TEST

2019年5月25日土曜日

【George Gilder】 CSWはナカモトサトシ 【ジョブズより速かった!正確な予言者】



ジョージ・ギルダーの本
http://www.gildertech.com/georgebook.html
自分のコピペライブドアブログ
http://bsvdoor.blog.jp/archives/18528601.html

スティーブ・ジョブズ氏も注目し、当時周りに薦めていたそうです
1994年に「Life after Television」という著作で
テレビの全盛期が終わり、ネットワーク・コンピューターが主流の時代になる。携帯電話がコンピューターの主流になり、メール、ニュースを表示するようになる。財布の感覚で持ち歩き、音声を認識し、街中をナビしてくれるようになる と現在の状況をぴったり当てたGeorge Gilder氏がクレイグはナカモトサトシと言っている。正確には1990年出版本でも既にこれを予想していた。

① Gilder氏によると、ブロックチェーンの安全性と今後の機能拡充の可能性に多くの人が気づき、ブロックチェーンにデータが乗り始めれば、巨大データセンターを作る必要がなくなるという。また一旦多くのコンピューターがブロックチェーンで繋がるようになれば、「既存のサービスがブロックチェーン上で展開されるようになるのは時間の問題」としている

Googleのデータセンター担当重役はもう限界に近づいていて
投資対効果も小さくなってしまう方向であると発言している。
データセンターよりブロックチェーンのほうがハックされにくいし
投資も少なくて済む。

2018年のLife After Googleという著作では
空の上にGoogleのクラウド(雲)、Amazonのクラウド(雲)など数個のクラウドがあり、それぞれが大きくなって空を覆い尽くそうとしている。と思えば、一気に霧散。雲は水蒸気の粒となって空いっぱいに広がりブロックチェーンで相互に繋がる。そして見た目には、青空が大きく広がる。そういうイメージからGilder氏は、クラウドコンピューティングの次はスカイコンピューティングだと命名している。

↑このこれからのイメージは超重要な認識だと思う。

自分はこのスカイコンピューティング=メタネット(インターネット2.0)BSVブロックチェーンサーバーレスストレージだとイメージしてます。ジョブズが速くから注目した人の
言ってることを「トンデモ」と思う人は勝手にそう思っててください。BSVは実際
値を上げてきてますから

1994年の予測で的中しなかった予測は
 1.広告がなくなる、ということ。
 2.大企業ではなく人々が力を持つ、ということで
的中しなかったのではなく、実現まで時間がかかっている、というのがGilder氏の言い分だ。そしてこの2つの予測は、今回ブロックチェーンという新しい技術を得て、いよいよ実現することになるという。

↑この2つがBSVで実現する方向であると予測すれば、ピタリと符合してしまうという事実からもグレイグはナカモトサトシと考えても良い結論に導かれます。

この記事はAI新聞、湯川ってライターの読後レビューから引用してます。
が、この人BSVのビッグブロックからメタネットの流れと一致している事実は
指摘していないので、僕が重要部分抜粋してまとめました。どう読んでも一致してしまうので。それほど気がつく人が少ないってことでしょうね。僕はこの本は読んでないけど題名は聞いたことがあった。確か昔、有頂天のケラって人が何かの雑誌でしきりにLife after PunkRockと言っていて、ああコレのことだったんだなって感じで。


◎未確認速報 5/25
フェイスブックは2020年に「GlobalCoin」通貨の発売を計画していて
BSVで動作するらしい。BSV:フェイスブックの噂は数ヶ月前に
噂を他のソースでも掴んでいるので、フェイスブックがBSV選ぶ
事はありえると思ってます。

◎ヨーロッパでZeuxのApple Payが広まり始めていて
実際使用決済の動画が複数出てきてる。

◎日本の不動産会社(証券コード:6093)が実際に
BSVを選択し、ブロックチェーン登記サービスを開始。
ブロックチェーンを利用することで、ほぼ即時に登記され
24時間365日の受付が可能になり、また、直近の
登記申請状況の確認が可能となるなど、利便性が高まります。

↑企業での採用選択が始まっていて加速度的に
一気に普及していくと思われます。

BSVをパブリックチェーンとして選んだ判断基準
1.  プロトコルと、その周辺のアプリや実務家のセキュリティレベル
2.  既存の法的枠組みを尊重していること
3.  同時代の環境に適応する意思があること
4.  スケーラビリティーとフィー
5.  プロトコルの安定性

↑BSVはこの条件をクリアーできているからです。
BSVチェーンは広く実使用されゆく条件を満たしていて
実際に採用開始されてきてる為ビッグブロック化が
ブラフではなく実使用優先での開発がされてるからです。
これだけの証拠が出揃っている状態でまだクレイグは詐欺だとか
振る舞いが余りにも悪質なので排除されて自浄作用働いてるとか
言ってる人は最初に戻ってよく調べ直したほうが良いです。
悪質なのはBSVの強さを知っててその士気を削ごうとする
フェイクメディアブリッツのほうですから

あと僕は別に悪いことしてるわけじゃないので
プライバシーはあるならあったほうが良いかもしれないが
実名であることで不正やマネロン止まるなら
実名のほうが良いって健全な考えを支持します。

最近アメリカの次期大統領と目される人物ははっきり
仮想通貨を支持する表明をしていて、現在すでに人類はネットに依存して
いてネットが改善されることに対して異議を唱える必要はないと言っていて
方向はそれで正しいと僕もそう考えてるので

BitcoinSV(BSV BCHSV)のレンディング
https://www.youtube.com/watch?v=DSq8f2ip3ns
↑ここのスレタイトルとは関係ありませんが
僕はしがないユーチューバーで適当に動画出してますので
良ければ見てください。最近はBSV関連多いです。
6月半ばにオフクロが小猫もらうらしいので
来たらそれも出そうかなとか

現在5/25のタイミングで上記①の ブロックチェーンにデータが乗り始めるフェーズが開始されたと理解すれば整合します


これからはブロックチェーンにより企業、政治の
権益、力が民衆に降りてくる方向性であってほしい








2019年5月7日火曜日

【未来予則】全世界のこれまで、未来と仮想通貨【Bitcoin0.1】

まず今の世界の僕の見方を。数年前にニューヨークで
We are 99%という大規模なデモもあったのは覚えてますか?
やたらアップラ-ぽい人多くて議論に前向きな感じを全面に出して
若干カオスもある感じになっててヒラリーさんのキャンペーンも
してた時期でもあり興味深くはないけどまあそういう感じだった。
そのもっと前に金そのものに対する小規模デモがロンドンで起こっていて
残念ながらその頃は仕事が忙しくて印象強くて調べなければと強く思ったけど
じっくり調べることができなかった。ロンドンの大規模デモのほうは屋根の兄ちゃん姉ちゃん等で始まる動画あって集団行動のバイアスでわさわさしてて楽しい感じでよく見返したりしてます。1%の大富豪や企業、軍産複合体、イルミナティー、つまり世界には主催側がいて彼らがすべてを支配して税金においてもケイマン諸島など経由で優遇されて‥‥ってやつです。昔これを憎み断罪しようとしてマジで組織化してしまった場合にナチス、ヒトラーのような事が起きた。条件は誰かが流通を故意に止めて大恐慌を起こすからです。犠牲者等はたまったもんではないですわね。第二次大戦は産業革命のフィードバックで、国際金融資本も確かに強欲な一面もあり、ドイツの科学力の尋常でない進み具合があったからで結果は人類が車、テレビ社会になって一歩進んではいるってことです。現代は戦争はなりをひそめて平和維持できてる前提で情報社会になり、情報が発達して正確であることがその一因でもありますね。でもこれはね。しかたがないと思うんですよ。なぜかと言いますと、数年前に世界一の大富豪の人死んだ時にググって語録があってひとつだけ否定できない事実を言っていて、それは金を儲けて再投資して複数を雇い、その家族を幸せにすることは誰も悪くは言わない って部分でした。だから1%は結局再投資に誠実であるから金持ちになれるし、再投資によって世界がデフレぎみになってる。日本でリストラ増えて、派遣増えてニート増えたり資本主義社会の中産階級に金が回らなくなったのは何も日本だけのことではなくて世界同時に起こった事で理由を考えてみるとただ単に人口が増えたことと世界平和を維持しながら抑制して運営することを考えるとそうせざるを得ないということだと思います。ま電気水道ガス無しのカラカスなんぞでは死を待つ老人スケルトンのようなエコい人等もいる。



