TEST DE

ラベル サトシ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル サトシ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022年2月13日日曜日

BSV = real BITCOIN, so a small hash rate But you can create a big block and process a huge amount of TX

BSV = real BITCOIN, so a small hash rate But you can create a big block and process a huge amount of TX BTC = Evidence that fake BITCOIN cannot handle anything ETH = Small block can't handle anything All coins that emphasize scale related to ETH are fraudulent This fact is the real news, Price has nothing to do with that There is no such thing. What you should see The generated block size and the number of TX processes Because it is not the price that is being traded

2021年8月24日火曜日

ビルフォスター米国議員のブロックチェーンポリシーの改善提案動画の要約

 




ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ:「変化は生命の法則です。そして、過去や現在だけを見ている人は、間違いなく未来を見逃します」


今回ビットコインアソシエーションのジミーさんとの対談動画がアップされており興味深い内容なので動画翻訳して観るよりこのブログで要点読むほうが速いと思うので要約してみました。


https://www.youtube.com/watch?v=8XayURXd65Y



イリノイ米国下院議員ビル・フォスターさんは

金融サービス委員会のメンバーであり、人工知能に関するタスクフォースの議長を務めています。彼はまた、科学、宇宙、技術委員会の委員を務め、自称「ブロックチェーンと技術者」であるという観点から、ブロックチェーンポリシーの課題に取り組んでいます。



経歴として議会で唯一のブロックチェーンプログラマーであり、25年に渡り物理加速器と米国最大の素粒子検出器構築チームを率いていました。10万アンペアの超電導線建設、設計した唯一の議員さん。ハーバード大学院のハードサイエンティスト。




ジミー:ビル・フォスターさんはおそらく議会で最初にブロックチェーンテクノロジーに注意を払った一人です


ビル:暗号化にはいくつかの奇跡的なことがあり公開鍵暗号化に関しては神がそれを行うかどうかを選択したかどうかが明確でないことを知っているという点で奇跡の1つとだと思います。


公開鍵を公開し実際にそれが機能することを知っていて一方向性数学関数で機能しいくつかをもとに戻す性質があり、それは巨大な国家安全保障上の脅威であるため、量子安全の正確な

意味を理解するために多くの時間を費やした。

まだ理解途上ですが重要であることは間違いありません


私は利便性と効率性の側面の大ファンです

匿名性はそうでもないが仮装取引に注意する必要があり安定的でそれを心配する必要がない

ように設計すべき。


信頼できるデジタルIDで誰かがあなたになりすますことができるのを防ぐ必要がある。


現状自分自身を認証する方法うを確立する事に関する国際交渉には非常に多くの問題があります


ジミー:米国では最近この問題に対処するためにデジタルID法を改善する法律が導入されました。欧州と並行してこれに関して我々の取るべき方策はなんでしょうか


ビル:既存のKYCより強力なあなたが知っているものより強力である必要があります。匿名企業

によりレイプを我々米国は取り除き、世界の他の地域に参加したいと思っています。現状での問題は実際のシステム設計での複雑なプロパティーに過ぎません。


ジミー:中央銀行のデジタル通貨は多くの政府

がそれを調査しています。米国は何をする必要があると思いますか。デジタルドルに注いて教えて下さい


ビル:3年前から中国が連邦準備制度をせがむようになっていてあなたはそれを知っています。

半分になる問題があり、もし中央銀行のデジタル通貨を正しく設計すれば、政府は多くの人にとって不気味なすべての取引精算を監視すると思います。グーグル及びアップルで名前を付け

た時点ですべてのTXを収集開始し誰が自分のデータにアクセスしたかも知ることが出来ます。


ジミー:ブロックチェーンテクノロジーが世界にもたらす良い用途はなんですか?


ビル:土地と同じでレジストリは不変のレコードが必要な場合の完璧な例です。これはキラーアプリだと思います。


ジミー:将来ブロックチェーンテクノロジーは

強力なidシステムに依存して開始されます。これにより人々は物事がどこから来たのかを追跡できるだけでなくすべてのデータやアクションの信頼性をテストすることができます。


米国議会、欧州議会の技術産業分野で政策意見を形成するための道を実際にリードしてくれて

ありがとう。






2021年7月20日火曜日

Omniscapeで革命が起こります

 Omniscapeは情報が少なく前回のOmniscapeでNOTEに書いたものは

全貌が見えてませんでしたが、新しい情報を分析するとたいへんなブレークスルーを起こす可能性高いBSVアプリであると判明しました。





OmniscapeがBSVでどれほど素晴らしいことをしてるかを伝えたいと思います。Omniscapeが実現するほぼサイエンスフィクションの世界では、非常に高度な技術を使用しており、画像の品質は高く、レベルは最近の3Dゲームに匹敵します。美術館やカジノでのリアルタイム3Dピザは素晴らしいです


特に凄いのは現実の実店舗にあるブランド商品とリンクさせられるという部分で、これは実店舗でスマホかざしてARで配置した商品のアイテムをOmniscapeに取り込んだ時点で支払いが完了して受け取ればいいだけということが実現するということでもある。これが現実化すると世の中ゲーム的になり革命が起こるでしょう


BSVブロックチェーン使用


速度

スケーリング

安全

信頼できる


これ読んだ方は調べてください。実際BSV以外で実現できるコインはありません。BSV以外を所有してる方はパンプアンドダンプだけでBSVには結果的にすべて負けると断言できますので、そのつもりで考えましょう


NOTEでポイントを押さえた解説を

写真付きで250円で解説してます。


https://note.com/youiti2nz/n/n6ece06dd98ca


買ってくれた方には全員にBSVで50円キャッシュバックしてます。

(Handcashの$アドレスの提示ある場合)50円あればTDXP取引やクリプトファイトの対戦もできますので。


仮想通貨初心者の方はツイッターのほうでBSV=ビットコイン前提での質問を受付けてサポートしてます。 Twitter: @youiti2nz

2021年7月18日日曜日

BSVブロックチェーンゲーム🎮 「CryptoFights」の成功




BSVで2ヶ月前にリリースして β版で稼働している初の 即時受け渡しができるブロックチェーンゲーム「CryptoFights」 は見事に成功を収めました。 まだβ版の段階で20万人突破して 常に人がいる状態になっていて (FYXバトルレコード参照) トッププレイヤーは124ドル儲けていて10ドル以上は30人います。 (FYXのリーダーボード参照) 武器防具NFTアイテムの取引も即時でゲームにもすぐ反映します。 NFTアイテムは2000個あります。




 FYXサイトの自分のアカウントに ログインしてる状態でゲームを立ち上げてFYXでアイテムを買うとゲーム内ですぐ反映します。( FYXサイトの財布にBSV入金してる前提)BSV以外でのコインでもBSV に両替入金できるようですが、僕はBSVしか所有していないので、やりたい人は自分で試してください。 バトルポータルでの対人戦は入場料0.13ドルで勝利すれば賞金は0.23ドルなので勝てば0.1ドル(約10円)ずつ増えてゆくってことです。




