TEST DE

ラベル プロトコル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル プロトコル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022年2月11日金曜日

Why is BTC and ETH useless and BSV wins in the end?  なぜBTCやETHは駄目で最終的にBSVしか残らないのか?

2022年2月11日 ※このBSVコンテンツは有料レベルです。 「Immutable X よりBSVのほうが優れています」 https://note.com/youiti2nz/n/nc5eaa264e528 後日有料化するかも知れません。 本物ビットコインを初心者でも理解しやすく書いてます。 なぜBTCやETHは駄目で最終的にBSVしか残らないのか? よく読んで、数値を確認すれば理解できるでしょう。 February 11, 2022 * This BSV content is a paid level. "BSV is better than Immutable X" https://note.com/youiti2nz/n/nc5eaa264e528 It may be charged at a later date. Even beginners can easily understand real Bitcoin. Why is BTC and ETH useless and BSV wins in the end? You can understand it by reading it carefully and checking the numbers.

2021年9月15日水曜日

POSモデルの正体とReddit、翻訳のこと

 


POSモデルの正体とReddit、翻訳のこと


https://note.com/youiti2nz/n/n2904c7d580d6


↑ NOTEに詳しく書いてます


有料レベルの情報ですが期間限定無料配信してますので

今読めた方はお得です。


最新 BSV未確認情報


Coinbaseは、BSVの下のボタンを「まだ利用できません」に変更しました


という情報を一時間前に見ました。以前は「利用できません」だったかどうかの確認はまだできてません。


ハンドキャシュ

https://tpow.app/3857450e


先を見るとTV局は廃止され動画配信は

BSVに移行、視聴した時だけの徴収で

そのTV局を個人として配信宣伝リンク

を貼り、クリックされた場合リアルタイムでの

インカム発生で広告代理店は廃業されて分散化に向かうという流れ

も長期ではあり得ると読んでる。

2021年7月16日金曜日

仮想通貨で詐欺性がないのはBSVだけ





 仮想通貨BSVは開始時8000円から始まり低い時で5000円、高い時で45000円、現在14000円の唯一まともな即時受け渡しでの複数アプリのある仮想通貨です。現段階でも順調に値段は上がっていると言え、なによりも実際に動くアプリとその使用数が着実に増えているという事実があるので他と違って唯一詐欺性のないコインと断言できます。


BSVを持っていると新しいアプリが増えていきゲームなどで使用でき、収益も見込めます。


先日起こった2重払い攻撃に対しても攻撃者のみ2重払いがあり他のBSV保有者には被害はなく、現時点で安全で高速、手数料が安い、大規模を実現できている唯一の仮想通貨です。


それがなぜ実現できてるかと言うとクレイグ・ライトこそ中本聡であり、スケーリングを見越した初期ビットコインプロトコルに戻したからに他なりません。


ひとつその証拠を上げておきます。これは最も初期のソースフォージのHP画像ですが、プロジェクトのマネージャーは中本聡であり、プロジェクトを最初に受け継いだ人物はギャビン・アンダーセンでした。ギャビンと第一回目のマイニングをしたとされるハル・フィニーと直接親交があった人物はクレイグ・ライト以外にいません。





ホワイトペーパーで発表されたビットコインプロトコルは傑作であり、少しでも改変すればまともに機能しない設定がされていました。



ビットコインホワイトペーパーにはSPVとはっきり記載されていてSPVは対個人受け渡しと将来のスケーリングを見込んだスマートコントラクトに関する設計がされていた。


BTCはそこから1MB制限+改悪したものでありそれは元に戻すことはできません。BTCは保有と取引以外はなにもできない仕様に変えられた。ETH他はその改悪した後で派生したために同様の問題があり抜本的に解決することはできません。


BTCが10年かかったブロックチェーンサイズをBSVがわずか2年半で追い越したのはBSVがスケーリングによって毎日大きいサイズのブロックを生成できているからです。追い越して一ヶ月足らずでBTC:411GBに対してBSV:448GBになりましたから現在BSVが+37GBということです。今から一年後にはBSVのサイズはBTCの倍を超える感じです。




BTCやETH他すべて詐欺と考えてもいい。BSVはプロトコルが固定されていて安定してますが、他のコインはそれ以前の段階にいて、常にHFやアップデートでの改変の恐れを持っています。


全仮想通貨の中で詐欺性がないのはBSV(BitcoinSV)だけです。

現時点で既に即時でのインカムがあり、ゲームで儲けている人も存在しているという部分は正当なものだからです。


BSVだけが実質的に実際にお金として、ビットコインとしての使用可能な仕様を持っているからです。しかも拡張性は無限大です。この仕様を持って前へ進んでるのはBSVだけなのでBSVには全く詐欺性はありません。



現時点でマネーボタンやハンドキャッシュにBSVを保有していれば

BSVだけで可能なゲームやアプリを使用することができ、それが増えていきます。


実際3年使用してマネーボタン、ハンドキャッシュで不具合起こったことは一度もありませんので。

https://tpow.app/3857450e


BSVゲームのクリプトファイトはまだベータではありますが、これと同じ程度の容量を持ち即時受け渡しで機能できるアプリを持ったコインはBSV以外に1つもありませんし、今後、他のコインでそれが出てくる事も絶対にありません。他ではスケーリングせず仕様として手数料が高く秒間処理回数が低く大規模大容量はできないからです。


https://tpow.app/30301e74


しかもクリプトファイトをリリースしたFYXはこのエンジンを使用してプラットフォーム化する予定で

既に他社からオファーがきているという話もありますから、今後長期に渡ってゲームが増える可能性は大きく、現時点のトッププレイヤーは80ドル稼いでいます。ドロップアイテムはマーケットで売り買いでき、BSVの支払いやゲームへの反映も即時です。





だからBSVは値段はどうであっても

現時点で未来に向けて期待していい着実な投資であると言えます。


仮にBSVが5000円以下になったとしても、一時的でその時点で現在30位以内のコインはすべて脱落していき、最終的にはアプリが実際に稼働してるBSVだけが順位を上げていく可能性が高い。いずれそれは起こるだろうと予測しています。

実際に現時点でBSV以外に即時受け渡しアプリがありまともに機能してる他コインがないからです。


現在のBSVの一日あたりのトランザクション数はBTC200Kに対してBSV400K以上あります。これは実際にBSVがBTCよりも使用されていることを示しています。





ゲームのクリプトファイト以外にもPEERGAMEにTwetch、Tonicpow、投資のTDXPといった即時受け渡しアプリもありますから、長期的には増える方向へしか行かないという特色を持っています。


https://tpow.app/9708


年内にOmniscapeとFabriik取引所

アプリリリースが決まっていて、この2つは規模が大きいと思われるので期待が持てます。その後はVISAを超えるテラノードが控えています。OmniscapeのCEOは来年はマトリックスのようになるだろうと発言しています。そうなればBSVのトランザクションも爆増することはわかりきっています。


https://transmira.com/


僕が見込んでいるのはこうした大規模で動くアプリがBSVで年2つずつでもリリースされれば、いずれ結局まともに機能してるコインはBSVしかないという事実が周知され、それが値段に反映してくるだろうということです。


