる
と予想している。


★BTCは深刻な価格下落に直面する可能性があり、そうなれば
小さなブロックという欠陥のあるアプローチを使用する他のすべての
ブロックチェーンプロジェクトが崩壊に向かう。


★現時点でばかげているように見えても、BSVが長期的にデファクトスタンダード
としてBTCに取って代わる候補となるのは疑いようがありません。


http://thecaseforbsv.com/

50%以上攻撃のコストがBSVは低いと書いてる人見ますが、
実際には1時間では何も達成できず、プロセス全体を達成するには
数日かかるので現実的ではない。しかもレンタルでは総電力に対して
シェアー1%しか取れない上に実際にそれを行ったとしても僅か
利益しか出ないので50%以上攻撃は起こりませんね。BTC、ETH、LTC
BCH、BSV、XMRでは無理です。イーサクラシック以下はあり得るって
感じですので。

Bitcoin SVは元のプロトコルではないと人々は言っていますが、
それは正確にホワイトペーパーに続くものです。
元のBitcoinブロックチェーンの一部を元に戻して
元のホワイトペーパーに準拠させることができます。

「今後数年間で、数十テラバイト規模のブロックを実行するようになります。
私達は私達が地球上の他の全ての取引を包含することを可能にする
速度と費用でそうするでしょう。私たちは、Visaよりも、Mastercardよりも、
PayPalよりも安全かつ安価にそれを行います。または現金より。」

Jimmy Nguyen
ジミー・グエン ビットコインSV:大規模グローバル決済システムのための
大きなブロック 7/29 
これは必読です。
https://www.paymentsjournal.com/bitcoin-sv-big-blocks-for-a-big-global-payment-system/
----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく ⇒⇒⇒
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒⇒⇒


2019年7月27日土曜日

仮想通貨のオピニオン・リーダー情報4

仮想通貨のオピニオン・リーダー情報4


★ジハン呉 ジハン・ウー
概要:ビットメイン共同創設者、マイニング機器会社
生年月日:1986年  
出生地:中国 
教育:北京大学
活動備考:北京大学で心理学と経済学
2009年に中国の投資ファンドマネージャー
そこで、ビットコインのホワイトペーパーを翻訳して中国に紹介
8Btc.comを作り中国で積極的に宣伝、2011年より投資開始
採掘プール、ASICチップのビットメイン設立
北京拠点のAntminer、Antpool
2017年ビックブロック支持でBCH、2018年HF




★★クレイグスティーブンライト CSW
概要:プログラマ、BSV(BitcoinSV)創設者、総合顧問、Bitcoin WP作者である可能性が高い
生年月日:1970年10月 
出生地:ブリスベン、オーストラリア 
教育:パドヴァカレッジ
活動備考:大学卒業後別大学へ移りコンピュータサイエンス研究
そこで科学博士号、オース証券取引所、さまざまな企業の情報技術スペシャリスト
及び、セキュリティー顧問、1999年世界初のオンラインカジノのアーキテクチャ設計
Hotwire PEの最高経営責任者を経て、暗号化会社のDeMorgan LtdとPanopticrypt Pty Ltd
を創設し、世界初のビットコインベースの銀行であるDenariuz Bankの立ち上げを計画して
いたが、これは時期早々であったため軌道に乗らず。この時期にクレイマンと共同作業。
この時から若干オース政府との関係が悪化した様子。2015年WiredとGizmodoが
ライトがビットコインの発明者であると発表、その後Wiredが彼の疑惑を発表した
数時間後にオース税務局が警察を使って自宅を調査。クレイグはイギリスへ移住、
2017年BCH、2018年カルビンと共にBSVプロジェクト立ち上げ。
祖父は2次大戦で暗号解読の功績を持ち、大学での人脈がある。総合的に見て自分は
クレイグがビットコインのホワイトペーパー作者と見て良しと考えている。


Bitcoin(Bitcoin、Bitcoins)という単語が2008年8月18日に公に使用されました。
bitcoin.orgという名前がドメイン名を登録する可能性を提供するサイトの1つで予約され、
支払いが行われました。それから13日後 - 8月31日に、9ページの文書が新しいタイプの
資産の詳細な説明とともにこのウェブサイト上で公開されました - ビットコイン
(ビットコイン:ピアツーピア電子現金システム)。前述のように、この文書は中本聡
という名前で署名されています。