現時点でトッププレイヤーは120ドル儲けてます。バトルポータルに入るためにはダンジョンでレベル7まで上げる必要がありキャラはいくつでも作れます。上限レベル7は拡張されるらしいです。 僕の環境で入る時待ち時間は20秒です。速くなるかどうかはわかりません。 攻撃時に出るサイコロの数はランダムで組み合わせにより0になることや30以上になることがあり運に依存しています。




スキル選びは新キャラを作って試す感じです。 遊ぶのは簡単ですが勝つためには スキルや武器防具を慎重にカスタマイズする必要があります。 FYXで売ってるアイテムは1ドル前後中心で10ドルまで、高いので60ドルもあります。買えば勝てるでしょうが、僕は10ドル以内でやってます。




ドロップアイテムを売りに出すこともできます。 勝てば2アイテムドロップして選択 できます。負けてもストレンスアップすることもあります。 

 ************************** 

 FYXはプラットフォーム化するので大手が参入してくる可能性あります。重要なのはゲームで流通するお金(BSV)とNFTアイテムが即時受け渡し反映するエンジンが既にできていて稼働してるのはBSVだけって部分です。BSV以外では基本性能で壊れていて完成しない可能性があります。ETHは手数料が低くならない限り無理で、BTCは大規模化ができずデータは扱えません。 現在ETHで作っているゲームはもし ETHで完成しなかった場合にBSVに移行してくる可能性もあります。 (ETHでできることでBSVに移植できない事はひとつもないが、逆は基本性能として不可能) クリプトファイトは手数料の高いETHでは完成できないと見て2年半前に開発環境をETHからBSVに移しました。 長期的に見ればCEOの話でEAなどの名前も上がってましたし、クリプトファイトの成功を見て参入が増える可能性のほうが高いと思います。更に先でスクウェア・エニックスや任天堂参入となった場合に BSVの勝ちは確定すると考えてます。 というか大規模で現実化できる条件を持ってるのはBSVだけという裏付けがあります。




 ひらぞうさんや僕の言ってることは誰でも調べればわかる事実であって宗教でもなんでもないです。 「BTCが4件/秒でサイドチェーンに穴」は正しい情報で事実だってことです。BSV批判する人はちゃんとその事実を調べて認識してからにしましょう。 あと一年ではっきりしてきますね。 BTCのタップルートは注目してます。 タップルートがうまく行ってもBTCはデータが扱えなず大規模化できない事実は変わりませんけどね。

 仮想通貨自体がもう駄目という状態になった後でBSVが注目される可能性は高いので。BSVは持っていて損しないと言えるコインです。実際使用できるアプリが増えていって減る事はないわけです。クリプトファイトは成功しましたし、即時受け渡しアプリが多数あって稼働してるのはBSVだけです。 

 ブロックチェーンの全体サイズは10年以上かかったBTCの400GBを2年半で追い越して現在毎日、ビッグサイズブロックを生成してるのがBSVです。1か2年後にはBTCの倍化、 5年で10倍超えるでしょう。




 環境負荷としてカーボンフットプリントで最も効率の良いPOWであるのもBSVです。スケーリングの恩恵で 


 この調子で行って結果即時受け渡しで実際使用されて、儲けてる人がいるのはBSVだけというのが世界中で周知されていった場合どうなるかというのを考えてみましょう 極端な話、現在低迷しているBTC価格が10万円にまで下がった状態を想像してみてください。全て壊滅して即時受け渡しでまともに機能、使用してるコインはBSVだけというのが知れ渡り、その場合に少しでもBSV価格が目立つと買いが入って BTCと逆転しないとは言えませんし、 現に本物ビットコインとして機能してるのはBSVだけという事実もあるので。だから今後数年先までに BSVは使用が増えるアプリがリリースされてゆくだけで良いと考えてます。

 これから先注目すべき重要イベントはBTCのタップルートとETH2.0が期限どうりにアップデートを完了するかどうかで一年先にはハッキリしてくると思います。 日本はこの分野で遅れてるのでちゃんとBSVを認識して対処しないと取り残される可能性があります。

 日本ではドコモなども出資してるGEOSPOCKのCEOの話はこれから先 の未来を感じる事ができます。 データが巨大化した場合にクラウドだけでは足らず効率と安全性からGEOSPOCKはBSVブロックチェーンを選んでnChainと提携しています。 AIを含めた位置データなどを大規模に扱い先端を走ってるGEOSPOCKが選択として間違えるはずはないと思うので 

 ************************

 5Gに関しても世界中でまだ大規模使用に至らないのはなぜだかわかりますか?アプリがないからです。安全や環境負荷考えて消去法で考慮すればBSVブロックチェーン上でアプリ整ってからという結果になると予想してます。 

 現状はパブリックブロックチェーン>クラウド>サーバーで、企業が使うクラウドやサーバーはサイロ化されていてデータは限定されていて繋げることはできず限定されてるのでビッグデータとは言えません。現在のサーバーは穴があるので将来はBSVブロックチェーンテラノードでサーバー自体の性質が変化するようです。

 そもそも未来予測において現在言われているAIやディープラーニング他を開発したところでサイロ化されてたらビッグデータとして繋げて利用できません。そのソフトウェアーを入れて安全に分析利用する為の器をスケーリングによって大規模パブリックブロックチェーンとしてやっているのが、BSV、nChainやGEOSPOCKなわけです。 器が不安定で安全でなければ、イノベーションとして意味ありませんので。

その視点でBSVを理解して欲しい。 その意味でいうとETH他で開発しているPOSは主催によってサイロ化されデータ相互分析することはできず拡張性として閉じてると見てます。閉じてなくて安全で速く安く拡張性持ってるのはPOWでのBSVパブリックブロックチェーンで他に可能性持ってると感じるコインはありません。だからBSVは競合してません。

 僕の予測は ロジックとして仮想通貨が自体が終わる事はないので、残っていく場合には現在の保有投資だけの形ではなくカーボンフットプリントを考慮した上に現金レスでのデジタル化の方向性で、まずネットで グローバルに即時で安全で安く大規模に使用されていき、BSVテラノード以降でloT機器同士での受け渡しに移行してゆくという流れになると考えてます。 現状でBSVで期待できるのはクリプトファイトでの成功がどこまでいくかということ、近日開始予定のファブリクエクスチェンジがアメリカで成功するかとVRARアプリのOmniscapeが成功できるかという興味が大きい。後述の2つはいくら遅れても来年内には始まって話題化すると考えてます。

なお、ドバイにBSVハブができるのでアラブ石油関連で使用されるCBDCがBSVトークンに関連、またはそれ自体になる可能性もありますしBSVの可能性は多岐に渡ってあり、すべてのイノベーションの土台となる可能性まで含んでいます。それはVISAを超える可能性を持ってるBSV以外に考えられません。

2020年11月3日火曜日

11月の BitcoinSV情報 まとめ

 11月の BitcoinSV情報 まとめ


[スマートネイション] アフターコロナ、5G以降の正しい未来 の

方向性 [BITCOINSV]

 

BSVは値段より実際使用でどういう変化が起こるかを

買った状態で楽しめるというポイントのほうが主体なので

 



2020年11月の BitcoinSV情報のまとめ
自分で毎日、不定期で行っているBSV情報収集では
ポイントであると感じた部分から抜粋してツイッター
に収まる長さでシェアーしています。そのコピペに
自分の見解、コメントを追加したものです。