そのネットでの大規模使用される方向性においてBTCではなくBSVを

検討せざるを得なくなり、それを大手メディアも隠せなくなった時始めてBSVが脚光を浴びるもしくは日本での取り扱いの可能性も出てくると予想してます。


だから一度BTCは限界まで下げた方がいいという考えに最近変わりました。


**********ETH.ETH2.0*******************


僕はETH2.0は出口詐欺と断定していて実現しないだろうと見ています。元々POSは集中型で主催が許可を出して成立するものでPOWより穴が開きやすく、特にETHは壊れてる部分があり、解決は難しいとされているからです。ETH2.0に値段はなく現在のETHは交換できないという話もあります。ETH2.0が機能し始めた時点でETHが廃止され同時にETH2.0の取引が開始されるとして交換可能であるかに対してビタリクは一切答えてません。それに、機能しない場合も考えられるので。


僕にはETH2.0とETHは全く別のコインに見え、整合性、互換性を保った状態で予定どうりの指定時期で完成できるようには思えません。下手すれば3年後でも立ち上がらない可能性の方が大きく感じてます。

延期されればされる程ETHの値段は下がりますしその可能性が高いだろうと予測しています。


8月のロンドンアップデートは採掘者の利益が半分になりPOWは後に廃止されるので、もしETH2.0が失敗した場合、ETH自体の消滅や交換レートが1/10なんてこともありえます。



ETH以外での高レートを歌ったPOS型は規模が大きくならないと思います。


******************************************


BSVのハッシュレートはBTCに比べて小さいとはいえ、DOGEやLTCの倍以上のハッシュレートで来年更に倍になる予定なので、事実上51%攻撃は無理で攻撃者は攻撃に失敗した上にお金を失うと思います。再編成、2重払い攻撃も同じ結果になります。ブロックが拒否されるだけなので。2重払い攻撃は。ズルプールで発生しそのBSVハッシュレートは極小なので51%攻撃ではありません。


他のコインはウォレットのアップデートをしているだけで、プロトコルが安定しておらず、実際のアプリ開発は安定してからでしかできないので、BSVより3年以上遅れており、ブロックサイズが小さいために即時受け渡し(スマートコントラクト)にできても秒間処理回数は上昇せず、大規模には対応できない仕様はどうしようもありません。


BSV以外の全てのコインは取引所でパンプ&ダンプでの値段変化しかなく、今後ずっとそのワンアプリケーション以外は開発できないという意味においてすべて詐欺と言ってもいいです。BSV以外のNFTは大規模化できず長期的には存続できないでしょう。


BSVだけがビットコインと言っていい仕様を持っていて、本来ならばビットコインとなるべきはBSVだけなのだから、そもそも現時点で全世界に散らばる仮想通貨取引所はBSV仕様で動けば受け渡しにアドレスは必要なく即時で受け渡しできる状態であるべきが本当のビットコイン基軸と言える状態だと思うので。従来型との違いはBSVでTDXPを体験した時点で理解できると思います。

https://tpow.app/e79b7564


現時点でのトレンドでは中国政府によるマイニング禁止とデジタル通貨を使用するアカウントに対する銀行の取り締まりでBTCのハッシュレートが日々下がっている事とバイナンスに対する風当たりが厳しくなっていてヨーロッパ、英国、オースなどから入出金停止になっています。この調子だとよく行っても現在から横ばいか下がる可能性が高く上がる見込みはなくなった状態だと言えます。中国のマイナーが北米に移動する場合9から18ヶ月かかるらしいので。どうやら中国は独自開発中のCBDCを推進したいらしくBTCマイニングを禁止したいらしい。



BSVに関しては来年のTAAL増設がありますし一時的に下げたとしても長期的には心配いらないと思ってます。


BSVの24時間トランザクション数は

全コイン中3位です。モネロやライトコイン、ドッジは20000TX以下でBSVは420000TXでBTCは22000TX





それプラス年内にTXがさらに増える大きいのが2つ控えてますので。



ARおよびVR仮想アイテム、アフリカの国レソトのCOVID-19ワクチン追跡、そしてそれほど遠くない将来には、ツバル全土の電子政府サービス。これはすべて、中本聡が想定したように、BSVブロックチェーンがより大きなデータ容量を処理することによって可能になった新しいデータ駆動型デジタルエコノミーの一部であり、私たちはまだ始まったばかりです。

https://bitcoinassociation.net/bsv-proves-that-bitcoin-scaling-works-surpasses-btc-blockchain-in-accumulated-data-size/


ドバイは新しいビットコインSVハブをホストし、中東地域内のセクターにおける開発とイノベーションの中心を築く予定でハブは、中東全体でBSVの範囲を拡大し、地域全体でテクノロジーの成長と理解を促進し、新世代のBSV開発者とイノベーターを育成することを目的としています。

https://coingeek.com/bsv-stories-episode-4-middle-east-joins-the-global-blockchain-race-video/









2021年5月31日月曜日

RPGの宝箱を開けると「宝箱に50円入っていた」真の次世代ゲーム

 BSVにおいて、現にマイクロ金額での受け渡しが実現してるということは、将来的にはRPGの宝箱を開けると「宝箱に50円入っていた」なども実現の可能性があるって事です。容量も大きくなっていきます。可能性を持ってるのはBSVブロックチェーンだけです。これは次世代ゲームでの偉大な革命と言えます




👆これは即時リアルタイムでのマイクロペイメント受け渡しで手数料が安い条件下のBSVでしか起こりえません。


例えば将来的にRPGの宝箱を開けると「宝箱に50円入っていた」これを任天堂がドラゴンクエストの新作で実現できる条件を考えると、リアルタイムマイクロペイメント用の開発ソフトの改善、基幹部分さえ構築すればゲーム用の開発環境もできるようになるので実現の可能性は有るってことです。



真の次世代ゲームはレンダリングが向上するだけのものではなくその方向性と可能性を持ってるという考え方です。だからBSV支持してます。


きっと将来もっと楽しいことが起こると考えてます


BSVゲーム Cryptofight 史上初の快挙


https://note.com/youiti2nz/n/n07d9d4fa78e7


ビットコインスクリプト言語を理解してるのは地球上で10人

https://note.com/youiti2nz/n/nf4732b599f7a

2019年12月2日月曜日

BSVのメタネットに関する文章


BSVのメタネットに関する文章を拾ったので
貼っときます。

メタネットについて明らかになったのは今年1月以降でありBSVが開始された去年11月にその情報はありませんでした。ビッグブロックによってメタネットが出現することはクレイグ・ライトの構想において最初からあり、その方向性を含んでいることでブロックチェーンの評価が高いのだと思います。現在のBTCはスモールブロックによってビットコインをハイジャックし、メタネットへ繋がるビッグブロックを排除しているため投機、保有以外の用途は今後もありません。BSVは来年創世記で元のプロトコルに戻しブロック制限を解除して第4次産業革命へ繋がる方向へ順調に進んでいます。