↑bitcoin.orgのドメインはクレイグが自分のVISAカードを使って登録したと
インタビューで発言してます。またオース政府、銀行はその証拠を保存していて
法律でもその証拠は現在まで保存してなければならない。それを公式発表するか
どうかだけの話し。アメリカが認めたのはこの情報も調べてる証拠で10年も
あってサトシが誰であるかをアメリカ政府が調べないはずがないし、調べないという
のはただのナンセンスであると思う。


4か月後、ネットワークを立ち上げ、9日後、Bitcoinネットワークが機能を開始した後、
最初のトランザクションはNakamotoウォレットから完了しました。
プログラマーHal Finney(Hal Finney)が受け取りになりました。
2009年11月末プラットフォームを作り、最初に登録されたBitcoinアカウントは
Satoshiで、2番目のアカウントはMartti Malmi。中本智が去った後、
最初に知られたBitcoin開発者になったのはMartyでした。
フォーラムの情報によると、中本智の最後の活動は2010年12月12日


↑これはクレイグが時期早々であると判断して離れる判断をしたと思う。
ビッグブロックに難色を示す意見も多かった為だと思う。クレイグは
理解できない人が多かったと発言している。


★ジェド・マカレブ Jed McCaleb


概要:ステラーのCTO、プログラマ、起業家
生年月日:1975 
出身地:アーカンソー州リトルロック 
学歴:カリフォルニア大学バークレー校
活動備考:2000年eDonkey2000アプリケーション作成
、Jedは、Magic:The Gatheringというゲーム用のアーティファクトを販売するための
サイトを作成することを目的として、ドメイン名Mtgox.comを取得しました。
2011年マウントゴックス売却、2013年までRipple Labs在籍
2018年1月リップルで財産200億ドル、ランキング40位
2014年ステラーファウンデーション共同設立




★エヴァン・ダフィールド


概要:DASH創設者、ソフトウェア開発者、コンサルタント
生年月日:1985年 
出生地:アリゾナ、アメリカ 
教育:不明 
居住地:アリゾナ
活動備考:2011年までWarped AIのソフトウェア開発者およびコンサルタント
2012年Wells Fargo Bankでソフトウェア開発者
データ処理の為のプロトコル開発、その後のビットコインホワイトペーパー発表により
興味を持ち研究に没頭、Xcoin、Darkcoinを経てダッシュ(Dash)に改名。
トランザクション追跡できない匿名型コイン。



----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく ⇒⇒⇒
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒⇒⇒




BSV x27というタグを調べてみた 仮想通貨

今日7/27日は気温激熱でしたが愛媛県は日本晴れで
仕事帰り若干モワッとはしましたが気分は良かったです。
カラっと晴れてる日が好きなもんで。昼食のパンがうまい。

-----------------------------------


BSV x27というタグを調べてみた 仮想通貨

最近海外のツイッターでBSV情報を調べていると、やたらx27という
タグリンクが増えていてリンクを踏んでも意味を理解できなかったので、
調べてみました。ググってもなんのことだかわかりにくい状況です。





マイニングASIC機器の名称?ディスプレイなどがヒットしてしまい
わかりずらかったのですが、ロケットかなあ?と思ってキーワード変えたりしてたら
なんとなくわかりました。間違えてる可能性もありますが、簡単に言うと
スイス発で起こってる、または起こそうとしてるムーブメントのことで
ヨーロッパでは認識率が高いようです。x27の27は2027年の事を
指していて、5G以降に様々な分野で爆発的変化が起こるだろうことから
推測される2027年の決定的な変化に焦点を合わせ、それについての
提案、改善で機運を高める運動でオモロイ数字だんなあちゅて理解しました。