まずBSVの長期チャートを見てみましょう

 



↑これはコインゲッコーでの長期チャートでBSV始まってから
現在までのチャートで 出始めの価格は75から85ドルで始まり、
ジハンの売りが入って瞬間最安値は38ドルで最高値は420ドルで
全体表示で見れば見れば何の問題もなく長期に右肩上がりであることがわかります。

 

2018年11月を基準点として10位以内の他の銘柄と比較すると
現在BTC、BNB、ETHは右肩上がりでETHと似たチャートになってます。XRP、BCHは2018年11月より現在のほうが低い価格、LTCは変わらず。

なので悪いチャートではないのがわかると思います。ちゃんと右肩上がりになってますから。

僕の予想ではPolkadot (DOT)、Chainlink (LINK)はいずれ脱落すると見てます。Cosmos (ATOM)は出だしの順位は7位で入ってきましたけど現在23位まで下げてるからです。長期的にみると実力がない銘柄はメッキ剥がれるとすぐ順位が下がってしまうので。その点でアプリ展開がしっかりあるBSVは安心しておけるというのがあります。たとえ下げたとしても、実力があることは事実なので、一撃で上げてしまうアプリや事象が起こる可能性を秘めてる銘柄であるという事実は動かないので安心できるってことです。BSVはプロトコルが固定されてますからBCHのように半年ごとのハードフォークを懸念することもありません。

 

それにBSVは値段より実際使用でどういう変化が起こるかを

買った状態で楽しめるというポイントのほうが主体なので

BCHは2週間後の11月15日に分裂します。BCHのメインプログラマーは長らくABCのアマウリがチーフでしたから現在のBCHは11月15日のハードフォーク以降もハードフォークの恐れがあります。ようするに、明らかに悪かったのは現在のBCH陣でしょ?

元々ハードフォークなしでジハンとバーがBSV、nChainの方針に

頭下げて従って一枚岩なら問題なくハッシュレートも高い状態維持できてるでしょ。ハードフォーク以前のBCHは実質ビットコインでしたから。

**********************************
以下 収集した情報からの抜粋になります。

11月にBCHハードフォーク

Amauryがビットコインキャッシュの「チーフ開発者」ではなくなったことを明確にすることが重要です。BCHには「チーフ開発者」は存在しません。(ABCコインをマイニングする人はいないと思います)。

https://www.reddit.com/r/btc/comments/jjq2mb/bitcoin_cash_hard_fork_to_gain_support_from_okex/

ABCがBCHティッカーを維持した場合、BCHにとって最悪のシナリオです。特定のグループの人々がブロックごとにお金を稼ぐとき、自分が分散型であるとは言い難いです。BCHNがBCHティッカーを維持できれば、ABCは限界に達し、インフラストラクチャと採用をゼロから構築する必要はありません

分割の結果として作成される新しいABCコインは、
マイニングのサポートと、複数の暗号通貨交換での現在の位置を失う可能性があります。膨大な量のBCHコミュニティは、ABC開発チームの提案をサポートしていません。

1つはBCHの名前を継承し、もう1つは新しい名前を採用します。このフォークは、ハッシュレートが不足しているために続行できない場合があります。または、2つのチェーンが発生する可能性があり、どちらがBCHの名前を使用するかは不明でリプレイ保護がないため、かなりの混乱と資産損失が発生する可能性

BCHとBSVは実際にはビットコインの使用を目指していますが、新しく導入されたBCHのSchnorr署名は、ビットコインのトレーサビリティ特性も破壊します。CTORソートの導入により、TBレベルの大きなブロックも完全に不可能になるため、BCHの目標それはただ世界の現金になります。

流通市場では、多くの投資家がBCHへの信頼を失い、
BCHの継続的なコミュニティの対立と利益の対立が、
コミュニティの継続的な弱体化と価値の継続的な低下につながったと信じています。

「BCHはすでにフォークコインの根深い遺伝子を持っており、将来的には無限にフォークする可能性があります。」


BCHはABCに対してNODE開発チームを再フォークします
https://blog.csdn.net/fengchao666/article/details/109446210

***********************************


先日開催されたBSVのコインギークカンファレンスは90人以上の
講演者、20以上のスポンサー、80以上のメディアがウェブで会した大々的な催しでした。
https://coingeekconference.com/

その中で僕がとりわけ重要に感じた発表は分散型ビッグデータ分析会社GeoSpockとの提携で、これは現在のクラウドでの処理では処理が追いつかず連携もできないため、ブロックチェーンへ移行してゆき、将来的には環境負荷低減の為のスマートシティーからスマートネイション化へ繋がる未来を予見させてくれるものだったからです。現在のビッグデータは個々の企業や団体によってハックされないための処置としてサイロ化されているためお互いのデータを横に繋げてリアルタイムで分析利用というのはまだ実現していない段階にあります。そこでBSVの秒間5000を超えるブロックチェーンと連携して実現させようという事への取っ掛かりが始まっているってことです。

いいですか?サイロ化されてる理由は現在のインターネットがまだ完全ではない証拠でありデータ量が莫大になる5G前夜で、クラウドでは対応できないという問題が起こってきていてそれに対応するためにブロックチェーンが出現しているという前提は理解してほしい。で対応する条件を持っていて可能性が一番高いのがビットコインSVです。


量子コンピューターはハックできないとは言っても結局グーグルのクラウドのように多大な電力消費で。お互いのデータを効率よく繋げることを考えるとパブリックブロックチェーン一択という道筋しかないように思うので。パブリックブロックチェーンはハックされないため と 消費電力の効率の良さ という理由で存在していて主に繋げるという部分が主です。量子コンピューターの用途は
特殊でパブリックブロックチェーンの模倣はできても計算時間を鑑みるとエミュレートはできないと考えてます。

本当のスマートネイション化するとどうなるかは、BSVのスマホウォレットHandCashを実際に継続使用してみると理解しやすいと感じてます。HandCashではリストに入ったアカウントを選択してフリックして送金完了に2秒もかかりません。リストに入ってフリックで支払い完了することから、これから起こるマシンツーマシン前提にして想像を広げると、

モールでの買い物でハンドキャッシュと売られてる商品自体を[LOT]化すれば10cm以内に入った商品がリストアップされて商品ごとにスワイプして支払い完了にすればレジに人が並ぶ光景はなくなる

とか

コンビニだってあらかじめ買う予定量に合わせた袋持っていってね。1つずつ商品の近くにスマホ近づけるだけでリストインして商品取る前にスワイプ➡袋入れるの繰り返しで買い物完了して店出りゃいいだけでしょ?人並んでる必要てなんかありまんの?