------------------------------


すべてのオンラインアクションマネーと密接に結びついているほど、より多くのお金がかかります。
振り返ってみると、メタネットが標準になってから数年後、人々は新しい提案されたお金を見て、誰もがオンラインで行うすべてのこと、送信されるすべてのパケットに織り込まれている元帳システムと競合することをどのように望むことができるかを尋ねます。
商品台帳はお金のスーパーセットであり、お金の概念の一般化であり、当然モノリシックです。
自宅の防犯カメラをリモートで確認するときに認証する台帳、ニュースフィードフィルター、Slackメッセージ、メール、土地所有権登録、家電製品を認証する台帳...
「データストレージは必要ない、ピアツーピアの現金が欲しい」
あらゆるものを支える経済的配管と安全保障...他の何かが世界のピアツーピアの現金になると思いますか?これらのメタネットトランザクションを現金の使用とは見ないという旧世界のカテゴリバイアスがありますが、それはまさにそれです。私たちは、私たちが育ったインターネットの社会主義的な足場のために、インターネットの行動を無料と見なすことを条件としています。
Metanetのハイパーキャピタリストの世界では、オンラインのアクションは無料ではありません。オンラインのアクションは実際には無料ではなかったからです。コストは隠されていたので、交渉は面倒で、プロキシを介して集約されました。途方もなくブロッキーな市場。
Metanetはすべてをきめ細かくします。トランザクションの範囲-これも常に "win-win相互作用"を意味します-爆発します。あまりにもなじみのないトランザクションのカテゴリーに爆発し、最初はお金のユースケースとして認識されません。
数がはるかに多いため、個々の価値は必然的に小さくなりますが、現金はすべて同じように使用されます。
メタネットとは、インターネットに関するすべての社会主義者が資本主義になることを意味します。
人々は小さすぎると思います。ビットコインは、世界経済の配管となるように設計されただけでなく、実際に情報革命全体を経済的発明の範囲内に収めるように設計されました。政府を含むすべてを市場規律の光に照らすこと。
自由市場の相互作用と効率の範囲を拡大し、すべての最後のリンク、すべての最後のデータ、すべての最後のパケット、すべての最後の車両と機器のすべての最後の部分-不変、追跡可能、検証可能になったすべての重要な世界、検索可能-検索とキュレーション自体が、経済をインターネットの構造に織り込むことで初めて合理化されました。
これは4回目の産業革命であり、これまでのどの革命よりも大きな変化です。分業が世界の生活水準のためにしたことを取り、それを二乗する。ビットコインはコード形式の資本主義であり、メタネットは、それが表すすべての効率と機会を備えた世界の最後の有用な部分への資本主義の究極の浸透です。

2019年11月15日金曜日

Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由 3.1.+

Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由 

「あなたはサトシですか?」
「はい」
「あなたはビットコインホワイトペーパーを書きましたか?」
「はい」


↑ この動画はBSV始まってから1年現在までがよく纏められています
BSV Year 1 Look-back
https://www.youtube.com/watch?v=GXfJNVGCZQs&feature=emb_logo

https://www.prnewswire.com/news-releases/bitcoin-independence-day-15th-november-2019-bitcoin-sv-the-fastest-growing-blockchain-ever-300958402.html

ドル価格チャート(BCH比較)はこうなってます

日本円での価格チャート(BSVのみ)はこうなってます

僕は開始時からウォッチしてるのでわかるのですが上の方のチャートより下の方のチャートのほうが正確です。出だしの底価格は3800円台を憶えてます。確かジハンの全売りで円高だったのかな。だからチャートを見ればわかるように、BSVの底値は3800円⇒5500円⇒8500円と確実に上向いてる事がわかります。単純計算で平均149%ずつ増加してますから次の底値は12660円付近で上がれば更に上も十分ありえます。底が上がってるのは事実なので。



BSVを買ったのは一年前の11月でした。そこから毎日BSVこそがオリジナルビットコインである事を念頭に置いて調べ続けてます。去年11月の直感どうりにBSVは推移してます。あとは来年2月以降にどうなるかですね。BSVは現在でも即時マイクロペイメントでストレスなく入出金できます。
NOTEの有料配信はMedioPayで同じ事が即収益でできる
https://ameblo.jp/youiti2nzk123/entry-12545143498.html

調べてないBTC支持者は先入観で「フォークのフォークが本当のBTCだと思う?」という認識多い。現時点アプリで実際にできてる事が証拠となり、クレイグ、nchain、2月創世記で確定です。現時点でも99.99%以上。もしBTCがセグイット化しないでそのままであったならば、現在のBTC価値はハッシュレートから見積もると1000万超えてるはずです。そうならないのは手数料高騰と秒間処理回数制限あるからです。だから値段に関してBTCに期待を抱かないほうが良いです。

ようするに現在のBTCは出だしホワイトペーパーのP2Pマイクロペイメント使用目的からゴールドとしての保有資産へとコンセプトもコードもプロトコル改変されていて、それが原因でハッシュレート相関関係も崩れています。しかもそれを実施したのはホワイトペーパー、クレイグとは関係のない団体が設立したブロックストリームであって、クレイグ他内部の有能な人間も反対したわけです。なぜ現在のBTCの方を持つ人がまだ多いのか僕には理解できません。で。

来年2月にBSVは出だしに戻しますよってことです。マネーボタンでの使用を体験すればそれが順調に進んでることは実感できます。取引所間の送金もマネーボタンでできて当たり前になるイメージを想定してみてください。
いいですか?アビトラはなくなったほうが良いんですよ?

wordpressのペイウォールは明らかに便利になってます。
そうなれば便利になるのにそうならないBTC他を支持して
そうならない事をイメージすることは改善ではありません。
またハッシュレート相関はBTCにおいて崩れてますので
値段のことを考えてそうする事は意味ありませんので。
この部分を真剣にもう一度考え直したほうが良いです。
沈む船に乗っていても、沈むだけですよ。
-----------------------------------------
ここからはBSV拡散用に自分で書いてるBSV情報のコピペです
BitcoinSV(BSV)はメディアから不当な扱いを受けていて事実は世界で時価総額ランキング 9位で健全な運営されてるコインです。仮想通貨カテゴリーはどうでもいいポンコツポンジコインばかり目立ってるから自分は正当なビットコイン0.1プロトコルを継承してるのはBSVである事実を最優先しますのでほんとに時価総額低いコインや上位にきてるウォレットなどは詐欺に近いものですので気をつけてください。ブロクには初心~中級者が読んでわかる気をつけるべき事柄もありますので長文ですけど、よろしければで読んでください。去年11月にBSVを買って調べ続けて見えてきた自分アングルでのストーリーです。あくまでも予想ですので小さい間違いあるかもしれませんが大筋は間違ってないと思います。

↑図で見て調べた限りではサトシ=ニックサボは考えにくいです。法律、経済ルール、セキュリティーに精通してる要素のほうが大事でプログラマーってだけでは総合的に先を見てWPまとめることができないからです。
クレイグ、クレイマンだとその条件を満たせます。だから速すぎても無理ってことになるので、登場時期、タイムライン的にクレイグしか消去法で出ません。ビットコイン出だしの70ブロックをクレイグがスタート採掘って情報も出てる。裁判にしろ刑務所どうとかって記事ありますけど、重要な事はクレイマンと共にウォレットの鍵にキーシェアリング(複数でないと開けない)施してたというのはセキュリテーのプロ中のプロ2人でやってるわけだからそうすることは当然でクレイマンのはアメリカの郵便局他が採用してマイクロソフトがMVP与えてる人間ですから。デイブ薬物どうたらは彼らのスキルとは関係ございません。初期アップル技師はLSDでマウスの発想得てます。あなた今マウス使ってるでしょ?