Gilder教授の考えは正しいと思う。
AIはロジックマシン、人間は感覚プロセッサー(客観を含む意識)
だが産業はロジックマシンとしての研究しかしていないから
シンレギュラリティーで人間を超えることはまだ難しい。だから
次の進化は、ブロックチェーンを使って人間が機械を支配し、
機械は頭のいい奴隷として人間に仕える時代になる
という考え方に賛同します。それで人類が自由になるわけでは
ないと言われればそうですが、僕は貧しい人すべてを裕福にして、エゴに
よって金や資源消費しすぎる場合にペナルティーあって、
金はみんななんとなくあって競争もあるっていうような社会
をぼんやりイメージすることがあるのですが、ブロックチェーンで
起こってくる良い未来像の選択肢に投資するのは良いことだと思ってるし。
今の若い人達や自分の無欲さを考えると個人のエゴも薄くなってきてる
トレンドだから50代の僕達から上の世代が死んで居なくなってから実現
してくる世界なのかも知れませんね。僕は今の世界の腐敗や虚飾や差別
がなくなって今よりも少しでもみんなが自由を感じて幸せに生活できるような
健全な社会が改善されて到来することをイメージしてるだけです。
政治家もいなくて匿名不可なほうが良いならそれもいい変化
になるならそれで成立すれば良いですし
ざっとした考えで楽観視してます。

だから今僕らが損したとしても今の子供達が享受できれば意味有ることだし、
損はいとわないけど前倒しできるなら嬉しいって程度な考え方です。僕は。


-----------------------------------------------------------------------------

資本主義社会とその他の独自文化の国という図式で考えると
1対1の比率で50%しか取れないんですね。たとえ戦争を起こして
全部取ったとしても、その時だけで長期的に見れば50%に戻る運命ですね。
ニューワールドオーダーにしてもそうですね。僕はインドしか行ったことないので、インドの社会を見て感じた事しかわからないのですがインドは共産主義的資本主義という感じでイギリスから資本主義を強要されても自国でメシは食える国で文化も長い伝統があってそれに対してのプライドがあるから受け入れるところは受け入れたという感じにしか見えなかった。そんな強欲じゃないですね。インドは混沌としていてわかりにくいこともありますけど。イスラムの人も多いですし、彼らはユダヤ人との対立で銀行を頭から信用せず、イスラム教のラマダンの習慣は実際に健全になって良いものだと思うし
それに対して資本主義社会側からの強要したところで無理やと思うし、
ロシアも大国だしどう持っていっても50%までですね。

だから世界は単純に二分の一、50%で説明できますし、そういう理解です。
アメリカのドキュ映画クイーンオブバーサイルズって映画は知ってますか?
僕の独自解釈ですけどあれベルサイユ宮殿は約半分の完成で止まってるでしょ。
暗にフランスを揶揄してるかもしれないし、それを象徴的で偶然か故意かは難しけど象徴的であると考えませんか?彼らは50%という事は己でよくわかってると解釈もできますね。パックス・アメリカーナとは言うけどアメリカの本体にはそういう知性と抜け目の無さあるって事でしょうね無限に金を持っている者同士の対立で考えればわかりやすいです。善と悪の対立、反対意見を持つ者同士の対立虐める側いじめられる側でもいい。単純に見たままの2分の1なんですね。マーチンを無限回数試行した場合は50%。ルーレットで最初の一回で勝ち逃げだとその時点では勝ちですが生きてる以上その後やらないという保証はないので、ほらボブ・ディランの有名曲にあるでしょ?ルーレットは回り続けてるんだしだから、終わったとか駄目だ。自分は勝ってる勝者だと言ったとしても同じことですね。ビットコインのブロックチェーンにおいてはこのギャンブル破産問題式を応用して無限のお金を持ったギャンブラーが劣勢から始めて引き分けに持っていける確率計算式から、バイオノミナルランダムウォーク理論やポアゾン分布を使って式を変形してる。この計算式からブロックチェーンでは簡単に言うと誠実側がCPUパワーで上回っている条件にするとブロック2個で10%、5個で0.1%以下となり改変のチャンスはほぼなくなるという事らしい。BSVはビックブロックで大きいブロックを参照するっていうのは知ってますがブロックの大小での確率変化はよくわかりません。BSVもブロック数は多くなってる事やBSVは低性能はいらないって発言から推測するとまず改変の確率は低いだろうと思われます。


2分の1という事で少し考えた事は

A:マカフィーその他のウイルス対策ソフト主催は金を払わなければCPU100%にする攻撃を自らで加えて、パッチを売るという方法で商売していた

B:それに対する対抗策としての暗号保証によるブロックチェーン解決においても
マイニングでCPU100%になり使用者から少額を取る

という結果似たような図式になるゆえ、その長期投資金額が経済ルールが同等であるなら同じ事ではあるが、クラウド2.0でもあるサーバーレスブロックチェーンストレージの方向性が前者Aにはない。BSVが失敗すれば仮想通貨自体の失敗と発言する人に言いたいのは、失敗してもその方向性自体はもうはっきりしてます。何度でも蘇ってそうなっていかざるを得ないし必ずそうなりますね。ガソリンエンジンで走る車ができつつあるのに馬でいいという状態は続かない。原発にしたって核融合他で安全にできるならそっちが良いんだし。

僕の予想では旧来インターネットとサーバーレスインターネットが半々になる状態は良いのではないか というのは、人間は間違う生き物ですし間違いをアップロードした場合に訂正はしたいわけです。で、下書きを旧来インターネットで100年後に残しておきたくて誰にはばかるものでもないという自信のある本書きをサーバーレスインターネットというのは良いのではないかと予測しました。いずれにせよ100年後の人見てこの時代の人はこういう考えを持っていたんだって伝わる事は悪いことではない。需要は別にして未来においての誰かに貢献する可能性を残せるって事が重要だと考えます。たとえば何もない田舎の島での農業、漁業においての子孫に伝えておくべき伝法情報は残ったほうが良いことは否定できないだろうし、改ざんによってAIが正しいビッグデータを収拾できないんなら改ざんできないソフトストレージは必要なんで。


BSVを買って安全に保管したい人は日本の取引所から
FloatSVにBTC送金してBSV/BTCを買いPCのElectrumSVに送金で
間違いないです。FloatSVのセキュリティーは他より硬いので
現在はPOLOで半分レンディングしてます。
こないだPOLOのレンディングでトラブルあって
レンディング口座のBTCはすべて影響うけると書いてるHPありましたが、
BSVは全く影響ありません。トラブル後にElectrumSVにBSV送金しましたが
間違いなく着金してます。貸したBSVも確実に増えて返ってきてます。
たぶん影響うけたのは、CLAM/BTCを持ってる16%で
他には影響ないと思います。とにかくBSVは問題ありません。


消去法で確実安全を選ぶようにしてるので。ハンドキャッシュ入れたいけど
もうちょい様子見です。

BitcoinSV(BSV BCHSV)のレンディング
https://www.youtube.com/watch?v=DSq8f2ip3ns



----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒











2019年5月6日月曜日

 クレイグ・ライト インタビュー重要部分抜粋




クレイグ・ライトインタビューの重要部分抜粋して
自分なりに翻訳をわかりやすくしてコメントを加えました

高校生の時、オーストラリアのブリスベンの証券取引所でしばらく働いていた。
  
  ↑経済に対する素養がある

90年代からの問題は、人々が詐欺の記録をすべて削除したことでそのうち1%か2%しか刑務所に行ってない。不正な理由で銀行システムが使用されていることに関して、この問題がたくさんり、不変の証拠証跡があると、物事を追うことができ、人々を引き上げることができ、彼らはそれを隠すことができません。
  
    ↑エンロンなどのポンジの証拠、はスケールブロックスペース
    の中に存在していれば改ざんできない証拠となって残る。
    エクセルのハックや、たとえばこのクレイグインタビューの抜粋も
    サーバーに依存しているために重要部分を逆に改ざんされる可能性があり
    注意して読まなければいけないなどという事がなくなる。
    少額支払って安心できるならそっちのシステムが良いに決まってる

私はBitcoinの経済学に関する論文を持っています。それは基本的に、ゲーム理論でマルチリーダー、マルチプレイヤーのスタック可能なゲームとして知られているものです。それは競争力のあるシステムです。

   ↑資本主義的

はい、私はビットコインを作成しました。はい、助けがありました。 90年代に私は会社を経営しました、そして私には人々が私のために働いてくれました。

   ↑90年代からビットコイン作成を念頭に置いていたことは
     クレイグの年齢でないと辻褄が合わない

2007年、2008年Daveと私はかなりの数の紙と本、そしてそのようなことすべてに取り組んだ。WPには部分的に正しい17の異なるバージョンがあり、デイブに編集を手伝ってもらった。

    ↑クレイマンは有能で信頼していたようで、編集は苦手だと他で読んだ

ビットコインのアイデアはマッカーサーのために働いた祖父のMarconi School of Wirelessでの人脈でデビッドリース教授の初期の数学的プログラミングシステムから発想を得ている

    ↑クレイグを否定する人はこういう話すべてが創作であると判断
    するのだろうか?創作無理な実際にそうでなければ語れない話
    だとは思わないのか?