とか

地下鉄で切符買う時販売機と自動で通信接続されてまあ230円のボタン押すと即座にハンドキャッシュ送るの一番上にオートリストインしてスワイプして230円支払いだとスムーズだよね。そういう未来を予想するのがおもろいので。

これを飛躍して考えると 位置情報とマシンツーマシンのloT化でスマート化すれば究極は駅のゲートに入って、出た時点で何もしなくても支払い完了していて後で領収確認だけすればいい っていうのも充分有り得る未来だと想像できてしまう。大量使用の前提を考えると消費電力はできる限り低いほうが望ましく秒間処理回数も最大であればあるほど良いため、それを鹹味して考えると
パブリックブロックチェーン一択の結論に至りますね。送金速度に関しても上記のユースケースでBTCだと領収確認に1週間や1年かかりますから実際使用はできません。現在そういう未来を実現させる仕様、条件を持っているのはBSVしかありません。

 

あとはBSVがこなれていって実際の企業採用が行われるを

待つだけです。実際に採用が行われていて、使用直前の段取り

フェーズなので使用開始でのトランザクション増加は確定しています。そうなればおのずと認められて自然にハッシュレートも上がっていくと予想せざるを得ないので。事実ですから

https://www.youtube.com/watch?v=tN0aNpDNNgc&feature=emb_logo

**************************************


メタネットと次にくるインターネット、マイクロペイメントに関してよく書かれた必読記事。ペイメントは100万分の1セントにもなることがある。従量制モデルの例:洗濯機のベンダーは、洗濯機を無料で提供しプログラムの開始ボタンを押すたびに€0.50セントを請求
https://nielsvandenbergh.com/metanet/

🚙がloT化すると、混んでない道の最適ルート情報にペイメントはありうるし、滞在時間で入店してから1時間はマイクロペイメントで入金があるイベントや1時間超えたら課金されるというようなユースケースもありえる。そういう3密を防いだり環境にも優しい(エコ)っていうのはこれからのアフターコロナの世の中への正しい流れではないでしょうか?

******************************************

 

ここアメーバブログはタダだから自分で宣伝バナー貼ってクリックあるとマイクロペイメントで支払い受けるとかはできず、強制的に

宣伝出るでしょ?興味有る方、参考になったって方はNOTEの方にここより長い情報111円で掲載してるので、良ければ買ってください。もしくはハンドキャッシュ、マネーボタンで7円とかでもいいです。現段階ではうちの(ΦωΦ)chの食事代程度欲しいなって程度の野望しかありませんし、僕は儲かったところで、年20万しか

出金しないので、ふるさとなんちゃらとかの税金も関係ないすね。

住民税でしょ?税金に関してもゆくゆくは大胆に変革されてゆくと予想してます。だいたいイン・アウト監視されてて取引履歴すべて

詳細に提出なんてやってられへんわね。

 

BSVは値段より実際使用でどういう変化が起こるかを

買った状態で楽しめるというポイントのほうが主体なので

 

言いたいのは、方向性として見たくもない0.1%しかクリックされない宣伝やリンクでいかがわしいページに飛ばされるというようなものはこの先存続できませんし、情報はタダではなく主催だけが儲かる集中化はブロックチェーンの分散化の未来では淘汰されるでしょうってことかな。昔はTVだけだったのがインターネットで分散化されてきてる事実は理解できるでしょ?だから次を想定すれば

自然にそうなるだろうし、長期的に失敗はありえないって結論に

なりますね。

 

ネットの根幹プロトコルって変わらないでしょ。
お金の流通も現在まで 主催対個人 でマイクロでは
ないでしょ。 個人対個人 の マイクロペイ主流化
すると秒間処理が追いつかない、ハックの恐れある
っていう物理的理由であってそれは道徳的な理由ではありません。インターネット開始時点でのテクノロジーとしてできなかった為です。ここを誤解してる人はもう一度考え直すことをオススメします。

 

******************************

 

IMAGINE

If people who are only Price and investment are purged
BSV starts to function normally
zis Planet is convenient and Gettin better 
Somethin better change

価格と投資のみを目的とする人々が一掃された場合
BSVは正常に機能し始めます
  この惑星は便利で、より良くなります
少し良い変化

 

↑これは僕の言葉で素直に感じてる事実で

言い換えれば 改善 ってことっすなっ

2019年12月11日水曜日

BSVウォレット情報追記 HandCash↔MoneyButton送金方法 スマホで即時




2019年12月11日

9:25
スマホでのHandCashMoneyButton送金方法


★MoneyButtonからHandCashへの送金

HandCashの緑カード部分にある + をクリック



お金を追加する の 受け取る をクリック



ペイメールアドレスをコピー




スマホEdgeのマネーボタンへアクセス




コピーしたペイメールアドレスを貼り付け


 すると下のボタンが灰色から青に変わるので


金額を記入してフリックすれば即届きます。
1秒以内でHandCashに反映します。


-----------------------------------------

HandCashからMoneyButtonへの送金

支払う 送るがあります。支払うを使うのはecopayzなどで金額を先に2000円と決めた支払いにバーコードが出た場合に、支払いで出るバーコード読み込みでスキャンすれば自動で送金されます。


値段がまだ決まってない場合の送金は右の送るを使います。
その前に ここへ送る の人物マーク+ 
で登録しておきます。



MoneyButton(スマホEdge)のペイメールアドレスの下のコピーを押した状態で
登録したら次回から簡単に送金できます。まず自分のマネーボタンを
登録してその後でいろんな登録すれば良いと思います。

試しにShuさんのマネーボタンを登録するとできたので.
Shuさんは 1299@moneybutton.com で登録できます。
登録したら 次 で金額入れてスワイプで送るだけです。

試しにShuさんのマネーボタンへ25円送ってみました。



即時で簡単なのでぜひ使用することをおすすめします。
BSV買ってる人はだいたい使ってるとは思いますけど
HandCashMoneyButtonは必須のウォレットアプリですので。

------------------BSVウォレット情報--------------------

POLONIEXからNICEHASHへの送金は検証6で30分です。

POLONIEXからFloatSVへの送金は検証10で最長時間です。

ELECTRUMSVは最新バージョンでFeeの変更あったようで

ややこしいので使ってません。前のバージョンの

ポータブルのほうが良かったです。


※NICEHASHでBSVを買って、Moneybuttonへ送金する場合は
5分程度掛かります。取引所側からのBSV送金は時間がかかる場合と
即時があって、その他はすべて即時着金という認識でいいと思います。POLONIEXは対取引所でなければすべて即時のようです。取引所から取引所、マネーボタン、ハンドキャッシュの場合でも英数字のみの平アドレスを使います。マネーボタン、ハンドキャッシュ、シンプリーキャッシュの相互送金はペイメールでもどちらでも良いです。
ややこしいだけなので頭にBCH:付きは使用してません。

POLONIEXからMoneybuttonへの送金は即時です。
POLONIEXからHandCashへの送金は即時です。(MagicCopyの使用)
POLONIEXからSimplyCashへの送金は即時です。(MagicCopyの使用)
SimplyCashへ送金する場合はHandCashかMoneybuttonへ送ってから送金すれば即時。

※Magiccopy使用する場合は最後にコピーしたアドレスとPCで同期したアドレスが一致してるかよく確かめてから使用しましょう。間違えてなければ
瞬時に送金されますので。


FloatSVからSimplyCashへ送金はPOLONIEXより時間かかるようなので、結論としてはPOLONIEXのほうが良いです。まあでもFloatSVも保管、送金、取引は間違いないので。
 Enjoy High BSV Returns. Join Float SV Now

https://www.floatsv.com/account/register?channelFlag=yqfy153jp2781794&flag=broker_channel