元々インテル科学者がラボでマイクロペイメントやセキュリティーを完全にするために暗号で保証しながらコピー生成する研究していてその際に生成されるものをボックスと表現していた。これを現在のブロックチェーンの事でクレイグもそうなることを知っていた。その後にサトシのホワイトペーパーが発表されました。自分この頃仕事忙しくて調べる体力なかったので 違うかもしれませんが単純化した比喩だと、物を隠す場合人里離れた山の中だと安全な気がしますが、場所バレたら一発ですから24時間、365日車が走っている道路に埋めたほうが安全なのではないか?ってポイントですね。そうすれば、道路を作る主催側が警備会社を使って車を止めない限り掘り出せない(改変不能)です。常にリアルタイム複数で暗号計算保証している状態はそれに似てるのでなんとなくですが、僕のブロックチェーンのイメージはそういう感じで理解してます。なんとなくイメージのほうが理解しやすいので

「ブラックネット」 - 2001年Craig S Wright「ビットコイン」 - 2009 年中 本 智 #Bitcoinの内容はほぼ一致します。古めのアルトコインのPCウォレットを使用した事がある人は知ってると思います。PCウオレットにブラックネットのロゴが必ず表記されてました。この ブラックネット という言葉自体が次に来るべきブロックチェーン利用したメタネットを指してたと考えるのが自然ですし良くなる変化を無理だといって妨害するのはナンセンスでアマゾンで便利になった現在を過去に妨害しようとするのと同義です


私の名前はクレイグ・ライト博士で、中本智の仮名のもとに私は1997年に始めたプロジェクトを完成しました。それはオーストラリア政府に提出されたもので。
https://comments.cftc.gov/PublicComments/ViewComment.aspx?id=61969
海外のサイトでクレイグ・ライトが中本智である確率は通常使わない言葉入っていてそれ一致していた為99.9%以上であるいう書き込み見ました。またインテルの科学者とも面会した記録も残っていて時期的な辻褄が合ってしまいます。クレイグは自分のクレジットカードからドメインbitcoin.orgを支払ったよう

初期Bitcoinは32Mの保存サイズ持っていて、後にサトシがフォーラムの意見を反映させて一時的にスパム対策として1M制限を施した。シルクロードでアメリカの政治家激怒して根回ししたらしい。

その頃にブロックストリームが音頭をとって出資し、フォーラムに集まってた開発者集めて、どうなったかというと、寄ってたかってサトシがスケールの為に初期BTCに付けていたオペレーションコード削除して 通貨としてまともに機能させないで富裕層の資産としての利用しかさせない方向ずけ(処理回数制限)をした。クレイグはすぐ察知してビッグブロック派だったギャビンに任せて立ち去った。たぶんオース追われてイギリスに移住した時カルビンが資金援助して現在の流れを作る協力したと思う。ここで注意してほしいのは1M制限をした時点でもスケールの為のコードは残していたという事実。多勢に無勢になり孤立してギャビンはすぐ解任されスモールブロック派に占領されてサトシの意向は無視されて現在に至ってるという経緯が調べれば見えてくる。僕はギャビンの人柄が大好きだし、海外にも同じ人がいてその理由でBSVに投資してるって人もいました。

これは僕の勘ですけどクレイグ、nchain、ビットコイン・アソシエイションがイギリスを拠点にしてることを考えてみると、BSVはある程度イギリス政府からも保護されてるのかなっていうのもあります。

だからセグイット以降、現在のBTCはビットコイン本来のものではなくて正確には BロックスTリームCイン になってしまっているという本質あります。BTC=ゴールドっていうのは違うと思います。出資分は手数料で取っていいって部分がPOWを使用した余分な搾取があるからです。

_unwriterによるボトルは、Bitcoinの歴史上で起こった最大の出来事で_unwriterがサトシ、クレイグ、ギャビンではないかという話もある。ボトルによってメタネットへの流れ、方向性がはっきり見えたからで。

実質的に現在2019年のBTCが現在の仕様でホワイトペーパーを発行したら出だしの正式なビットコインホワイトペーパーとは全く別なものになります。だから、実質的に現在のBTCはホワイトペーパーのない別物であると理解して良いです。本物のビットコインは来年2月の創世記のBSVのことです。ゆくゆくはブラウザにウォレットデフォルトで付いてて書き込みに、たとえばだけど1円、イイね押す押されるごとに0.5円払う/貰う。そしてリアルタイムで収支に反映される、ゲームリプレイサーバー管理者によって操作されず、透明かつイカサマなしも保証されてた状態で複数で賞金を争うなどのこと

それらを全世界的マイクロペイメントで洗練されたブラウザ、メタネット(実質的な5G以降で出現してくるインターネット2.0)で実現できればいいわけで。そのためにはマイナー増えて価格上がってゆきブロックチェーンのハッシュレート、ブロックサイズが上がってゆけば好循環起こります。そこまでゆくには課題も多いと思います。 ビットコインによる革命の本質はその方向性が最初にあったからで支持されて取引所も乱立してるんですね。また、ペイパルなどの電子マネーは元々マイクロペイメントで問題が起きやすいという事もあって仮想通貨が提唱されたらしい。マイクロソフトが対応してくれるのが一番良いけど電子マネーにしろ全米ウォルマートでの同時使用及び、ネットでのマイクロペイ一斉使用での条件想定すると秒間処理回数の上限は上がってゆくビッグブロックが好ましいということになります。

バイナンスのCEOがBSVを憎んでデリストしたのはBSVが基準を満たしていないからではなく逆に将来的に性能上にゆくことをただ単に脅威として認識してるからだと思う。バイナンスのCEOは複数のブロックチェーンがあり何千もの仮想通貨がある状態想定していてBSVはすべてを一つのチェーンで処理しようとする方向性でそれを実現できてしまう条件があるためにバイナンスビジネスモデルにとっては脅威なので。


ビッグブロックを否定するのは昔始まった頃にインターネットを否定する話をするのと大差ないと思います。BSV成功してゆくことを応援しています。海外4chファイナンススレッドのBSV話題は良し悪しは別として常にあったりもしますから注目度は依然高い事は事実で。日本は取引所扱ってなくて注目度低く過小評価されてしまいます。長期で見るとホワイトリストに入る可能性は充分あります。海外での実際使用が増えてハッシュレート上いってBCHと逆転するようなことがあればそうならざるを得なくなってくるケースは有り得る。BSVが元々のビットコインである考えれば長期的にそうならないほうが異常。
しかも、日本がフィアット、ステーブルの仮想通貨出す場合考えてもBSV以外とリンクしても投機以外には使えません。実使用に耐えうる性能持ってるのはBSVのみです。