特許に関しては抑制処理が実際に行われているため、すぐに公開する必要はありません。私達は私達の弁護士が私達の特許の公表を隠すようにそれらの上に他の事を造る少し時間を与えるように私達に教えてくれたたくさんのトリックを使用する。さて、そこで考えたのは、すべてを構築して適切な場所に配置し、ひそかに作業することでした。これは、内密に作業している。

    ↑特許は取って先に作ってゆく方針

当時Bitcoinで支払いができなかったからbitcoin.com…bitcoin.orgドメインを実際に購入し、bitcoin.comは購入せず、Satoshiの電子メールアカウントの料金を支払ったクレジットカードの明細書があり、証明は簡単です。銀行の明細書やクレジットカードの明細書、そしてこれらすべてが揃っています。そして、あなたは知っている、銀行は25年間それらを保管しなければならない。だから私はそれらを不正に変更することはできません。銀行は声明を発表し、裁判所はチェックします。それでおしまい。もちろん、あなたが政府と銀行が私をサトシにするために共謀しているという全体の陰謀論を持っていない限り。しかし、違います。

    ↑オース政府に誰かが圧力かけて虚偽を示さない限り証拠は持ってる
     

Conman John McAfeeはお金を支払わなければ攻撃でPCに100%負荷を与えるという方法で商売してきたのでインチキである。その彼の発言によって価格を引き上げ、人々に貯蓄と投資を行わせるBinanceのような会社がすることが2つあります。 1つは、市場操作と洗浄取引です。これにより、大量のポンプと不法投棄、その他すべての不法在庫操作が行われます。それで、彼らは基本的に、発表前のことをします、そのうちのいくつかはそこにあるConman John McAfee氏が詐欺として助けます。これが彼らが私に話をしたくない理由、彼らは私を黙らせたい理由です。これは犯罪組織だからです。これらの人々がすることは彼らが世界中からお金を取り、彼らは彼らのシステムを通してそれを汲み上げそしてそれが銀行業界で迷子になるように犯罪マネーロンダリングシステムでもあるテザーを通して引き戻すことです。

    ↑マネーロンダリングは正されるべきという健全な方針

すべてのCZとConmen Johnsが数秒でつかまって20セントの刑を執行し、10セント分のお金を盗むシステムを想像してみてください。代わりに、私たちが今持っているのはこのConman Johnの状況で、彼は何百万という人々を、彼らの規制なしに、知らない貧しい国々の人々から奪うことによって、無実の人々から盗んでいます。私はお金を稼ぐことを目的としていません。

    ↑大金をせしめる人達と比較すると

WP、ホワイトペーパー0001はブロックチェーンを使用する総勘定元帳でした。それで、私がこの分野で実際にやったのは私の最初の特許でした。これにより、勘定科目表をマップし、不変の方法で勘定科目の作成を開始できます。つまり、何かを変更する必要がある場合でも可能ですが、不変元帳で変更する方法はそれらを削除しないことです。

    ↑削除、操作は原則としてされるべきでない

つまり、これらすべての業界が競合する段階を経て、いくつかの業界が一掃されることを意味します。生き残ったすべての人にとって、100はありません。つまり、構築しているもの、つまりスケーリングされているもの、それがまわりにあるものです。

    ↑いつの世も100は取れないってこと

----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good” 
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒







2019年5月5日日曜日

今日5月5日 BSVニュースに対する反論

今日のBSV価格は現在5950円で、最近は5800円~6100円までのレンジで
推移してますね。平均で5950円ってとこで去年11月のHFでBSV開始された日の
最安値が50.68ドルなので特に下がってる感覚はないのであまり気にしなくて
良い感じです。まあ上がってくれたほうが嬉しいけど

6/23追記 BSV順調に上がってますがまだBTCにつられての依存上げではありますが
BTC次第で5万超えはありえます。
50.68

Vitalik Buterinは、Bitcoinより先にSchnorrシグネチャの実装をスケジュール
したことでBitcoin Cashを高く評価します は逆で読んだほうが良い。

時価総額に複数の数字がある限り、BSVは依然として過大評価されているようです。
ビットコインの現金では、現時点では実際に過小評価されていると思います。
↑↑↑
BCHは過大評価されているようです。
BCHの2018年12月15日の底値はわずか【77.37ドル】であり、その時点での時価総額は
わずか1,354,857,549にすぎません。

最近のBitcoin Cashのフォーク(Bitcoin Cash ABCとBitcoin SVに分かれています)が
Bitcoin SVコミュニティを「抹消」したため、彼はBitcoin Cashコミュニティが「健全」になった
と付け加えました。具体的には、彼は述べました:
「もしあなたが実際にコミュニティをフォローしているのであれば、
彼らはBitcoin SVの人々を排除して以来ずっとずっと正気になっています」
↑↑↑
抹消、排除すること自体おかしい。逆にBitcoin Cash ABCの書き込みの少ない
Bitcoin SVは健全だが抹消、排除などはしていない。だからデリストはフェアーな行為とは言えないしその排除すべき根拠が怪しく民主主義的でもなく独善的でそれによって
単にBCHの値を上げたい為の発想である事


Bitcoin CashからBitcoin Cash ABCとBitcoin SVへの分岐は、2018年11月に行われました。
当時、これは暗号コミュニティの注目を集めていました。Roger VerとJihan WuによってサポートされているフォークのABC派閥は、Craig WrightとCalvin Ayreによって支援されている派閥よりもかなり優れていました。
↑↑↑
じゃあなぜ Bitcoin Unlimitedの主任がいなくなったのか?
これは排除ではなくBCHの開発に行き詰まって自分で出ていってますね。
シュノア署名は実装が複雑すぎるセグイットのソフトフォーク(2Mまで)
前提でしか導入できず、後々問題が起こる可能性が高いし、ビッグブロックスケーリングできないからインターネット2.0に繋がっていけない仕様であり、送金手数料が高くなり、
元々それによって搾取しようとする目的がある。その頃のBitcoin Cashコミュニティで
32メガ以上は伝搬が無理で実現できないという書き込みをたくさん読んだが
128メガで無問題であることはnChainのほうが有能であった証拠である。
コミュニティーで未確認な嘘を書いていたほうが不健全で排除されるべきはないのか?
またBCHはBSV以上に再編成(Reorg)が起こる可能性がきわめて高く5月15日にBCHで
再編成(Reorg)やその他問題が発生した場合それが確定することとなる。

それと、もう終わったデリスト、上場廃止を今日起こった事のように
ツイートするのはやめてください。
ビットコインSV上場廃止相次ぐ←別に相次いでませんし、数日前
にデリストの動きは完全に停止してますし逆に増えます。
5/23 バイナンスなしでも完全に値戻ししたことで
決着付きました。これ日本円のチャートで見ればわかりやすい。

FloatSVはBSVサポートしてるので
規模は小さいけど信頼できるのでここで買うことにしました。

今日またBitcoinSVのブロックサイズがBTC超えてますね

----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good” 
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒


【NICEHASH】 マイニングの事 【Cuckatoo31+】

NICEHASH使用したGPUマイニングで【Cuckatoo31+】というアルゴリズムを選ぶことがあったので調べると、5月に入って【GRIN】という新ASIC機種が発売される予定になっていて一日の収益が400Wで41ドルある。4月にはまだasicminervalue.comには掲載されていなかった。
で調べてみるとBeamとGrinというプライベート系の
コインでBeamは2018年9月にテストネットを公開したコインでいずれも
匿名と新アルゴリズムでモネロを進めたパターンですね。
プログラミング言語BeamはC++、GrinはRustでRustはまだ10年目の言語で
まだ脆弱性がある。txサイズを小さくして新言語、アルゴ、ミニブロックを効率よく使うことでアドレスを追跡されないアドレス代わりの文字列を使用するという形式で
アドレスがないという点はアップルカードと同じ方式なので興味を感じましたが
ウォレットにコマンドが必要というのでは普及は見込めませんね。
このBeamとGrinというプライベートコインを例にして問題点を考えてみると
匿名コインというのはマネロンで使用したい需要があり、根強く残ってゆく
可能性はありますが、大きくなると問題にされて潰されてまう種類の通貨
だと思います。大きな問題は開発側がプロトコルを変えることができたるという
点で集中型で主催が50%以上持っていてマイナーが分散されてないから集中型
という事を指摘したがる人がいますが、プロトコル変更ができるという事の集中事ほうが
問題は全然大きいですね。最初の2年のみデュアルPoWとかいずれ導入される便利
になる機能を宣伝するのはわかるのですが、それはプロトコルを改変する必要が
あってhfに直結する可能性が高いことです。bsvにはその恐れがないことと、
実装によるスケールだから無理がないです。BeamとGrinの場合は最初は
いいですが結局TPSを上げるためにはレイヤー2スケーリングを導入する必要があって
それは実装ではないから劣った体験の結果をもたらすことにしかならないですね。
ミニブロックはレイヤー2スケーリングに至りそのことが原因でHFやうまく機能しない
原因となる。また、ウォレットの出来しだいで消失の恐れがあります。
匿名系のコインは乱立しすぎていてほぼ売り逃げ目的のスカムですので
長期的にはダメになるものと考えておいてもいいかもしれないので
投資する場合は気をつけてください。収益は新通貨を発行した直後だけで
いずれにせよ下がってゆく設定はどれもかわりありませんので

でマイニングの事ですが、必ずGPU使用してNICEHASHで掘ってると定期的に
見たことのない新アルゴリズムに変わる事があります。1年以上動かして観察してれば
気がつくと思います。Cuckatoo31+というアルゴを見たのは一月ほど前から
だったかな。よく覚えてませんが、必ずASICより先行してNICEHASHで掘ってる
アルゴが変わって掘れ高が上に変化する。まあ今はBTC上がってるのでその影響で
値が高い事も考えられますが。でGPUがCuckatoo31+掘り始めた時にはもう
ASICも先行して掘ってるわけです。でもその時点ではasicminervalue.comには
情報が出ません。今回の例では今日か昨日あたりでasicminervalue.comに
GRINの名前を冠した新ASIC機種が掲載されて、必ず発売は3ヶ月ほど後の
設定になっています。今注文して届いた8月には5月に日収41ドルあったものが
たぶん半分ほどになってASICの値段も下がってると思います。逆に収益上がるケース
はほぼないですが、その場合はASICの値段は上がってます。製造元が3~6ヶ月おいしいとこ取ってから一般に売り始めるってパターンです。しかも製造元はチップを選別して
エラー率の低いPASS品を使用し一般向けはエラー率の高いFAIL品を販売する。
もしくは使用後の中古で販売したり。
アルゴによりますし、運もあるけど、一年後は良くて日収5ドルから0.1ドル程度に下がって電気代ぶんでBTCが入ってくるという状態になると思います。まあでもいちいち日本円振り込んで仮想通貨買わなくてもBTCは増えるという状態はできますからそれを良しとするかどうかですね。BTCがまた激上げしたら状況変わるかもしれないですけどね。
BTC100万超えればすぐ掘れ高は倍に上がりますからね

とりあえず僕はマイニングで溜めたBTCはそのままで溜めておくか
TUSDにしといて、タイミング見てBSV買うって方法でやってます。
今日収は600円ほどでBTC上がってる割に上がらないですね。

GPU2種類ほどでNICEHASHで掘っとくと上記のアルゴのような
確認でトレンド掴むことができるのでその目的で掘るのも良いかもしれません。
NNIICCEEHHAASSHHHで注意することは今はNiceHashMinerLegacy v1.9.0.20
使用したほうが掘れ高が高い事で2.0や3rdパーティーオフで掘ると
半分の掘れ高になります。仮想メモリ-が足りなかったりすると不調で
止まりますから設定しとくことと、win10のアップデートとディスプレイドライバー
の更新は必ず欠かさず同時のタイミングで行い再起動かけて
正常動作の確認をすることです。そうしとけばwin10とNIVIDIAでは
不調はあまり発生しませんが、NiceHashMinerLegacyが更新されていた
場合にwin10とNIVIDIAの更新はまだという条件においてバイオスレベルでGPU認識しない不具合が起こることがあったが、試行錯誤すれば必ず解決します。
GPUは滅多なことでは壊れませんから接続を疑うのは上記を試してからを
おすすめします。ハードよりソフトの問題が先であることがほとんどなので。
ASICでは問題は起こりません。あとNICEHASHの送金は手動なため
NICEHASHのウォレットに振り込まれるタイミングでのみTXIDが発行されます。
だから夕方がほとんどですが、そのタイミングの直前かかなり前に送金作業
しておけばペンディングがそのタイミングでTXIDに変化するという具合です。
少額ですと送金条件を満たせないのである程度溜めてから送金したってます。
このことや更新が原因で送金予定が後に伸びることがままあるので頭に入れておく。
気をつける事はそれだけなので簡単です。
今はBTC上げてるから溜めといたら増えますけどね。

----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒



2019年5月4日土曜日

【クレイグ・ライトは中本聡2】




理由は他に適任と思われる人物が存在せず
それをググっても全くヒットせず、クレイグを詐欺と決めつける情報
を発信する人の根拠、論拠、特徴としてその人物を特定しないからです。ロシア系のサイトで初期オピニオンリーダー達の経歴をまとめたHPがありましたが、登場時期がクレイグより遅い人ばかりでイーサリアムのヴィタリック・ブテリテンにしても構想は2013年からなので2000年代に既にインテルの科学者と面会してるクレイグ・ライトと比較すると全く後発なわけで、知識セキュリティーに関してもクレイグと比較するとプロフェッショナルではないですね。セキュリティーはいちばん重要なポイントですから。プログラミングに関してはクレイグはコーディングできないから中本聡ではないというのは、配線ができないから建築家ではないというのと同じです。クレイグ・ライトの祖父は実際にラジオの発明者であるマルコーニのもとで研究し、第二次大戦時に暗号通信分野で日本軍を撤退させた功績を持っていてこのことからも発明家の血筋であることは間違いない情報です。ほら数学のできる人は暗号が頭の中で見えるって映画であったでしょ。功績としてはエニグマ、チューリング発明者と同等の仕事をしていたということです。またチューリング発明に関わった人物はPCの基礎を発明したわけですが、死ぬ前にマイクロソフトのウィンドウズはまともに使えなかったという話もありますね。セキュリティーの専門家としてはクレイグと関わりのあるクレイマンしか適任と言える人物がいないことを考慮して考えるとそう考えざるを得ない結論になります。また、クレイグのビットコインに関する知識に間違いはなく、耳を傾けるとその理解が深まる事は事実であるからです。クレイグをフェイクトシと表現してそれを信じる人達の根拠こそデタラメであり弱いと感じてしまうからです。だから、クレイグをフェイクトシとレッテル付けすることに洗脳された人達っていうのは否定情報が先に頭の中の先にきてしまうのでクレイグ・ライトの発言の矛盾を指摘するばかりでその発言から学ぼうという姿勢が感じられません。またフェイクトシと最初に呼び拡散した人達の目的というのはそう呼ばせる事で偽の旗を立ててクレイグの発言を読む人にまず最初に否定的な情報を与える事でビットコインに関する知識を増やす事を妨害したいという目的しか感じられないからです。現状では攻撃することによって値段を釣り上げたいのでしょうが、それは長くは続かないと思う

またサトシがニックサボという意見は自分は違うと思います。
多方面には精通しておらずWP完成させる能力あるとは思えないので

最近出たこの記事でもいつものごとく否定情報が出てますが
https://bitcointalk.org/index.php?topic=5149062
特にブラックネットのくだりは本人でも7年後なら文体や
部分変えるのは仕方ないしそちらのほうが自然なことですから
あなたがその立場でWPを仕上げようとしていて7年前に書いたもの
の不備あれば訂正することは普通ではないでしょうか?
7年ずっと研究してたらハード、ネット環境も大きく変化しますし、
単純に完成7年前の内容は完全には完成してないわけだから完成した
WPと内容変わるのが普通じゃないですか?それも理解できてないってことでしょか?
要するに、否定したい立脚点の人が些細なことを根拠に否定してると
しか感じられないわけです。古いデスクトップウォレットには
ロゴが必ず入ってた事実のほうがよほど重要なポイントであるのに
その事実にはいっさい触れないのは、みんなの仮想通貨で8位の
BSVを時価総額ランキングやチャートも表示しないスタンスと
同じに感じてしまうわけです。独善的でフェアーなやりかたではない。