一度Moneybutton、HandCash、SimplyCashへ移動すれば

後は基本的にすべて即時となります。



基本的に取引所では普通の英文字数字だけのアドレスを使います。1Lf1BPzNLN649WnZVgS5QwG4rhYD4QPZRd のような

僕は頭にBCH:などとつける必要のある取引所は使ってません。

普通の英文字数字だけのアドレスはどこからどこでも間違いなく届くのでペイメールアドレスに対応してる同士なら即着金で@入りでペイメールアドレスに対応してる所から普通アドレスも即時で着金します。



取引所間に所要時間かかるのは取引所の設定であってBSVには何の問題もありません。BSVのペイメールに対応すれば即時で

送金着金することができる仕様をBSVは持ってます。

保管が上記取引所分散とシンプリーキャッシュのコールド保存で、日本円に戻す場合は取引所保存の場合はBSV/BTCを売ってそのBTCを日本取引所に送金後BTC/JPYで売りです。


注意:さっき外国の人のシンプリーキャッシュ?の画像見るとBCH:が頭に付いた
アドレスでしたが、自分の場合 平アドレスで送金に問題はないので。
取引所絡みの送金は英文字数字だけの平アドレスで送金したほうが

間違いないです。

バージョンの違いかよくわかりませんが僕の場合
確実を選ぶので頭にBCH:付いてるものは使いません。



-----------------------------------------------------


と、ツイッターなどで登録してるかたは
HandCashMoneyButtonどちらでもいいので
わかりやすくペイメール表示しといてくれれば情報が役に立った場合は送金しますので

僕は 9708@moneybutton.com です。
HandCashは youiti2nz@handcash.io

PLEASE 10YEN -----→-→-→-→



2019年12月7日土曜日

(ΦωΦ)BSV情報 12/09 更新

BSVは、1日のトランザクション数で公式に1位のコインです。
もはやクレイグ=サトシを否定する事は
ビル・ゲイツがマイクロソフトの創設者でないと
言ってるようなものです。トランザクションとアプリ数
ブロックサイズは充分証拠になります。

この表のようになれば素晴らしいですね。
マクドナルド、フェデックス、アップルにインテル、
チェース・マンハッタン、JPモルガンまで巨大産業まで
含んでますから。


中国ではOKExを中心にBSV支持が増えてます。


BCHを基軸にしているCoinEXで現在12/9で2位
BSVのボリュームは基軸のBCHより大きいという
現象があります。


--------------------------------------------

海外で拾った4つのBSV情報を貼り付けときます。
4つは別人が書いたものですが4つ共にクレイグがサトシである
としている点で一致しています。機械翻訳で少しわかりずらいですが
参考にしてください。








上の情報にあるように反クレイグの情報拡散が始まったのは、
クレイグがスモールブロックに反対した時点で開始されました。
ブロックストリームはホワイトペーパー自体とは関係がなく
2層でのライトニングに関しての特許があり、それに変更するために
スモールブロックでスケーリングできない仕様変更をした。
また当時から最近までスケーリングを否定する勢力が多かったのは
どうやら、クレイグ(サトシ)が監修しない限りスケールの方法が
わからないらしい。クレイグはブロックストリームを離れてからも
個人的にスケーリング実験を繰り返してギガブロックを超えられる事
の確認をしていた。で方法を知っているのはNchainの少数と
クレイグ・ライトしかいないので、他のアルト勢は真似したくても
できない。


トランザクション(取引数)はETHも追い越し晴れて一位!



BSVのトランザクションは予想どうり順調でこの調子なら
ETHも追い越して遥かに上で安定してゆくと思います。
値段は来年5月までのどこかで大きいニュースが出て
それにインパクトがあれば現在値の倍は超えると予想してます。
カルビンは今後12~24ヶ月で他の全アルトを駆逐するだろうと言ってます。
-------------------------------------

個人的に近日中に中国でリリースされるSHOWPAYは取り扱いBSVベースで
BSV、BTC、BCH、LIBRAR、ETH、USDTのみの扱いというのは良いと思う。

SHOWJOBではタスクも受けられる。




https://mp.weixin.qq.com/s/ttaaJKTO1Tg_nM9bu7ricw



----------------------------------→
-------------------------------------------------→


2019年12月2日月曜日

BSVの送金方法 ecopayz HandCash ネットカジノ

BSVの送金方法 ecopayz HandCash カジノ



BODOGカジノでポーカーをやるためにBSVを送金しました。
BODOGはCoinifyと提携していて取引所から直接BSVを送れます。


直接送る場合はBODOG側でBSVのデポジットアドレスを表示してコピー
取引所のウィズドロウに貼り付け送金するだけなので簡単です。
この場合だとマネーボタンから送ると即時です。
BSVは基本SPV即時送金着金ですが、取引所間の場合に取引所側で制限つけてれば
遅いって感じです。(検証回数の設定で)


今回はHandCashからecopayzへ送ってからBODOGという
少しややこしい方法で送りました。誰かの参考になるように
また自分で失敗なくするためにスクショを撮りながらやったので
記事に載せときます。


まずPOLONIEXからHandCashに送るためにはスマホとPCに
マジックコピー(Magic copy)というソフトを事前にインストール
して同期しておかなければならず、そうしないとコピーの貼り付けができません。
スマホでやればできますがスマホは狭いので。

マジックコピーでPC側にHandCashのデポジットアドレスを送れたら
取引所のウィズドロウに貼り付け送金します。これは即時で届きます。

ecopayzは何かといろんな場所へ使えるようでBSVにも対応してるので
使ってます。

ecopayzの入金→その他の方法→オルタネイティブを選び
入金金額を入れて進むとBTCの表示になるのでここで間違える
可能性が高いです。


BSVを選ぶと、返金アドレスを入れる欄があるので
そこにHandCashのデポジットアドレスを貼り付けます。

ややこしいようですが一応HandCashにお金を入れておけばバーコードで
即時送金できるのでHandCashは使えますね。

HandCashの 支払う →でスキャン画面になるので
ecopayzのバーコードを読めば自動で送金されます。
これも即時です。



次はBODOGのアカウントでに遊金→ecopayzを選んで進むと
ecopayzにログイン促されるので2重認証コード入れて送金
すれば着金して即反映されます。 


これでBODOGカジノで遊べるようになりました。
BODOGカジノはカルビンの経営するカジノなのでBSVに関して
間違いないです。あらゆるゲームがあります。

スポーツのオッズベットからカジノの全ゲーム、ライブ、ポーカー
すべて揃ってます。




まあでもカジノで勝てることはほぼないので遊べるポーカーしか
僕はやりませんけど、スロットなど体験プレイは時間無制限
でできるので遊べるサイトだと思います。ポーカーのトーナメントは
対人間なので僕はポーカー好きで長らくしてるので5000円入れといたら
長らく遊べる自信あるので。マイクロは1ドルで勝てば3ドル、3ドルで勝てば
8ドルと増えるので買ったり負けたりで面白いです。
ポーカーとスポーツのオッズ一番人気賭けるなら長持ちして
遊べると思います。