------------------------
個人的に山本太郎さんとかはいたずらに危機を煽る暇あったらBSVをホワイトリストに加える働きかけをすべきだと考える。大企業や政治家がホントに誠実であるなら、自分たちの力が弱くなり、権益が失われて必要とされなくなる恐れがあるからという理屈はエゴなのであって民衆が力を持ち、現在の問題点が解決され良い方へ向かうのであればそれに対して協力する態度を見せるのが本当なのではないか?無論今は5Gがまだなので整備中で報道規制しているという理由があるのかもしれませんが。明らかにやってますよね。サイト阿修羅見てください。あれだけゴチャゴチャ書くサイトにエボラなんてどうでもいいカテゴリーはあるのに仮想通貨のカテゴリーがない状態がフェアーだと思いますか?出川がTVCM出てた期間中だけですね雑誌が取り上げた時期は。現在はエコノミストとSPAが少し書いてる程度です。また状況変化する可能性はあります。国も取り上げざるを得なくなるタイミングがまたくるであろうことはわかってると思う。今後、仮想通貨がたち消えしたりはありませんし、デジタルマネーのみって結果も絶対ありません。

現在現実にモールの売り場で増えてるセルフ自動支払機では自分で商品のバーコードをかざして終われば現金で支払います。この決済に仮想通貨使用できても問題起こらないと保証されてれば何の問題もなく、利便性は上がるという結果になるだけですね。
最近アメリカの次期大統領と目される人物ははっきり


仮想通貨を支持する表明をしていて、現在すでに人類はネットに依存していてネットが改善されることに対して異議を唱える必要はない

と言っていて
方向はそれで正しいと僕もそう考えてるので

【BSVの良い点】

1.ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」の評判が良く、イーサリアムからビットコインSVへの移行をして開発されてることで。アイテム売買はEnjin(ENJ)他で保持という部分がビットコインSVに変われば言うことないので。バトル情報は「Bitcoin SV(BSV)」のブロックチェーン上に記録という方向性で、とりあえず近日公開のこのゲームがBSVチェーンで動き出せばアクセス増えるので結構インパクトあると思われます。結局ここがBSVチェーン選んだのはBSVでしかスケーラブル条件を満たせない安全確保できないからで。ここ動き始めれば他の大手の参入もありえます。一番最初の例ができますからね。大人数で賞金を掛けたLOLのような大規模e-sportsゲームなど対応できる条件持ったブロックチェーンはBSVだけで、そうなった場合にでゲームプレイの保存できて20年後にもプレイ再生可能なのでギャンブルゲーム全般に言えます、改ざんできないデータ残るってことはイカサマした場合に証拠も残るので透明性が高くイカサマなし実現できるってことでありますね。ブロックチェーンを利用したゲームを開発してる先端グループがBSVチェーンを選んだ意味は大きいし、ストリーミングでマイクロペイ使う場合考えてもね。
「Crypto Fights」はたぶん創世記に合わせて出すんじゃないかと予想します。



2.Bitcoin SVは将来の潜在的なフォークについて心配する必要はない。もし最悪HFするとしても他のすべての基準よりプロトコルの変更が最も少ないフォークを選ぶでしょう。 たぶん僕は2月でプロトコル固定して一層は弄らないと思う。2層の付け加えあったとしても通貨が2つに分裂はないと思います。そこがBSVの要点なんだし
Bitcoin(BSV)は今年、最初のオペコードをすべて修正し、再び有効にします。これにより50年後に設定されたnLocktime内の2020年に署名されたトランザクションは【2070年にも有効】になります。それが Bitcoin SVの強みで。これはSegWit coin(BTC)や他alt coinには当てはまりません。HFを心配しなければならないのはBCH(ABC)だ思います。開発が迷走する可能性まである。

3.将来的に改変できない違法アップロードデータを事前にフィルターできる元々の仕様である事。クレイグはフィルターできると書いていた。だいたいそういうのや児ポルって通報する人いたりで自分も酷いのはスルーするのが普通で、アダルト全部なくせって無理だしBSVはまずアダルト抜きで健全、安全なストレージ目指す方向なんじゃないかな

4.マネーボタン、ワードプレス、ペイウォール


あなたにとっては、アイドリングなアイディア、他人にとっては素晴らしいアイディアだ。写真ではなく、それのようなこと可能であることを実証するための最も簡単な方法で。将来メタネットにもたらすことできるものについてもっと読むならば、あなたはビットコインSVはもっと大きな変化のための基礎であったこと理解するでしょうtxと引き換えにd維持する暗号化されたデータの分散送信は、各企業の個々のサーバーよりはるかに安価です。SWIFTやVisaのような仲介者ベース全体のトリミングは言うまでもなく。EDI市場、IoT、サプライチェーン、資産交換、ストリーミング、ソーシャルプラットフォーム、Webサイトなど、すべてブロックチェーンで構築できます。最も良いことは、ブロックに格納されているトランザクションへの参照を誰も変更しないため、これらのことをハッキング無理、不能化なことで。どうしてBitcoinを使用できるのか制限したいのですか?BSVには制限はありません。だからあなたの望むこと何でもしなさい、すべて可能です。経済的価値あるとすぐに、誰かはそれを構築します。安定したプロトコルは現在のトランザクションを最大50年間有効にします。だからこそ、CSWは詐欺だと誰か言っても構わないので。bsvの中にはbchやbitcoinよりも優れたものもあります。訪問者はすべてのブロックチェーンのエキスパート達まとめたよりもさらに大きなビジョン持っています、そして彼ら、彼らのゴールに到達すれば、彼らはそれを知らなくてもBSVを使用するでしょう。
【その他の情報】
2020年2月に創世記
11月780MBブロックの世界記録
BTC-CoreのLightning、Jihan/ABCのAvalanche/POS計画、ETHのPOS計画これらはすべてPOSの形態?で半分の報酬がなくなると、彼らのチェーンはハッシュのセキュリティすべて失います。その時こそビックブロックのBSVは持続することできます。
--------------------------
おふくろは趣味で画家なのでクレイグを描いてもらいました


----------------------------
********************************************************************************

1円、10円、25円→→→→→→→→







2019年11月8日金曜日

★BitcoinSV[BSV]値段分析、今後の予想 11/8


★BitcoinSV[BSV]値段分析、今後の予想




「あなたはサトシですか?」
「はい」
「あなたはビットコインホワイトペーパーを書きましたか?」
「はい」

匿名システムは破損を好む
BSVはそうではありません

BitcoinSVの目標は、健全なお金と本当のビットコインを世界中に広めることであり、先日はSTNで528MBブロックが採掘されトランザクション数の記録を破りました。BSVアプリ開発プロジェクトの総数は約1年で256プロジェクトに膨れ上がり、開発され次第、来年2月創世記以降もしくはそれまでに増えてゆきます。ブロックサイズはSTNで11/12に780MBの記録が生まれたようです。


つまりそれ自体がBSVこそがオリジナルビットコインである証拠たる所以であります。現時点においても大規模な採用の前線で成功している唯一のチェーンであると
理解してよいと考えてます。各アプリで既に実際の即時使用が実現しているからです。