------------------------------------------------------

今調べてるのは夏にローンチするAppleカードの事で
たぶんZEUXにリンクしてBSVが使用できると思う。
幸いにもBSVはZEUXがサポートしていてアップルペイに
対応しているので、夏頃からニューヨークの地下鉄で
大々的に使用されるそうなので、そうなると、現時点で
アップルペイに対応していて処理能力も上がっていく
条件を持ってるBSVは強いです。モバイル決済[Zeux]は
Bitcoin・BitcoinSV・Qtum・IOTA・NEOをサポートしていて
元々コインギークと深い繋がりがあるようです。

ZEUXさっきインストールしました。招待コード待ってる状態です。
4月の終わりにPLAYストアーでひっそりとリリースされてました
日本で説明してるサイトはまだない状態です。

YOUTUBE   【 How to buy a coffee with Zeux + crypto 】
BTCで30秒みたいだけど広まるとBTCは詰まってくると思う。
これ招待コードがまだ届きませんね。日本はもう少し待つ事になるのかもしれません。コレ穿った見方をすると招待コード=使用人数抑制できるという事も考えられますからそのへんはどうなのかという疑念はありますが、ヨーロッパで一気に大々的使用⇒bsvを選ぶ人が増える事によってbsvチェーンのハッシュレートが上がってゆく。その後アメリカでの日常決済での使用、ゲームでのbsvチェーン使用で両側からハッシュレート上がって最終的に日本でホワイトリスト入りするしか選択肢がなくなってくるという変化が起きてほしいす。個人的にはでそこからインターネット2.0(メタネット)移行が開始されてネットでのマイクロペイメントの日常化という流れ

追記 5/27に招待コード届きました!

◎BAKKT にもbsvはリストに入ってました。

私たちが知っているインターネットは、サーバーが時代遅れになるにつれて、
そして過去のものとなるとすぐに崩壊するでしょう
自動ポルノの件に関しては上げる前のフィルタールールが整えば問題ない。
それより問題なのは今のネットはサーバーに依存していることによって
サーバー管理者による操作が可能でイカサマができてしまう事のほうが問題は
大きい。逆に不利である情報を削除し、悪い情報だけ出すというようなことを
していても罪に問われず、それによって金儲けがまかり通ってしまうという
現状のほうが罪は大きいので、これは長期的に正す方向へ進むべきである
という考えからブロックチェーンでサーバーレスの方向で良い。
薄々誰もがそう感じていて遅かれ早かれ表面化してくるのではないか。
それがブロックチェーンにより可能になってきてる事実こそが重要。




Drive Marketsは、暗号通貨と金融通貨のリアルタイム送金および決済ネットワークであり、Drive Payは、Bitcoin SV(BSV)元帳で運営され、BSVコインを使用すると発表したプレスリリースによると、流動性のためのブリッジ通貨。Drive Payは、資本市場や外国為替市場のトレーダーをターゲットにしたクロスブロックチェーンのプラットフォーム。First Payは、Pay PayネットワークがBSVブロックチェーンで大量のトランザクションを処理し、さらにBitcoinの真の力を発揮するのを楽しみにしています。Drive Marketsは、「外国為替取引と同義の暗号取引の経験」と書かれていて 【Pay Pay】 の名前が出ていた。



◎来年または2年後のメタネットの為に開発が開始されるのは、
新しいブラウザ、新しいアプリケーション、新しいWalletで
その後何年にもわたって、残りのインフラストラクチャの構築を開始
1秒間に約300万のトランザクションインターネットとTwitter、そして他のものはすべてBitcoinSVになる。それは、コストが下がるにつれて、そうすることがますます有益になるにつれて起こるその条件は、不変のレコードストレージが実際にあること。この条件をクリアーできる可能性を持ってるチェーンはBSVのみです。WP、ホワイトペーパー0001は、ブロックチェーンを使用した総勘定元帳で クレイグが取った最初の特許
https://www.finder.com/dr-craig-wrigh...

https://gotsatoshi.com/?from=body
中本智の謎を解き明かし、彼の本当のアイデンティティーを明らかにする新しいサイトがインターネット上に登場 とあるがここはクレイグ=サトシを否定しようとするサイトかもしれないのでまだわからないですが注意しときましょう。ここを見なくても自分は丹念に検索して調べた結果でクレイグ=サトシとする事実をブロガーで書いてますので。こっちを読んでください。もし否定ならディスインフォメーションなので自分は無視しますね。
【サトシ・ナカモトはクレイグ・ライト】
https://bitcoinsvp2p.blogspot.com/201...

◎人々はBitcoinについて聞いたことがあるが、BSVがBitcoinのオリジナルのデザインに続く唯一のブロックチェーンであることをまだ理解していない。あらゆるレベルの小売業者および消費者にとって、BSVは低い取引手数料で迅速な世界規模の支払いを可能にします。BSVのブロックチェーンが世界のデータ元帳になるように大規模に拡大することを大企業に教育しており、企業はこのエキサイティングなテクノロジーバックボーンの上でアプリケーションを実行することができる

ビットコインSV(BSV)のブロックチェーンにおいて、二つのブロックの再編成(Reorg)が確認された。二重支払いはされていないが、こうした状況を受け、BSVは決済に向かないとの意見も浮上。15日のBCHのほうが再編成(Reorg)のブロック数が大きい推測が出てますから、BSVは決済に向かないという部分はディスインフォメーションですね。BCH、BTCはBSVよりさらに決済に向かない。さらに他アルトはそれより下ってことです。二重支払いはされていないという事が重要です。

◎5月29日に開催されるCoinGeek Torontoに
日本SBIグループのゼネラルマネージャーが出席するらしいです。
コロンビアBSV決済サービスBitek.coという取引所のCEOは
熱烈なBSV支持者で南米、スペインでBSV拡大をサポートしてる

あと、僕から見るとロジャーバーは嫌いではないですけど
なぜロジャーバーがビットコインゴットや父などと呼ばれて
クレイグがフェイクトシと呼ばれたのか理解に苦しみますね。
クレイグやクレイマンに与えられるべき称号であるというのが
本来の筋ではないでしょうかね。クレイグは天才特有の自閉的な特性や癖が
あって損していることと、クレイグがビットコインを発明して
初ブロックチェーンを走らせた神のような存在であることは別だし
それにBCHがBTCからハードフォークした時点から去年11月まで
の期間にBCH陣がBSV陣営に賛同してれば合わせたハッシュレート
維持できてたってことでしょ?攻撃されるべき対象は普通に考えて
BCHのほうじゃないでしょうか?





---------------------------------------------------------------------

随時更新してるのでBSVに興味ある方はチェックしてください。
仕事中と睡眠時以外はずっとbsvについての情報調べてますので。
というか去年の10月からずっと調べてます。
今は休暇中で明日まで休みなので随時更新してます。
が仕事始まると疲れて更新止まるかもしれませんが、
できる限り更新してゆく予定ですので、よろしくおねがいします。
ちょっとサボってたら5/22 朝BSV↑で







【サトシ・ナカモトはクレイグ・ライト】

Bitcoin SVは、元のBitcoinプロトコルを復元し、安定性を維持し、大規模化を可能にします。Bitcoin SVは、2008年に中本聡のホワイトペーパーで提示されたビジョンを維持します。Bitcoin:ピアツーピア電子現金システム

Bitcoinのビジョンを達成するという使命を反映して、プロジェクト名は「Satoshi Vision」またはSVを表します。大手BSV鉱業企業CoinGeekや他の鉱山労働者の要求に応じて作成された、Bitcoin SVは鉱山労働者に明確な選択を提供し、企業がその上にアプリケーションやWebサイトを確実に構築できるようにすることを目的としています。

【実際にビットコインのブロックチェーン
を開始したのはクレイグ・ライト博士である】
仮想通貨とはビットコインSVの事であるという認識でもかまわない。
取引所が乱立し、ビットコインがずっと値を上げてきてるのは
クレイグ・ライトが想定したビジョン自体に価値があるからです。


ホワイトペーパー0001は、ブロックチェーンを使用した総勘定元帳で
クレイグが取った最初の特許です。ビットコインのホワイトペーパー
はリリース前全部で17のバージョン、案、候補があり、まだ完全では
なかった為に2007年、2008年とデイブ・クレイマンなどに編集修正、
ヘルプを頼んで共同作業していたのだろう。
ブロックチェーンのモデル作成には大学でタンパク質のモデリング
の研究をしていた人から発想を得たそうだ。ホワイトペーパーは
さまざまな多数分野の事柄を綿密に考慮、研究した上で、現在は死亡している
マイクロソフトが暗号分野でMVPを与えたデイブ・クレイマンと
共に仕上げられてリリースされたものだから評価が高いのですね。
並大抵ではない研究成果であり、それを単純化、安全化しようとしている
https://www.youtube.com/watch?v=Xk8rM2vPNsw