僕はポーカースターズでやりたかったんですがecopayzでエラー出て
送金できなかったので(シルバー会員申請中で)BODOG見てみると
ほぼポカスタと変わらない感じでプレイできるとわかったので。
ポーカー(テキサスホールデム)は本当に面白いです。全くやったことがない
って人は人生損してると思うのでプレイマネーもありますのでぜひ
体験してみてください。



https://www.bodog88.com/welcome/PJ6HFML/join?extcmpid=rafcopy

¥25 ○---------→→→


BSVのメタネットに関する文章


BSVのメタネットに関する文章を拾ったので
貼っときます。

メタネットについて明らかになったのは今年1月以降でありBSVが開始された去年11月にその情報はありませんでした。ビッグブロックによってメタネットが出現することはクレイグ・ライトの構想において最初からあり、その方向性を含んでいることでブロックチェーンの評価が高いのだと思います。現在のBTCはスモールブロックによってビットコインをハイジャックし、メタネットへ繋がるビッグブロックを排除しているため投機、保有以外の用途は今後もありません。BSVは来年創世記で元のプロトコルに戻しブロック制限を解除して第4次産業革命へ繋がる方向へ順調に進んでいます。

------------------------------


すべてのオンラインアクションマネーと密接に結びついているほど、より多くのお金がかかります。
振り返ってみると、メタネットが標準になってから数年後、人々は新しい提案されたお金を見て、誰もがオンラインで行うすべてのこと、送信されるすべてのパケットに織り込まれている元帳システムと競合することをどのように望むことができるかを尋ねます。
商品台帳はお金のスーパーセットであり、お金の概念の一般化であり、当然モノリシックです。
自宅の防犯カメラをリモートで確認するときに認証する台帳、ニュースフィードフィルター、Slackメッセージ、メール、土地所有権登録、家電製品を認証する台帳...
「データストレージは必要ない、ピアツーピアの現金が欲しい」
あらゆるものを支える経済的配管と安全保障...他の何かが世界のピアツーピアの現金になると思いますか?これらのメタネットトランザクションを現金の使用とは見ないという旧世界のカテゴリバイアスがありますが、それはまさにそれです。私たちは、私たちが育ったインターネットの社会主義的な足場のために、インターネットの行動を無料と見なすことを条件としています。
Metanetのハイパーキャピタリストの世界では、オンラインのアクションは無料ではありません。オンラインのアクションは実際には無料ではなかったからです。コストは隠されていたので、交渉は面倒で、プロキシを介して集約されました。途方もなくブロッキーな市場。
Metanetはすべてをきめ細かくします。トランザクションの範囲-これも常に "win-win相互作用"を意味します-爆発します。あまりにもなじみのないトランザクションのカテゴリーに爆発し、最初はお金のユースケースとして認識されません。
数がはるかに多いため、個々の価値は必然的に小さくなりますが、現金はすべて同じように使用されます。
メタネットとは、インターネットに関するすべての社会主義者が資本主義になることを意味します。
人々は小さすぎると思います。ビットコインは、世界経済の配管となるように設計されただけでなく、実際に情報革命全体を経済的発明の範囲内に収めるように設計されました。政府を含むすべてを市場規律の光に照らすこと。
自由市場の相互作用と効率の範囲を拡大し、すべての最後のリンク、すべての最後のデータ、すべての最後のパケット、すべての最後の車両と機器のすべての最後の部分-不変、追跡可能、検証可能になったすべての重要な世界、検索可能-検索とキュレーション自体が、経済をインターネットの構造に織り込むことで初めて合理化されました。
これは4回目の産業革命であり、これまでのどの革命よりも大きな変化です。分業が世界の生活水準のためにしたことを取り、それを二乗する。ビットコインはコード形式の資本主義であり、メタネットは、それが表すすべての効率と機会を備えた世界の最後の有用な部分への資本主義の究極の浸透です。

2019年11月15日金曜日

Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由 3.1.+

Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由 

「あなたはサトシですか?」
「はい」
「あなたはビットコインホワイトペーパーを書きましたか?」
「はい」


↑ この動画はBSV始まってから1年現在までがよく纏められています
BSV Year 1 Look-back
https://www.youtube.com/watch?v=GXfJNVGCZQs&feature=emb_logo

https://www.prnewswire.com/news-releases/bitcoin-independence-day-15th-november-2019-bitcoin-sv-the-fastest-growing-blockchain-ever-300958402.html

ドル価格チャート(BCH比較)はこうなってます

日本円での価格チャート(BSVのみ)はこうなってます

僕は開始時からウォッチしてるのでわかるのですが上の方のチャートより下の方のチャートのほうが正確です。出だしの底価格は3800円台を憶えてます。確かジハンの全売りで円高だったのかな。だからチャートを見ればわかるように、BSVの底値は3800円⇒5500円⇒8500円と確実に上向いてる事がわかります。単純計算で平均149%ずつ増加してますから次の底値は12660円付近で上がれば更に上も十分ありえます。底が上がってるのは事実なので。



BSVを買ったのは一年前の11月でした。そこから毎日BSVこそがオリジナルビットコインである事を念頭に置いて調べ続けてます。去年11月の直感どうりにBSVは推移してます。あとは来年2月以降にどうなるかですね。BSVは現在でも即時マイクロペイメントでストレスなく入出金できます。
NOTEの有料配信はMedioPayで同じ事が即収益でできる
https://ameblo.jp/youiti2nzk123/entry-12545143498.html

調べてないBTC支持者は先入観で「フォークのフォークが本当のBTCだと思う?」という認識多い。現時点アプリで実際にできてる事が証拠となり、クレイグ、nchain、2月創世記で確定です。現時点でも99.99%以上。もしBTCがセグイット化しないでそのままであったならば、現在のBTC価値はハッシュレートから見積もると1000万超えてるはずです。そうならないのは手数料高騰と秒間処理回数制限あるからです。だから値段に関してBTCに期待を抱かないほうが良いです。

ようするに現在のBTCは出だしホワイトペーパーのP2Pマイクロペイメント使用目的からゴールドとしての保有資産へとコンセプトもコードもプロトコル改変されていて、それが原因でハッシュレート相関関係も崩れています。しかもそれを実施したのはホワイトペーパー、クレイグとは関係のない団体が設立したブロックストリームであって、クレイグ他内部の有能な人間も反対したわけです。なぜ現在のBTCの方を持つ人がまだ多いのか僕には理解できません。で。

来年2月にBSVは出だしに戻しますよってことです。マネーボタンでの使用を体験すればそれが順調に進んでることは実感できます。取引所間の送金もマネーボタンでできて当たり前になるイメージを想定してみてください。
いいですか?アビトラはなくなったほうが良いんですよ?

wordpressのペイウォールは明らかに便利になってます。
そうなれば便利になるのにそうならないBTC他を支持して
そうならない事をイメージすることは改善ではありません。
またハッシュレート相関はBTCにおいて崩れてますので
値段のことを考えてそうする事は意味ありませんので。
この部分を真剣にもう一度考え直したほうが良いです。
沈む船に乗っていても、沈むだけですよ。
-----------------------------------------
ここからはBSV拡散用に自分で書いてるBSV情報のコピペです
BitcoinSV(BSV)はメディアから不当な扱いを受けていて事実は世界で時価総額ランキング 9位で健全な運営されてるコインです。仮想通貨カテゴリーはどうでもいいポンコツポンジコインばかり目立ってるから自分は正当なビットコイン0.1プロトコルを継承してるのはBSVである事実を最優先しますのでほんとに時価総額低いコインや上位にきてるウォレットなどは詐欺に近いものですので気をつけてください。ブロクには初心~中級者が読んでわかる気をつけるべき事柄もありますので長文ですけど、よろしければで読んでください。去年11月にBSVを買って調べ続けて見えてきた自分アングルでのストーリーです。あくまでも予想ですので小さい間違いあるかもしれませんが大筋は間違ってないと思います。