BSVの目標は、すべての金融取引を促進する基盤となるテクノロジーになることであり、最終的には何も知らないより多くの人々が使用することです。

redditで読んだ記事でBSV、BTCの経緯はコカコーラに似てるというのは初耳でした。



上のコカ・コーラの例のような推移で、来年BSVは創世記イベントが控えてます。
現在開発中のアプリは創世記の仕様に合わせたほうが良いので、2月以降に怒涛のごとく増えるだろうと考えてます。そういう状況の中BSVは値を上げてきていて現在14500円前後です。

★値段分析、今後の予想。
(免責事項:以下は個人的な意見、想像力に基づくものであり、金銭的なアドバイスではありません。)

まず、BSVのトランザクションとブロックサイズは順調に右肩上がりで持続してます。

値段についてはBCHと比較すると輪郭がつかめます。
この一年間のウォッチでBSVはBCHに対して最悪時にはBCHの1/5の値段最高で同値、平均するとBCHの40~50%の値で推移してます。バイナンスのデリストなどのネガティブ要素は出尽くした感のほうが強いので今後1/5まで値を下げる可能性は低く、トランザクションとブロックサイズ右肩上がり、創世記、アプリの大量出現を考えると、値を上げていく可能性のほうが高いと考えてます。現在まででですけど割とBCH、BSVはハッシュレートが値に正確に反映してるので、現在そのままですが、BSVは18000円ほどで適正だと思います。



BSVが上がる場合はBTC、BCHのハッシュレートが下がってきてクロスして追い越す可能性はあると思ってます。


特に来年2月以降は。BTCのマイニング機器、BITMAINの
ものは古くなってきていて、2020年5月、BTCは半分になり、第4報酬時代に入り、ブロック補助金をブロックごとに6.25 BTCに引き下げます。クレイグとカルビンは、これが起こった後にすべてのハッシュをBSVに引き渡そうとします。BTCでチェーンデススパイラルイベントが発生し、BSVの購入が行われ急上昇というシナリオもありえます。クレイグ、カルバンは、利益なしまたは損失でステルス採掘する余裕もあります。実際にそうなるとBSVが真のビットコインであることが示された事と同義になり一般的にも認めざるを得なくなり、ニュースでも取り上げざるを得なくなるという
流れが起こるというシナリオ。まあ不確定要素で先延ばしはありえますが、基本的にBSVは長期で3~5年での投資なのでその見込みは変えません。

------------------------------------------------
---------------------------------
プロトコルは下画像のような種類があります。
仮想通貨がビットコインホワイトペーパーで
実現しようとしてるのは、お金の移動プロトコルで
完成型でラストピースとなるものだからこそ
2月のプロトコルロックは仮想通貨史上最大のイベントで
後々語り継がれるって可能性もあります。

2019年7月ネットで拾った
(未来人?による簡潔な)予想順位
20☓☓年cryptocurrencyの順序は次のとおりです。

1.☓☓☓☓☓☓☓、
2.☓☓☓☓ ☓☓☓☓[ステーブルっぽい]、
3.ビットコインSV、
4.リブラ、
5.☓☓ ☓☓、[USAのステーブルコイン]
6.☓☓☓☓、
7 .☓☓☓☓ ☓☓☓、
8 .カルダノ、
9.☓☓☓[日本のステーブルコイン]、
10.☓☓☓☓☓☓
11.EOS
12.ビットコイン
13.IOTA

カタカナ変換して語数×☓です。
何あなたの意見は?
------------------------------------------------
11月10日BSVの追加情報

ビットフィネックスのBSV / BTCペアでは、最後の数日間のほとんどすべての取引が買い



ビットコインは、「私たちを解放する」ために作成されたと知っていますか?
2009年以降に暗号で起こったすべてのことは偶然ではありませんが、
それは地獄のように精巧な/興味深い物語を作ります。
フォーク/シットコイン=混乱=カオス=規制の必要性=完全な制御。
BSVがすべてを支配するためにこれがすべて100%の
意図であることがわからない場合、あなたはバカです。

BSVには競争がありません。
BTCは死んでおり、LNは初期のアルファETHです
:Vitalik Buterin:Ethereumの使用は高価であり、
そのブロックチェーンは「ほぼ満杯」です。

BSVには、100倍低い料金とすべての特許があります。
ETHは、nChain Lawlayersとの2〜3年の幸運で死んでしまいます
-----------------------------------
※僕のアメブロの記事読んで、ブロガーでマネーボタンのペイウォール貼り付けに
成功した方がいたらコメントください。必ずフリックしますので。

----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく

 Read the article, “It was useful”, “It was good” If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒







2019年9月30日月曜日

(ΦωΦ)BSV関連のYOUTUBE動画を視聴


YOUTUBEでBSV関連の動画を視聴しています。
翻訳は設定で字幕オフになってるのを英語(自動生成)に変えて
英語字幕が表示されてる状態で、もう一度字幕を自動生成の
選択で一番下にある日本語を選ぶと日本語字幕が出ます。

よく観るのは CoinGeek、Bitcoin Association、MetaNetTV、nChain、
東京ビットコインニュースなどです。WEBでもBSVの情報収集してたり
ブログも書いてるので、時間が取れず全部は無理ですから、ザッと見て
翻訳読んで重要な部分があれば、全編視聴して感想や要約をブログに
書いて上げてるって感じです。



昨晩はJimmy Nguyen’s chat with Bitcoin creator Dr. Craig Wright‬
も視聴しました。


こちらはかなり難しくて高等技術的な話でスキルの高い
プログラマーでも理解できないだろう内容ですが、クレイグ
のスキルに尋常でない奥深さがあり、嘘でないことは理解
できます。

レディットに良い説明してる人がいました。クレイグはビットコインを作成し、プロジェクトを監督できる完璧なスキルセットを持っていて、彼には数学、経済学、ゲーム理論、法律の背景があります。彼はおそらく、HalやGavinなどのより専門的なコーダーの助けを借りて、それを実現している。

僕もクレイグの知識のバックボーンは総合的で
象牙の塔の人間で誰がなんと言おうと監修能力が本物であることは
事実だと見てます。いつまで立っても反BSVカルトな人は
ずっと詐欺だと糾弾しててください。BSVは実際に良い動きが
現実化してきてる事は動かぬ事実なので。

長期的にBSV妨害はむなしくなってくるだけでしょうから
そうなった暁には現在までBSVに対していかに彼らが根も葉もない
事言ってたかというデータをブログに書いて僕は大笑いするつもりですから
いいですか?BSVによる変革はハッキングをなくして世界中の人に利便性を与える正当なものですよ。なぜ妨害される必要があるのですか?
妨害してくる奴等はすべてハックしたい側で1995~2018年までの変わりつつある古い常識しか信じたくない頭の硬いだけの奴等ですね。その事実を一度自覚して考え直してくれって言いたいです。
彼らはハックできること=グレートなこと とでも考え
ハックできることでズルをして儲ける事をよしと考え、
自分がそのハックできるグループの御用聞きになってる
事に気づかないからBSVを糾弾しようとする。
ハッキングは不能になることのほうが便利で良い世の中に

なるに決まってる。

ビッグブロックの伝搬については他の技術者の
理解は間違ってましたが、クレイグは伝搬についての
メカニズムを理解していて、裏打ちされた推測ができてた。
ビッグブロック伝搬は有機的で徐々に上がっていく感じですね。