で、実際にビットコインのブロックチェーンプログラムを
走らせ開始したのはクレイグ・ライト博士です。
クレイグは自分のVISAカードからドメインbitcoin.orgを支払いました
証拠はオーストラリア政府が持っています。

そのドメインで開始されたビットコインはまだたくさんの問題を含んでいて
特にマイクロソフトのパッチによるシャットダウンにより、立ち上がってなければならないネットワークが突然遮断、消えると、ビットコインは止まってしまうことがありBitcoinの最初のバージョンは実際にそれに苦しんでいて、特に32ビットのXPが要因であったらしく、新たにドメインを取ったのはこのためらしい。またこの頃のクレイグは上記の問題からサトシペーパーの全体を実行する意思を確定していなかった。現在は64ビットWIN10中心で安定してきている事からこの時期をスルーする為にはHFからBSVになってから開始せざるを得なかった事情も読めます。また、シルクロードで活発な取引が行われたのは現在の制限したBTCより大きい32Mの保存サイズ持っていたからで、その時はまだ匿名の問題が解決されてなかった。


クレイグは自分のVISAカードからドメインbitcoin.orgを支払い、
ビットコインのブロックチェーン稼働を開始した

これを否定する情報にはクレイグはナカモトサトシではない と断定
して始まるものが多いですが、ナカモトサトシは誰々であるから
クレイグ・ライト博士はナカモトサトシではない という情報は
一つも発見できません。もし特定の人物を指定した情報があって
現在クレイグがサトシである証拠より明確と思えるという情報や人物
は全くいないことからも、クレイグがサトシであると推測して良いという事です。

TWITTERで@two2wheel2lifeという人が考えてる事が自分の考えに最も近いです

「私はすべての#BTC #BCH #Crypto #shitcoin #Hodlersが CSWの言うことに注意を払い始めることを真剣にお勧めします!あなたは彼を好きになる必要はありませんが、彼が言っていることを無視するならばあなたは馬鹿です! #BSVは#Bitcoin 心を開いて見てください。必要なものはこれだけです。」


ようするに、複数のブロックチェーン、1000以上
の仮想通貨がある今の状態を保守しようという勢力が脅威に立ち向かうために
そういう情報誘導をしてディスってるだけですね。ICOやインチキ新仮想通貨で
売り逃げして儲けてマネーロンダリングする目的でそれをしていると考えたほうが良いです。でその新通貨はsatoshi単位まで落ちて取引所から自然に姿を消してしまうわけです。そういうのはデリストしないくせに、無問題のbsvに言いがかりをつけて独断で無理やりデリストすることとどちらが正義なのか。クラーケンは最初からbsvに難癖のニュースをよく流していてデリスト前にツイッターでアンケートというのは足引っ張るために2回bsvに不利なニュースを流したかった為だと推測されアンケートはフェアーでないとまともな判断のできるBitForexのほうがマシですね。

また、彼らはゆくゆく驚異となるBSVのチェーンのハッシュレートを高くしたくないのです。BSVに対して不利な情報を読んだ場合はまずそれを疑ったほうが良い

が、これは嫌でもBSVが有利となる状態がそのうち出現してくると予想されるからBSVに投資してる。いずれにせよ超長期的にbsvが失敗すればそれは仮想通貨自体の失敗を意味するという考えです。そう考える人は増えてゆくんじゃないかな。それが上昇トレンドになってゆけば良い。まあ失敗したとしても方向性はノーチョイスであることは間違いありませんので

消去法でいけば、長期的にプロトコルが変わってティッカーシンボルも
変わってしまう、またはスケーリングが原理的にそうしなければ実現できない
という要素を排除すれば、 BitcoinSV しか残らないですね。

現在のBTCが上がってる原因は@two2wheel2lifeが言うには
BitfinexとTetherの終わりが始まっていて
@bitfinexからお金を引き出すという需要が非常に大きいため、
トレーダーは資金を引き出すためにBTCを購入しなければならないようです。
とのこと。

----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good” 
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒


BitcoinSV(BSV)価格分析 2019年5月

BSVの最低価格は2018年11月23日の36.87ドルです。
底値は一瞬で翌日には50ドル以上に戻しました。
自分はこの頃に仮想通貨資産の半分をBSVに替えました。
全資産をBSVに替えたかったのですが、ザイフの制限があり
BTCが送金できず、LTCが送金可能になった日に急いで
送金してBSV買ったのでザイフに入れていたぶんは買うのが
若干遅れてしまい、このことでザイフに少し恨みがあります。
ザイフがハックされず通常であれば40ドル代で買えていたという
事があるので。でもまあ、半分は迅速に買えて50ドル台だから
まあ良いかと思うことにしました。その後はNICEHASHで掘った
BTCを送金して随時BSV買い増ししてます。今はBTC上げてる
のでそのまま溜めておくほうが良いかもしれないし、BTCが天井
と判断すればTUSD化してタイミング見てBSV買う。

BSVが50ドル以下になった日は11月20日~25日までの6日間しか
ないんですね。BSV開始日の底値50.68ドル以下になった日も
現在2019年5月4日までの通算で6日間しかありません。
底値から見てみると、下値に強く比較的安定してると言えるのでは
ないでしょうか?

【BTC、BCH、BSVの簡易比較用データ】
BSV開始日2018年11月9日~現在2019年5月4日の範囲     比較現在5月27日の値

【BSV開始日】2018年11月9日の底値  比較現在5月27日の値


    BTC 6373ドル        BTC  8671ドル
    BCH 517ドル         BCH    435ドル
    BSV 50ドル             BSV    106ドル

2018年11月9日から現在まで【通算での底値】 比較現在5月27日の値

    BTC 3191ドル         BTC  8671ドル
    BCH 77ドル             BCH    435ドル
    BSV 36ドル              BSV    106ドル

2018年11月9日から現在まで【通算での上値】 比較現在5月27日の値

    BTC 6442ドル     BTC  8671ドル
    BCH 594ドル        BCH    435ドル
    BSV 243ドル        BSV    106ドル

【BTC最低価格】の12月14日 比較現在5月27日の値

【BTC 3191ドル】 BTC  8671ドル
    BCH 77ドル          BCH    435ドル
    BSV 69ドル            BSV    106ドル

【BTC最高価格】の2018年11月9日  比較現在5月27日の値

【BTC 6442ドル】 BTC  8671ドル
    BCH 594ドル        BCH    435ドル
    BSV 89ドル           BSV    106ドル

【BSV最高価格】の2018年11月14日  比較現在5月27日の値

    BTC 6371ドル      BTC  8671ドル
    BCH 525ドル        BCH    435ドル
【BSV 243ドル】    BSV    106ドル

【BCH最低価格】の12月15日  比較現在5月27日の値

    BTC 3191ドル      BTC  8671ドル
【BCH 77ドル】      BCH    435ドル
    BSV 64ドル           BSV    106ドル


以上を全体的に見てみるとBSVは現時点では
一応比較的安定してるように感じます。
現在BSVは15位ですが、個人的には長期だと
ライトコインは処理できなくなることを考えると
BSVはライトコイン、カルダノ、モネロ、トロンより時価総額上に
行ってもおかしくない。得にカルダノはなにもなく、
トロンも問題があり、モネロは違法薬物取引に使用される
匿名性は後で問題になってくるからです。
最近上がってきたコスモスはBSVの出だしの時価総額の
半分しかないスタートなので出だしでそれだと下がる
可能性が高いです。長期で見たブロックチェーンのクオリティー
は重要だと思います。EOS、Stellar、Tezos、 IOTA、NEO
については、個別でまだ深く調べてない為なんとも言えません。

追記1 5/28

見やすく比較できるように現在5月27日の値を加えました。
ざっと見ていくと

全期間でBCHとの比較においてBSVは
上から10%、46%、40%、85%、15%、46%、83%となり
平均値は 46% となり 現在5月27日で 24% という状態ですから
普通で見ても期待値は 46% はあるのでそうなった場合の価格は
       200ドル
ですのでそこまでは買っても良いって事です。
BCHを価格で上回った日もあるのですが
それは計算入れないでの予測です。

加熱すれば400ドルは超える。そうなった場合にBSVはいい条件持ってるから
更に加速することもありえる。ハッシュレート、ブロックサイズが同時に
上がってゆく流れが期待できます。そうなると参入が増えて好循環開始になる。


----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good” 
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒


5月4日のBitcoinSV情報

【BSVデリストは賛同した取引所が少ない結果だった】


◎BSVデリスト運動の結果はBinance(取引所)ShapeShift(両替)
、Blockchain.com(ウォレット)、Kraken(取引所)で取引所は2箇所のみですね。
BitForexはアンケートがフェアーではないと判断し
アンケート自体を取り消し、上場続行の判断をしました。
OKExも上場維持でFloatSV(取引所)が増えてるし、これに
Drive Markets(取引所)も増えますし、FreedomOptions.ioという取引所が今日
BSV / USDT取引追加してます。BSVデリスト運動とは何だったのかという感じです


◎5月2日夜23時にBitcoinSVの価格をブラウズしていると
ほとんどの取引所で5900円なのに香港のFineBoxという取引所
では12000円で取引されていた。調べてもよくわからなかったが、
ボリュームが2位のIDCMの約8倍あり高値で取引されてる


12000円で売れればおいしいので試しに登録してみましたが
登録時のメールが必ずフェイルになり届かなくてログインできませんでした。
スマホや複数ブラウザで試したけどメールが届かない。
このFineBoxという取引所は日本人は受け付けてないのかもしれません。

しかし、一番疑問に思うのは
コインゲッコ-でのBitcoin SV24H取引高が$75,899,880でダントツ1位なのに
Bitcoin SV⇒取引所で表示すると表示されない事が多くて2位のIDCMの
$11,261,221が1位で表示されること。CoinGeckoのBitcoin SV 取引所別の取引高
では15の取引所しか表示されないが、コインマーケットキャップでは100以上の取引所が表示されて、ここも2位のIDCMが一位で表示されてます。1位と2位の差額が大きいだ
けに謎ですが、誰かこれわかる人いませんかね?
https://www.youtube.com/watch?v=C3O3U0-wsv4
これ5/4時点での話でBSV取引量順位は随時入れ替わってます。
5/4に他6000円の時、FineBoxだけ12000円だった事は事実ですので

◎まだ裏は取れてない情報だが
Drive Marketsは、暗号通貨と金融通貨のリアルタイム送金および決済ネットワークであり、Drive Payは、Bitcoin SV(BSV)元帳で運営され、BSVコインを使用すると発表した。
プレスリリースによると、流動性のためのブリッジ通貨。
Drive Payは、資本市場や外国為替市場のトレーダーをターゲットにした
クロスブロックチェーンのプラットフォーム。First Payは、Pay Payネットワークが
BSVブロックチェーンで大量のトランザクションを処理し、さらにBitcoinの真の力を発揮するのを楽しみにしています。Drive Marketsは、「外国為替取引と同義の暗号取引の経験」と書かれていて【Pay Pay】の名前が出ていた。たぶん今月以内か遅くてもそんなに先ではないと思う。

◎銀行業アプリGravityというのも今四半期に入っています


◎来年または2年後のメタネットの為に開発が開始されるのは、
新しいブラウザ、新しいアプリケーション、新しいWalletで
その後何年にもわたって、残りのインフラストラクチャの構築を開始
1秒間に約300万のトランザクションインターネットとTwitter、そして他のものはすべてBitcoinになるそれは、コストが下がるにつれて、そうすることがますます有益になるにつれて起こるその条件は、不変のレコードストレージが実際にあること
WP、ホワイトペーパー0001は、ブロックチェーンを使用した総勘定元帳で
クレイグが取った最初の特許

◎ヨーロッパではZEUX.APPでApple Payをリンクさせて使用する人が増えてる模様
UI評判が良いようです。携帯電話番号&デビットカードにリンクし、GBPを追加し、
それにBSVを送信し、そしてApple Payを介してどちらかを使うことができ、
基本的にビザを受け入れる場所ならどこでもBSVを使うことができる環境になってる。
もうすぐ爆発的な広まりがあるだろう

◎クレイグがSatoshiであることは間違いなく重要な可能性であり、
それはまた彼がおそらく1.1M $ BTC、1.1M $ BCH、および1.1M $ BSVを持っていることを意味している。



----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく
Read the article, “It was useful”, “It was good”
If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒







2019年5月2日木曜日

Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由

まとめ 【Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由】

去年11月にBSVを買って調べ続けて見えてきた
自分アングルでのストーリィーです。
あくまでも予想ですので間違いあるかもしれませんが大筋は
間違ってないと思います。


↑図で見て調べた限りではサトシ=ニックサボは考えにくいです。
法律、経済ルール、セキュリティーに精通してる要素のほうが大事で
プログラマーってだけでは総合的に先を見てWPまとめることができないからです。
グレイグ、クレイマンだとその条件を満たせます。だから速すぎても無理ってこと
になるので、登場時期、タイムライン的にクレイグしか消去法で出ません。
ビットコイン出だしの70ブロックをクレイグがスタート採掘って情報も出てる。
オースの教会の一室を借りてボランティアとして開始と言う話と、それを
クレイマンと共同で会社設立してマイニングしていて、そのBTCはキーシェアーで
2020年以降に鍵が開けられる。



元々インテル科学者がラボでマイクロペイメントやセキュリティーを完全にするために暗号で保証しながらコピー生成する研究していてその際に生成されるものをボックスと表現していた。これが現在のブロックチェーンの事でクレイグもそうなることを知っていた。その後にサトシのホワイトペーパーが発表されました。自分この頃仕事忙しくて調べる体力なかったので 違うかもしれませんが単純化した比喩だと、物を隠す場合人里離れた山の中だと安全な気がしますが、場所バレたら一発ですから24時間、365日車が走っている道路に埋めたほうが安全なのではないか?ってポイントですね。そうすれば、道路を作る主催側が警備会社を使って車を止めない限り掘り出せない(改変不能)です。常にリアルタイム複数で暗号計算保証している状態はそれに似てるのでなんとなくですが、僕のブロックチェーンのイメージはそういう感じで理解してます。


「ブラックネット」 - 2001年Craig S Wright
「ビットコイン」 - 2009 年中 本 智 #Bitcoin
言葉が近いし、この時期にこれ書いた人がビッグブロック
のメタネット想定してないはずがないでしょ


内容はほぼ一致します。古めのアルトコインのPCウォレット
を使用した事がある人は知ってると思います。
PCウオレットにブラックネットのロゴが必ず表記されてました。
この ブラックネット という言葉自体が次に来るべき
ブロックチェーン利用したネットを指してたと考えるのが自然ですし
良くなる変化を無理だといって妨害するのはナンセンスで
アマゾンで便利になった現在を過去に妨害しようとするのと同義で

クレイグを詐欺だと糾弾する人は詐欺なので
そのつもりでスルーするか、読んどきゃ間違いないです。


私の名前はクレイグ・ライト博士で、中本智の仮名のもとに私は1997年に始めたプロジェクトを完成しました。それはオーストラリア政府に提出されたもので。
https://comments.cftc.gov/PublicComments/ViewComment.aspx?id=61969
海外のサイトでクレイグ・ライトが中本智である確率は通常使わない言葉
入っていてそれ一致していた為99.9%以上であるいう書き込み見ました。
またインテルの科学者とも面会した記録も残っていて時期的な辻褄が合ってしまいます。クレイグは自分のクレジットカードからドメインbitcoin.orgを支払ったよう


初期Bitcoinは32Mの保存サイズ持っていて、後にサトシがフォーラムの意見を
反映させて一時的にスパム対策として1M制限を施した。シルクロードで
アメリカの政治家激怒して根回ししたらしい。

その頃にブロックストリームが音頭をとって出資し、フォーラムに集まってた開発者集めて、どうなったかというと、寄ってたかってサトシがスケールの為に初期BTCに付けていたオペレーションコード削除して 通貨としてまともに機能させないで富裕層の資産としての利用しかさせない方向ずけ(処理回数制限)をした。クレイグはすぐ察知してビッグブロック派だったギャビンに任せて立ち去った。たぶんオース追われてイギリスに移住した時カルビンが資金援助して現在の流れを作る協力したと思う。ここで注意してほしいのは1M制限をした時点でもスケールの為のコードは残していたという事実。多勢に無勢になり孤立してギャビンはすぐ解任されスモールブロック派に占領されてサトシの意向は無視されて現在に至ってるという経緯が調べれば見えてくる。僕はギャビンの人柄が大好きだし、海外にも同じ人がいてその理由でBSVに投資してるって人もいました。
だからセグイット以降、現在のBTCはビットコイン本来のものではなくて正確には BロックスTリームCイン になってしまっているという本質あります。@_unwriterによるボトルは、Bitcoinの歴史上で起こった最大の出来事で@_unwriterがサトシ、クレイグ、ギャビンではないかという話もある。ボトルによってメタネットへの流れ、方向性がはっきり見えたからで。