ついでに仮想通貨全般でのググり方についてアドバイスしておきます。
僕は自動車産業、IT大企業での検査作業、10年以上の経験があって、
そこで夜昼交代の過酷な状況の中で短い時間でOK/NGの判断、
PASS/FAILの判断を強いられることが日常の作業で餌もろてましたので、
それを生かして職業プロ意識を持った判断をしようと心がけています。
そんな僕が検索で優先するのは 画像で検索する事です。ワードは
基本的にシンプルで違うと思った場合にスペース開けて別ワード想起
してやり直しという感じでやります。日常作業でしたので普通の人に比べて
認識は速いやあ思ってます。夜中4時だろうが目を凝らすのが仕事でしたから。
上記のx27もそういう感じで、これは!?とかおや?と思う画像から確認すれば
一番自分の場合はスマートに目的にたどり着けますね。

----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく ⇒⇒⇒
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒⇒⇒

仮想通貨のオピニオン・リーダー達の情報3


仮想通貨のオピニオン・リーダー達の情報3

★ギャビン・アンド-レセン
概要:プログラマ、Bitcoinの作業、RSPの作業
生年月日:20世紀 たぶん50代後半
出生地:不明 
教育:プリストン大学
活動備考:1988年からコンピュータエンジニア、
シリコ-ングラフィックス社で3Dモデリングソフトウェア開発
1996年バーチャルモデリング言語(VRML2.0)ガイドリリース
2012年ビットコインファウンデーション設立に参加
2016年ビックブロック方向の意見が通らず退社
セキュリティー向上の為のRSPは収益化なしでやっている
ビットコインの開発に多大な貢献をした人物で
クレイグをサトシだと言ったうちの一人
その後での否定はブロックストリームから20万BTCを
受け取ったからかもしれない。Bitcoinの作成者である中本聡と間違いなく
関係していたと考えられる人物では一番に上げられるのはこの人


★ウィンクルボス双子兄弟

概要:起業家、ジェミニ取引所のオーナー、WBT基金
生年月日:1981年8月21日 
出生地:サウサンプトン、ニューヨーク、アメリカ 
教育:ハーバード大学
活動備考:13歳で起業家になり、SNSの開発に関わり2008年フェイスブックから保証金を受け取る。2012年の夏にBTCを受け取ることができた人は少ないです。
その時点でコミュニティーにいた少数。BTCが11000ドルを超えた時10億を超えた。おそらく、BTCの作成者である中本智氏はおそらく暗号通貨業界で最も裕福な人物です。


★ジョセフ・ルービン

概要:プログラマ、Ethereum共同創設者、ConsenSysの創設者
生年月日:1964 
出生地:カナダ、トロント 
教育:プリストン大学
活動備考:プリンストン研究所所属、ゴールドマン・サックスへ
2014年にビタリクのパートナーとなりイーサリアム開発
Ripple Labsの創設者の一人で、資本額は2番とされる。
推定1~50億ドル。


★カルビン・エアー(ケルビン・アイレ)ケルビンエドワードエアー(Calvin Edward Ayre)

概要:Bitcoin SVの共同創設者、起業家
生年月日:1961年5月25日 
出生地:カナダ、サスカチュワン州ロイドミンスター 
教育:ウォータールー大学、シアトル市立大学
活動備考:1989年経営学の修士号を取得
1992年からネットワーク設計技術の独立研究
この時期オンラインギャンブルソフトウェアを複数のカジノへ販売していた
コスタリカを拠点に彼のギャンブルビジネスは1996年に設立され
Casino Bodog.comは2000年に設立。2006年のForbes誌の年間億万長者誌の表紙、および億万長者Starの最も望ましい億万長者のリストに載った。
2017年8月、コインギーク買収、2017年9月BCH、2018年大規模な採掘センター
に大規模投資、2018年11月Craig Wrightと共にBitcoin SV暗号通貨(BSV)を作成。

慈善事業もしており、BSVに対する強気発言は有名。



---------------------------------------------------- これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく ⇒⇒⇒ Read the article, “It was useful”, “It was good” If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒⇒⇒

2019年7月26日金曜日

仮想通貨のオピニオン・リーダー達の情報2

★アレクサンダーイワノフ


概要:Wavesの開発者、CEO
生年月日:不明 
出生地:ウクライナ 
教育:モスクワ州立大学。ロモノソフ。ライプチヒ大学 
居住地:モスクワ、RF
活動備考:電子決済システムソフト、金融市場予測ソフト開発をした後
2009年にビットコインと出会う。2016年よりウェイブス
プロジェクト開始




