TEST DE

2022年6月10日金曜日

BTCはビットコインの表示ができなくなる②

NOTEのBSVブログに詳しく書いてます。 https://note.com/youiti2nz/n/n5bedcffd701f ※ビットコインSVは今月中に日本の取引所で上場されます。 ビットコイン発明者であるクレイグライト博士は、「ビットコインコア」(BTC)がビットコインであると誤って伝えたとして、2つの通貨取引所(KrakenとCoinbase(NASDAQ:COIN))に対する請求開始ビットコインとしてBTCを宣伝することを制限する差し止め命令を求めています。 https://www.ontier.digital/post/bitcoin-creator-launches-ip-claims-against-digital-currency-exchanges ライト博士が13年以上前に最初に電子現金システムを作成したときに修正したビットコインプロトコルとBTCは別のものです。元のビットコインプロトコルに忠実である唯一のデジタル資産は、元のビットコインプロトコルのソフトウェア実装である「ビットコインサトシビジョン」(BSV)です。 BTC,BCH,BSVが「ビットコイン」という名前を主張していますが、これら3つのうち、 2008年のホワイトペーパーで中本聡が説明した元のビットコインプロトコルルールを使用しているのはBSVだけです。したがって、「ビットコイン」という言葉は、BSVのみを指すことができます。 デジタル資産BTCがビットコインプロトコルに厳密に準拠しておらず、ビットコインブロックチェーンにリンクされている場合、ビットコインではないため、そのように販売または参照するべきではないということです。 最後は事実が勝つと思う。 ビットコインの元帳SUの権利はクレイグ・ライトが持ってます。 ビットコインホワイトペーパーも著作権はクレイグ博士のものですし ビットコインとして機能してるのはBSVだけであり事実です。 10年以上続いてる10分間隔でブロック生成するビットコインマイニングの始まりはクレイグ博士のPCで開始され、 キーボードでENTERを押したのもクレイグ博士。 他はすべて偽物であり、機能としてWEB3のSNSはできません。 WEB3という言葉を認識する上で一番重要なのは 主催がユーザーデータを保有しない形に変化するという部分。 ツイッターはユーザーデータを主催が持ってる マスタースレーブ型のWEB2 BSVのTwetchはユーザーしか所有してないSNS で即時マイクロ受け渡しがあり、そのデータは BSVブロックチェーン上にあるので永劫に消えません。 BSV以外のNFTは偽モノと考えていい。ブロックチェーン上には存在してない。サーバー保存仕様だからです。 攻撃されると消失の可能性あります。 ブロックチェーン上にNFTがある本物はBSVだけなので。

2 Accurate “Bitcoin Protocol History Maps”

正確な「ビットコインプロトコルの歴史図」2選 2 Accurate “Bitcoin Protocol History Maps” https://note.com/youiti2nz/n/n868c268df85d