創世記にマイニングを始めた時の話で、ハル、デイブと
3人だけで全体で69台のマシンはすべてクレイグ
のものだったと語ってます。入り込んでくる人もいたそうです。
WINXPのパッチ更新が原因でやり直しが発生し、50コインを失ったが
無価値なので問題なかった。この時の修復でデイブは貢献したようだ。
創世記からの2年間のマスコミの言い方を覚えてますが、ビットコインは
趣味的なオタクのおもちゃ(トイ)であって金銭的価値は全くないと
その後に渡ってずっと言ってましたが、結果はそうではなかった。だからメジャーマスコミの言うことは鵜呑みにしないほうが良い。基本的にどうでもいいことを大々的に書いて重要なことは隠そうとします。
だから僕がBSVについて書いてるのはマスコミが隠したがる重要なことだと考えてます。

3日ほど前に仕事帰りで「ビッグデータ資本主義」って本を立ち読みしましたが
ブロックチェーンに対する理解が誤解を招く記述があったのでオススメしません。
僕はこの本書いた人も翻訳のオッサンも御用聞きだと判断するので信用できません


買ってもいいかと感じたオススメは「デスバイアマゾン」くらいです。新刊でも
理解を間違えてたり、重要事実を隠したりが多いので気をつけて読むことを
おすすめします。古い情報は役に立たないのでスルーでいいです。
この本は最新技術の理解が進む情報がありました。AMAZONGOは一軒
出店するのに1億かかるから現時点では利益度外視でパフォーマンス目的
が強いですね。



シルクロードができてしまった時には、クレイグは相当落ち込んだようです。
自分は失敗したと思ったらしい。だから、現在のBTCが制限されてるというのは
シルクロードの余波の影響が大きいですね。ただしシルクロードによって
仮想通貨取引所の乱立とポンプアップによって金銭的価値が上がってきた
流れなので、そういう複雑事情で成り立ってるってことです。で2017年から
BCH→BSVの流れはクレイグが復帰、立て直しする上でしかたがない選択肢だったと。
BSV陣がホワイトペーパーのビットコイン0.01プロトコルを正確に保存してなかったらシルクロード後に制限する必要のない部分まで削除、制限されたコインだけになってるだろうから、BSVの方向は唯一正しいと言えるわけです。

現在のBTC他は削除制限後から分岐してるという制限があるからプロトコルレベルでうまくいかないわけです。プロトコルレベルで元に戻せる権利を有してるのはBSVだけで、来年2月にそれが実現します。


クレイグがサトシであるという証明をする気がないのは、実際の手段によって
人々が認めることによって証明するつもりだからであるとのこと
最近のBSVアプリの増え方でその手段に実際の効果があることが
実証されてきてますから。ビットコインSVは本当に今動いてます。

Craig S. Wrightは、有名なオリジナルのBitcoinホワイトペーパーと、ほとんどのオリジナルのBitcoinコード(バージョン0.1)の米国著作権登録を許可されています。重要な点として、米国著作権局が発行した登録は、ライトがホワイトペーパーとコードの両方の著者である(中本S氏の仮名の下で)ことを認めています。これは、クレイグ・ライトがビットコインの作成者である中本として政府機関に認められた最初の例です。4ヶ月後で異議申し立ては受理されてません。ライトはビットコインの作成者であることに加えて、現在、ビットチェーンSV(サトシビジョン)の形でのビットコインの大規模な採用に焦点を当てたブロックチェーンテクノロジーのアドバイザリー、研究、開発のグローバルリーダーであるnChainのチーフサイエンティストです

--------------------------------------------








2019年9月27日金曜日

来年2月BSV創世記、Metanetの講演動画 Dr. Craig Wright



来年2月BSV創世記、Metanetの講演動画

Dr. Craig Wright unveils game-changing Bitcoin project—視聴

https://www.youtube.com/watch?v=FdwGZo9chg8

CoinGeek London Conferenceでのクレイグの講演をYOUTUBEで視聴しました。
コインギークチャンネル登録者数も段々と増えてきてまして、
講演に来てる人数も多く開演時にクレイグに対する拍手もありました。



以下クレイグの発言のポイントまとめです。
来年のジェネシス(創世記)アップデートでは
・OPPUSHDATA4セットで基本的に4000トランザクション/秒にして
その後それを増やしてゆく。
・テラノードアウトして200万人を目指している。
・2.3年以内に200万~400万のトランザクションをセカンドピークとし
最終的に億トランザクションで第四次産業革命を始めたいと考えている。
・パスワードより安全な暗号化トンネルでモバイルIPをipv6で機能させる。

・新しいインターネットを作るためにグローバルIPデータトラフィックの
年々の増加も計算に入れている。
・メタネットはすべてを統合する取引台帳になる。
・検索エンジンも現在構築中である。
・取引履歴は改変できずにずっと残るので不正が起こらない。
・宣伝、アド類は全くなし。
・米軍サプライチェーン、ウォルマート取引、デジタル支払いTV、映画、
ゲーミングサイトなどを見込んでいる。

25分ほどの動画なのでこんな感じでした。
前半の方がわかりやすくて面白かったです。
個人的には来年BSVがブレークすればクレイグの講演会は 一時期のアップル、ジョブスの様相に変化してゆくと予想してます。 注目度が高くなればそうなるでしょう。

--------------------------------------------------
クリプトファイトがいい具合に仕上がってきてますね。
たぶん12月か1月らしいけど、動作ごとの頻繁な入出金
がある仕様だとマネーボタンより、フロートSVの人が
開発してるもののほうが良いかもしれないですね。
このゲームが無事にスタートすると本格的な
大きいサイズのブロックチェーンゲームが増え始めて
おもしろいことになると予想できます。

スキルツリー 儀式の石

スキルツリー2


----------------------------------------------------
PC部屋で寝てるウチのニャンちゃん


 Read the article, “It was useful”, “It was good” If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒

2019年9月25日水曜日

無料 eBook ビットコイン神話の短い歴史 要約

無料 eBook ビットコイン神話の短い歴史 要約



無料 eBook ビットコイン神話の短い歴史とういのが出ていて
ダウンロードして読めます。短いので30分程度で読めます。

ここからダウンロードします。
https://blog.bitstocks.com/bitcoin-myths-ebook-trailer


読み方ですが、
デスクトップにダウンロードしてグーグル翻訳のドキュメントで
PDFを開こうとすると、上限は10MBまでと出て開けないので分割します。
12MBですので2分割します。

https://www.ilovepdf.com/ja
このサイトのPDF分割にダウンロードしたPDFをドロップして
1-30ページを指定して2つに分割してそれぞれダウンロード
した後、グーグル翻訳のドキュメントで開いて翻訳すると
快適に読めます。ビットコイン、イーサ、BSVまでの歴史が
要約されててわかりやすい内容でした。以下要約です。