↑図で見て調べた限りではサトシ=ニックサボは考えにくいです。法律、経済ルール、セキュリティーに精通してる要素のほうが大事でプログラマーってだけでは総合的に先を見てWPまとめることができないからです。
クレイグ、クレイマンだとその条件を満たせます。だから速すぎても無理ってことになるので、登場時期、タイムライン的にクレイグしか消去法で出ません。ビットコイン出だしの70ブロックをクレイグがスタート採掘って情報も出てる。裁判にしろ刑務所どうとかって記事ありますけど、重要な事はクレイマンと共にウォレットの鍵にキーシェアリング(複数でないと開けない)施してたというのはセキュリテーのプロ中のプロ2人でやってるわけだからそうすることは当然でクレイマンのはアメリカの郵便局他が採用してマイクロソフトがMVP与えてる人間ですから。デイブ薬物どうたらは彼らのスキルとは関係ございません。初期アップル技師はLSDでマウスの発想得てます。あなた今マウス使ってるでしょ?

元々インテル科学者がラボでマイクロペイメントやセキュリティーを完全にするために暗号で保証しながらコピー生成する研究していてその際に生成されるものをボックスと表現していた。これを現在のブロックチェーンの事でクレイグもそうなることを知っていた。その後にサトシのホワイトペーパーが発表されました。自分この頃仕事忙しくて調べる体力なかったので 違うかもしれませんが単純化した比喩だと、物を隠す場合人里離れた山の中だと安全な気がしますが、場所バレたら一発ですから24時間、365日車が走っている道路に埋めたほうが安全なのではないか?ってポイントですね。そうすれば、道路を作る主催側が警備会社を使って車を止めない限り掘り出せない(改変不能)です。常にリアルタイム複数で暗号計算保証している状態はそれに似てるのでなんとなくですが、僕のブロックチェーンのイメージはそういう感じで理解してます。なんとなくイメージのほうが理解しやすいので

「ブラックネット」 - 2001年Craig S Wright「ビットコイン」 - 2009 年中 本 智 #Bitcoinの内容はほぼ一致します。古めのアルトコインのPCウォレットを使用した事がある人は知ってると思います。PCウオレットにブラックネットのロゴが必ず表記されてました。この ブラックネット という言葉自体が次に来るべきブロックチェーン利用したメタネットを指してたと考えるのが自然ですし良くなる変化を無理だといって妨害するのはナンセンスでアマゾンで便利になった現在を過去に妨害しようとするのと同義です


私の名前はクレイグ・ライト博士で、中本智の仮名のもとに私は1997年に始めたプロジェクトを完成しました。それはオーストラリア政府に提出されたもので。
https://comments.cftc.gov/PublicComments/ViewComment.aspx?id=61969
海外のサイトでクレイグ・ライトが中本智である確率は通常使わない言葉入っていてそれ一致していた為99.9%以上であるいう書き込み見ました。またインテルの科学者とも面会した記録も残っていて時期的な辻褄が合ってしまいます。クレイグは自分のクレジットカードからドメインbitcoin.orgを支払ったよう

初期Bitcoinは32Mの保存サイズ持っていて、後にサトシがフォーラムの意見を反映させて一時的にスパム対策として1M制限を施した。シルクロードでアメリカの政治家激怒して根回ししたらしい。

その頃にブロックストリームが音頭をとって出資し、フォーラムに集まってた開発者集めて、どうなったかというと、寄ってたかってサトシがスケールの為に初期BTCに付けていたオペレーションコード削除して 通貨としてまともに機能させないで富裕層の資産としての利用しかさせない方向ずけ(処理回数制限)をした。クレイグはすぐ察知してビッグブロック派だったギャビンに任せて立ち去った。たぶんオース追われてイギリスに移住した時カルビンが資金援助して現在の流れを作る協力したと思う。ここで注意してほしいのは1M制限をした時点でもスケールの為のコードは残していたという事実。多勢に無勢になり孤立してギャビンはすぐ解任されスモールブロック派に占領されてサトシの意向は無視されて現在に至ってるという経緯が調べれば見えてくる。僕はギャビンの人柄が大好きだし、海外にも同じ人がいてその理由でBSVに投資してるって人もいました。

これは僕の勘ですけどクレイグ、nchain、ビットコイン・アソシエイションがイギリスを拠点にしてることを考えてみると、BSVはある程度イギリス政府からも保護されてるのかなっていうのもあります。

だからセグイット以降、現在のBTCはビットコイン本来のものではなくて正確には BロックスTリームCイン になってしまっているという本質あります。BTC=ゴールドっていうのは違うと思います。出資分は手数料で取っていいって部分がPOWを使用した余分な搾取があるからです。

_unwriterによるボトルは、Bitcoinの歴史上で起こった最大の出来事で_unwriterがサトシ、クレイグ、ギャビンではないかという話もある。ボトルによってメタネットへの流れ、方向性がはっきり見えたからで。

実質的に現在2019年のBTCが現在の仕様でホワイトペーパーを発行したら出だしの正式なビットコインホワイトペーパーとは全く別なものになります。だから、実質的に現在のBTCはホワイトペーパーのない別物であると理解して良いです。本物のビットコインは来年2月の創世記のBSVのことです。ゆくゆくはブラウザにウォレットデフォルトで付いてて書き込みに、たとえばだけど1円、イイね押す押されるごとに0.5円払う/貰う。そしてリアルタイムで収支に反映される、ゲームリプレイサーバー管理者によって操作されず、透明かつイカサマなしも保証されてた状態で複数で賞金を争うなどのこと

それらを全世界的マイクロペイメントで洗練されたブラウザ、メタネット(実質的な5G以降で出現してくるインターネット2.0)で実現できればいいわけで。そのためにはマイナー増えて価格上がってゆきブロックチェーンのハッシュレート、ブロックサイズが上がってゆけば好循環起こります。そこまでゆくには課題も多いと思います。 ビットコインによる革命の本質はその方向性が最初にあったからで支持されて取引所も乱立してるんですね。また、ペイパルなどの電子マネーは元々マイクロペイメントで問題が起きやすいという事もあって仮想通貨が提唱されたらしい。マイクロソフトが対応してくれるのが一番良いけど電子マネーにしろ全米ウォルマートでの同時使用及び、ネットでのマイクロペイ一斉使用での条件想定すると秒間処理回数の上限は上がってゆくビッグブロックが好ましいということになります。

バイナンスのCEOがBSVを憎んでデリストしたのはBSVが基準を満たしていないからではなく逆に将来的に性能上にゆくことをただ単に脅威として認識してるからだと思う。バイナンスのCEOは複数のブロックチェーンがあり何千もの仮想通貨がある状態想定していてBSVはすべてを一つのチェーンで処理しようとする方向性でそれを実現できてしまう条件があるためにバイナンスビジネスモデルにとっては脅威なので。