★ロジャー・バー


概要:Bitcoin.comサイトマネージャー、投資家
生年月日:1979年1月27日 
出生地:カリフォルニア州サンノゼ、アメリカ 
教育機関:College de Anza 
居住地:東京、日本
活動備考:2005年に日本に移住、主にサイトハードウェア販売で稼いだ金で
2010年からBTCを買った事で財を築く。2011年にマウントゴックス買収
、クラーケンにも出資、BCH、HF時はビックブロックを支持していたが、現在は
匿名方向へ。




★ジャオ・チャンペン
概要:Binanceのプログラマー、創設者、CEO
生年月日:約1977年 
出生地:中国江蘇省 
教育:マギル大学
活動備考:大学でコンピュータサイエンスを学び、東京証券取引所で
ソフトウェア開発2013年にBlockchain Infoで就労、2017年OKCoin
を退社しバイナンス設立、バイナンスは成功。




★ジャスティンサン


概要:TRON(TRX)トロンの共同創設者兼CEO
生年月日:1990年7月10日 
出生地:中国山東省 
教育:北京大学、香港中華大学、ペンシルバニア大学
活動備考:政治経済学の修士号を取得
テクノロジー企業Ripple Labsで働いていた2012年に
ビットコインの研究を始める。2016年独立して
トロンプロジェクト開始2018年uTorrent買収
プログラム盗作で非難されてる話もある。


---------------------------------------------------- これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく ⇒⇒⇒ Read the article, “It was useful”, “It was good” If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒⇒⇒

仮想通貨のオピニオン・リーダー達の情報1

仮想通貨のオピニオン・リーダー達の情報1


★チャーリー・リー(Charlie Lee)
概要:ライトコインの創造者
生年月日:1978年頃 
出生地:コートジボワール 
教育:マサチューセッツ工科大学(MIT) 
活動:プログラマー
関連:グーグル、コインベース
2007年にはグーグルでYouTubeとChromeのプロジェクトに関わり
2011年にライトコイン開発




★Buterin Vitalik(ブテリンビタリク)


概要:Ethereumの作成者
生年月日:1994年1月31日 
出生地:コロムナ、ロシア 
教育:ウォータールー大学 
活動:プログラマー
関連:Ethereumプラットフォームの正式リリースは2015年7月30日
Ethereumソフトウェアコードの大部分は、Ethereumの共同創設者である
Joseph Lubin氏によって書かれ、dAppsのコードはブリテンが書いた。




★ダニエルラリマー
概要:EOSおよびCTO、BitSharesの作成者、Block.one
生年月日:1982年  
出生地:コロラド州、アメリカ合衆国 
教育:バージニア大学工科大学 
活動:プログラマー
関連:初期ビットコインに関心を持ち、サトシにコンタクトしたが
決裂した。その際にサトシは「あなたが私を信じていない、または私を理解していないのであれば、私はあなたを説得しようとする時間がありません、ごめんなさい」と言った。
2017年4月からEOS、分散型、
水平スケーリング、独自構成のブロックチェーン




★マイクハーン


概要:元グーグルシニアプログラマー、ビットコインコア開発チームに所属していた、
(github.io)の最初の作者の一人、R3の主任開発エンジニア
生年月日:1982年 
出生地:アメリカ 
教育: - 
居住地:スイス、チューリッヒ 
活動:リードプラットフォームエンジニアR3(主任開発エンジニア)
Bitcoin Coreに勤務していたが、プロジェクトを去り
Bitcoinの方向に否定的な意見を持つようになった。
2016年にbtcのブロックサイズを上げない姿勢に対して批判し
駄目だと断定しbtcはすべて売却、現在はbsv寄りになっている




---------------------------------------------------- これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく ⇒⇒⇒ Read the article, “It was useful”, “It was good” If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒⇒⇒


AIの判断,見識,検色ETC能力は人間の1/80[音声認識](ΦωΦ)

AIの判断能力は人間の80ぶんの1[音声認識] 現在世界最高の能力を持ったグーグル翻訳、皆さんのテキスト入力から 集めたビッグデータをアルゴリズムに計算させてAIが予測した結果を 表示するから、ちょっと前までは何言ってるのかわからなかったものが ついに気がつくと実用...