-----------------------------------------------------------------



ポイントを説明するために、この電子ブックでは以下について説明します。
•サトシに影響を与えた伝統的な金融システムの欠点中本がビットコインを作成。
•ブロックチェーン技術の仕組みとアーキテクチャ、明確にパブリックブロックチェーンは1つしか存在できないことを証明します。
•この真実を歪めた神話、誤解、操作破壊の絶壁に私たちを置きます。
•誠実で名誉ある背後に隠されている議題と詐欺響きの物語。
•ビットコインSVの紹介。持ち運びに最適なブロックチェーン腐敗の金融システムを浄化するというBitcoin Projectの使命を推進するそして正直で勤勉な人が公平にできることを保証するシステムをセットアップします彼らの作品から利益を得る。

•ビットストックの創設者、マイケル・ハドソン:クレイグ・ライト博士はサトシです…そこで、私はそれを言いました。

「ビットコインは太陽の光です。腐敗しているのは、酷い傷の治療法です。政府や犯罪グループからのものです。」クレイグ・ライト


ビットコインブロックサイズのバックストーリー

2010年に中本Sがビットコインの最初のバージョンを紹介したときブロックチェーン、ブロックサイズに制限はありませんでした。いくつかの「虐待」が試みられたためBitcoinの1つである1 MBの制限Hal Finneyの下で発生したブロックチェーンの最初の開発者は1 MBのブロックサイズ制限の実装を提案しました。の意図は、誰かが作成できる潜在的なDoS攻撃を防ぐことでしたネットワークを妨害する巨大な「スパムブロック」。
サトシは、ブロックサイズの恒久的な上限に反対しました。スケーリングするが、データストレージ容量がなくなるまで一時的に導入することに同意した。

★現在のBTCの抱えてる問題はこの時点での
ブロックサイズ制限を実装したBTCが基準とされてること
に起因してます。ETHやLTCもそこから派生してますから
同様の解決できない問題を抱えてます。
なのでBSVの最初のバージョンに戻す方向性は
間違っていません。拡張性と特許数、メタネットは
最初に意図した革新性を持っていて、ブロックチェーンの
頂点であると言えます。

データストレージはブロックサイズの増加に対応できるほど速く成長しましたが、Bitcoin Core開発コミュニティは、ブロックサイズの制限の解除に抵抗しました。セキュリティリスクが発生することを維持します。それまでの間、ビットコインネットワークは数万件の未確認のトランザクションでバックログされ、大幅な遅延と取引手数料の増加を引き起こします。

★サトシが開発コミュニティーから去ったのは
ブロックサイズの制限の解除に抵抗があったタイミングです。
いなくなった後にプロトコルを壊され現在に至っているが
それに気づかれずハッシュレートが巨大化した。
評価できるのはハッシュレートが高い為にセキュリティーは
高いってことですが、長期的には制限、搾取の為の
プロトコル変更をしてる。比較するとBSVより悪い意味での
集中化が行われて、長期的に見て進歩はありません。

セグイット以降も取引手数料の増加が解決できてないのは一時的に導入後に
Bitcoin Core開発コミュニティが0.1プロトコルを壊したからです。

ビットコインSVのスケーリングテストと実装は実証済みで
オリジナルのビットコインプロトコル0.1は明らかに壊れていませんから
修正する必要はありません。
オリジナルのビットコインプロトコル0.1には、イーサリアムをすべて網羅するユーティリティがありますできることなど。もっとたくさん!開発者は意図的に絞られて年間でその全容量を、ビットコインのフル潜在的な現在、元のプロトコルの復元により解き放たれていますBitcoin SV(BSV)コミュニティのガイダンス

内容が良いので、ぜひ読んでみてください。

あわせて https://medium.com/@_unwriter
mediumの_unwriterは最先端情報なので
読んでおくことをおすすめします。

Read the article, “It was useful”, “It was good”

If you think you would like to tip with the following Moneybutton ↓↓↓



2019年8月23日金曜日

(ΦωΦ)ビットコインハードフォークのおさらい

ビットコインブロックチェーンは2009年1月3日に開始されました。大まかには2回分岐してBTC、BCH、BSVと3つに分岐しました。ネットでハードフォークを調べると現在のBTCが本流であるとする図表とBSVが本流とされる2種類の図表が見受けられます。

僕は個人的にBSV支持ですし、自分の見立てでは
BSVを本流とする図表で正しいと考えています。
↓は、現在のBTCが本流を引き継いでるとされる図表です。



しかし、↓図表を見るとそうではないことが理解できます。
BCHに分岐した後でBTCはフィーが高騰しています。
これは元のビットコインに「Replace-By-Fee」や
「Child Pays for Parent」などを追加して改悪したからです。



僕はUNISOTが出してる↓図表が正しいと考えています。


取引所他の勢力図ですが、バイナンスはデリストしましたが、
BSVを扱ってる海外取引所は多いです。今週Huobiで扱うと
出てましたし、ハンドキャッシュ、マネーボタンがBSVに
ついているのは強いですね。インカムに繋がるアプリが
作られて広まってゆく前提が整ってるってことですから。
今日の情報では「Bitcoin」という名前を使用して
bitcoin.comを強制的に停止するという話も出てます。
後はカンブリアでアプリが充実して広まると、コインベース
やNICEHASH、日本の取引所がBSV扱い始めるかどうかですね。
BCHがのちのち劣勢になってゆく可能性はあると思います。


ビットコインフォークの歴史
2009 -最初のソフトウェアは、中本Sが立ち上げました。
2010 -中本は、ネットワークアラートキーとコードリポジトリの制御を Gavin Andresenに引き渡しました 。
2014 - ブロックストリーム社は、ソーシャルメディア上の「ビットコインコア」開発および開発者コミュニティの管理を追い越しました。多くはブロックストリームが銀行によって資金を供給されているという懸念を引き起こします。ブロックストリームと彼らのビットコインコアチームが激しい検閲を使用しているという主張もあります ソーシャルメディアで相手を黙らせます。多くの機能(OPコード)が削除され、他の制限がコードに追加されています。また、「Replace-By-Fee」や「Child Pays for Parent」などの多くの新しい機能が追加されています。
2017年8月-BlockstreamはSegWit実装でコンセンサスアルゴリズムを変更したため、元のBitcoinプロトコルから離れたフォークを作成しました。
現時点では、Bitcoin XT、  Bitcoin Classic、  Bitcoin Unlimitedなど、Bitcoin ABC  が率いる  多くのコミュニティ実装  が集まって、「Bitcoin Cash」という名前で元のBitcoinチェーンを継続しています。次に、たとえば「Replace-by-Fee」機能を削除し、ブロックサイズを8 MBに拡張することにより、Bitcoinプロトコルを元の状態に回復し始めます。

2018年11月-ビットコインキャッシュグループは、「チェックポイント」とCTORを追加してコンセンサスプロトコルを再度変更し、元のビットコインプロトコルから分岐しました。

同時に、BitcoinSV(Satoshi's Vision)は、元のビットコインプロトコルを継続し、Bitcoin Whitepaperに従って元の機能を回復し続け、ブロックサイズを128MBに拡張しました。

Bitcoin SVは、ブロックサイズを2019年7月に2GBに拡大し続け、1秒間に10000~15,000トランザクションをオンチェーンで提供します。最終的には無制限にし、市場に任せて決定します。


----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒




BSV最新情報2022年10月

BSV最新情報2022年10月 https://note.com/youiti2nz/n/n7710a850c853