ビッグブロックを否定するのは昔始まった頃にインターネットを否定する話をするのと大差ないと思います。BSV成功してゆくことを応援しています。海外4chファイナンススレッドのBSV話題は良し悪しは別として常にあったりもしますから注目度は依然高い事は事実で。日本は取引所扱ってなくて注目度低く過小評価されてしまいます。長期で見るとホワイトリストに入る可能性は充分あります。海外での実際使用が増えてハッシュレート上いってBCHと逆転するようなことがあればそうならざるを得なくなってくるケースは有り得る。BSVが元々のビットコインである考えれば長期的にそうならないほうが異常。
しかも、日本がフィアット、ステーブルの仮想通貨出す場合考えてもBSV以外とリンクしても投機以外には使えません。実使用に耐えうる性能持ってるのはBSVのみです。

------------------------
個人的に山本太郎さんとかはいたずらに危機を煽る暇あったらBSVをホワイトリストに加える働きかけをすべきだと考える。大企業や政治家がホントに誠実であるなら、自分たちの力が弱くなり、権益が失われて必要とされなくなる恐れがあるからという理屈はエゴなのであって民衆が力を持ち、現在の問題点が解決され良い方へ向かうのであればそれに対して協力する態度を見せるのが本当なのではないか?無論今は5Gがまだなので整備中で報道規制しているという理由があるのかもしれませんが。明らかにやってますよね。サイト阿修羅見てください。あれだけゴチャゴチャ書くサイトにエボラなんてどうでもいいカテゴリーはあるのに仮想通貨のカテゴリーがない状態がフェアーだと思いますか?出川がTVCM出てた期間中だけですね雑誌が取り上げた時期は。現在はエコノミストとSPAが少し書いてる程度です。また状況変化する可能性はあります。国も取り上げざるを得なくなるタイミングがまたくるであろうことはわかってると思う。今後、仮想通貨がたち消えしたりはありませんし、デジタルマネーのみって結果も絶対ありません。

現在現実にモールの売り場で増えてるセルフ自動支払機では自分で商品のバーコードをかざして終われば現金で支払います。この決済に仮想通貨使用できても問題起こらないと保証されてれば何の問題もなく、利便性は上がるという結果になるだけですね。
最近アメリカの次期大統領と目される人物ははっきり


仮想通貨を支持する表明をしていて、現在すでに人類はネットに依存していてネットが改善されることに対して異議を唱える必要はない

と言っていて
方向はそれで正しいと僕もそう考えてるので

【BSVの良い点】

1.ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」の評判が良く、イーサリアムからビットコインSVへの移行をして開発されてることで。アイテム売買はEnjin(ENJ)他で保持という部分がビットコインSVに変われば言うことないので。バトル情報は「Bitcoin SV(BSV)」のブロックチェーン上に記録という方向性で、とりあえず近日公開のこのゲームがBSVチェーンで動き出せばアクセス増えるので結構インパクトあると思われます。結局ここがBSVチェーン選んだのはBSVでしかスケーラブル条件を満たせない安全確保できないからで。ここ動き始めれば他の大手の参入もありえます。一番最初の例ができますからね。大人数で賞金を掛けたLOLのような大規模e-sportsゲームなど対応できる条件持ったブロックチェーンはBSVだけで、そうなった場合にでゲームプレイの保存できて20年後にもプレイ再生可能なのでギャンブルゲーム全般に言えます、改ざんできないデータ残るってことはイカサマした場合に証拠も残るので透明性が高くイカサマなし実現できるってことでありますね。ブロックチェーンを利用したゲームを開発してる先端グループがBSVチェーンを選んだ意味は大きいし、ストリーミングでマイクロペイ使う場合考えてもね。
「Crypto Fights」はたぶん創世記に合わせて出すんじゃないかと予想します。



2.Bitcoin SVは将来の潜在的なフォークについて心配する必要はない。もし最悪HFするとしても他のすべての基準よりプロトコルの変更が最も少ないフォークを選ぶでしょう。 たぶん僕は2月でプロトコル固定して一層は弄らないと思う。2層の付け加えあったとしても通貨が2つに分裂はないと思います。そこがBSVの要点なんだし
Bitcoin(BSV)は今年、最初のオペコードをすべて修正し、再び有効にします。これにより50年後に設定されたnLocktime内の2020年に署名されたトランザクションは【2070年にも有効】になります。それが Bitcoin SVの強みで。これはSegWit coin(BTC)や他alt coinには当てはまりません。HFを心配しなければならないのはBCH(ABC)だ思います。開発が迷走する可能性まである。

3.将来的に改変できない違法アップロードデータを事前にフィルターできる元々の仕様である事。クレイグはフィルターできると書いていた。だいたいそういうのや児ポルって通報する人いたりで自分も酷いのはスルーするのが普通で、アダルト全部なくせって無理だしBSVはまずアダルト抜きで健全、安全なストレージ目指す方向なんじゃないかな

4.マネーボタン、ワードプレス、ペイウォール


あなたにとっては、アイドリングなアイディア、他人にとっては素晴らしいアイディアだ。写真ではなく、それのようなこと可能であることを実証するための最も簡単な方法で。将来メタネットにもたらすことできるものについてもっと読むならば、あなたはビットコインSVはもっと大きな変化のための基礎であったこと理解するでしょうtxと引き換えにd維持する暗号化されたデータの分散送信は、各企業の個々のサーバーよりはるかに安価です。SWIFTやVisaのような仲介者ベース全体のトリミングは言うまでもなく。EDI市場、IoT、サプライチェーン、資産交換、ストリーミング、ソーシャルプラットフォーム、Webサイトなど、すべてブロックチェーンで構築できます。最も良いことは、ブロックに格納されているトランザクションへの参照を誰も変更しないため、これらのことをハッキング無理、不能化なことで。どうしてBitcoinを使用できるのか制限したいのですか?BSVには制限はありません。だからあなたの望むこと何でもしなさい、すべて可能です。経済的価値あるとすぐに、誰かはそれを構築します。安定したプロトコルは現在のトランザクションを最大50年間有効にします。だからこそ、CSWは詐欺だと誰か言っても構わないので。bsvの中にはbchやbitcoinよりも優れたものもあります。訪問者はすべてのブロックチェーンのエキスパート達まとめたよりもさらに大きなビジョン持っています、そして彼ら、彼らのゴールに到達すれば、彼らはそれを知らなくてもBSVを使用するでしょう。
【その他の情報】
2020年2月に創世記
11月780MBブロックの世界記録
BTC-CoreのLightning、Jihan/ABCのAvalanche/POS計画、ETHのPOS計画これらはすべてPOSの形態?で半分の報酬がなくなると、彼らのチェーンはハッシュのセキュリティすべて失います。その時こそビックブロックのBSVは持続することできます。
--------------------------
おふくろは趣味で画家なのでクレイグを描いてもらいました


----------------------------
********************************************************************************

1円、10円、25円→→→→→→→→







2 Accurate “Bitcoin Protocol History Maps”

正確な「ビットコインプロトコルの歴史図」2選 2 Accurate “Bitcoin Protocol History Maps” https://note.com/youiti2nz/n/n868c268df85d