ゆくゆくはブラウザにウォレットデフォルトで付いてて
書き込みに、たとえばだけど1円、イイね押す押されるごとに
0.5円払う/貰う。そしてリアルタイムで収支に反映される、
ゲームリプレイサーバー管理者によって操作されず、透明かつ
イカサマなしも保証されてた状態で複数で賞金を争うなどのこと

それらを
全世界的マイクロペイメントで洗練されたブラウザ、メタネット
(実質的な5G以降で出現してくるインターネット2.0)で実現できれば
いいわけで。そのためにはマイナー増えて価格上がってゆき
ブロックチェーンのハッシュレート、ブロックサイズが上がって
ゆけば好循環起こります。そこまでゆくには課題も多いと思います 
ビットコインによる革命の本質はその方向性が最初にあったからで
支持されて取引所も乱立してるんですね。また、ペイパルなどの
電子マネーは元々マイクロペイメントで問題が起きやすいという
事もあって仮想通貨が提唱されたらしい。
マイクロソフトが対応してくれるのが一番良いけど

バイナンスのCEOがBSVを憎んでデリストしたのはBSVが基準を満たしていないからではなく逆に将来的に性能上にゆくことをただ単に脅威として認識してるからだと思う。バイナンスのCEOは複数のブロックチェーンがあり何千もの仮想通貨がある状態想定していてBSVはすべてを一つのチェーンで処理しようとする方向性でそれを実現できてしまう条件があるためにバイナンスビジネスモデルにとっては脅威なので。


BSVに関しては出だしの価格からはそんな下落はしてなくて
比較的安定していてBCH、BTCに比べて悪くないですし、
5月からヨーロッパでアプリが出て需要が爆発しそうって話も
ありました。

6/24追記↑ 自分で言うのもなんですが見事に的中しましたね。
これを書いた5/02時点でのBSV単価はわずか53.2ドル(5722円)で
現在238ドル(25600円)なので2ヶ月で4.5倍になりましたから
500ドル1000ドル充分ありえます。上がる場合だとすぐです。


ビッグブロックを否定するのは昔始まった頃に
インターネットを否定する話をするのと大差ない?思います。
BSVが成功すること応援しています。海外4chファイナンス
スレッドのBSV話題は良し悪しは別として常にあったりもますから
注目度は依然高い事事実で。日本は取引所扱ってなくて
注目度は低く過小評価されてしまいます。長期で見るとホワイトリスト
に入る可能性は充分あります。海外での実際使用が増えてハッシュレート上いってBCHと逆転するようなことがあればそうならざるを得なくなってくるケースは有り得る。BSVが元々のビットコインである考えれば長期的にそうならないほうが異常。

個人的に山本太郎さんとかはいたずらに危機を煽る暇あったら
BSVをホワイトリストに加える働きかけをすべきだと考える。
大企業や政治家がホントに誠実であるなら、
自分たちの力が弱くなり、権益が失われて
必要とされなくなる恐れがあるからという理屈はエゴなのであって
民衆が力を持ち、現在の問題点が解決され良い方へ向かうのであれば
それに対して協力する態度を見せるのが本当なのではないか?
無論今は5Gがまだなので整備中で報道規制しているという理由があるの
かもしれませんが。明らかにやってますよね。サイト阿修羅見てください。
あれだけゴチャゴチャ書くサイトにエボラなんてどうでもいいカテゴリーは
あるのに仮想通貨のカテゴリーがない状態がフェアーだと思いますか?
出川がTVCM出てた期間中だけですね雑誌が取り上げた時期は。
現在はエコノミストとSPAが少し書いてる程度です。また状況変化する
可能性はあります。

最近アメリカの次期大統領と目される人物ははっきり
仮想通貨を支持する表明をしていて、現在すでに人類はネットに依存して
いてネットが改善されることに対して異議を唱える必要はないと言っていて
方向はそれで正しいと僕もそう考えてるので



【BSVの良い点】

1.世界初の暗号モバイル決済アプリケーションZeuxがサポートしている。
確か一番最初のニュースで一番にBSVをサポートした。
ここのCEOはBSV支持者みたいです。Appple PayやSamsung Payに
対応していてヨーロッパでは既にスターバックスで仮想通貨支払いの
動画出てます。支払いは30秒。招待メールで止めといて一気にAI計算で開放か?

2.ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」の評判が良く、
イーサリアムからビットコインSVへの移行をして開発されてることで。
アイテム売買はEnjin(ENJ)他で保持という部分がビットコインSVに
変われば言うことないので、ENJコインの開発者達、spやってるようなので
バトル情報は「Bitcoin SV(BSV)」のブロックチェーン上に記録という
方向性で、とりあえず近日公開のこのゲームがBSVチェーンで動き出せば
アクセス増えるので結構インパクトあると思われます。結局ここ
BSVチェーン選んだのはBSVでしかスケーラブル条件を満たせないからで。
ここ動き始めれば他の大手の参入もありえます。一番最初の例ができますからね。大人数で賞金を掛けたLOLのような大規模e-sportsゲームなど対応できる条件持ったブロックチェーンはBSVだけで、そうなった場合にでゲームプレイの保存できて20年後にもプレイ再生可能なのでギャンブルゲーム全般に言えます、改ざんできないデータ残るってことはイカサマした場合に証拠も残るので透明性が高くイカサマなし実現できるってことでありますね。ブロックチェーンを利用したゲームを開発してる先端グループがBSVチェーンを選んだ意味は大きいし、ストリーミングでマイクロペイ使う場合考えてもね。

3.Bitcoin SVは将来の潜在的なフォークについて心配する必要はない。
もし最悪HFするとしても他のすべての基準よりプロトコルの変更が最も少ない
フォークを選ぶでしょう。 たぶん僕はプロトコルは弄らないと思う。
Bitcoin(BSV)は今年、最初のオペコードをすべて修正し、再び有効にします。
これにより50年後に設定されたnLocktime内の2020年に署名されたトランザクションは
【2070年にも有効】になります。それが Bitcoin SVの強みで。
これはSegWit coin(BTC)や他alt coinには当てはまりません。
HFを心配しなければならないのはBCH(ABC)だ思います。開発が迷走する可能性まである。

4.将来的に改変できない違法アップロードデータを事前に
フィルターできる元々の仕様である事。クレイグはフィルターできる
と書いていた。だいたいそういうのって通報する人いたりで
自分も酷いのはスルーするのが普通で、アダルト全部なくせって無理だし
BSVはまずアダルト抜きで健全、安全なストレージ目指す方向なんじゃないかな

5.個人的には、ギャンブルゲームは昔の日本のバブル期中盤までの賑わってる時のパチンコのようなアプリで勝ち/負けの確立も納得できる楽しめて、癒やされる要素もあるゲームが出れば楽しいのになあって思ってます。現在の日本のパチンコには静けさがなく、
勝ち/負けの確立も厳しく、ストレスが溜まるだけなので人が少なくなってますから。
昔日本のパチンコが賑わったのはそういう点があったからなので。



あなたにとっては、アイドリングなアイディア、他人にとっては素晴らしいアイディアだ。写真ではなく、それのようなこと可能であることを実証するための最も簡単な方法で。将来メタネットにもたらすことできるものについてもっと読むならば、あなたはビットコインSVはもっと大きな変化のための基礎であったこと理解するでしょう

txと引き換えにd維持する暗号化されたデータの分散送信は、各企業の個々のサーバーよりはるかに安価です。SWIFTやVisaのような仲介者ベース全体のトリミングは言うまでもなく。EDI市場、IoT、サプライチェーン、資産交換、ストリーミング、ソーシャルプラットフォーム、Webサイトなど、すべてブロックチェーンで構築できます。最も良いことは、ブロックに格納されているトランザクションへの参照を誰も変更しないため、これらのことをハッキング無理、不能化なことで。どうしてBitcoinを使用できるのか制限したいのですか?BSVには制限はありません。だからあなたの望むこと何でもしなさい、すべて可能です。経済的価値あるとすぐに、誰かはそれを構築します。安定したプロトコルは現在のトランザクションを最大50年間有効にします。

だからこそ、CSWは詐欺だと誰か言っても構わないので。bsvの中にはbchやbitcoinよりも優れたものもあります。訪問者はすべてのブロックチェーンのエキスパート達まとめたよりもさらに大きなビジョン持っています、そして彼ら、彼らのゴールに到達すれば、彼らはそれを知らなくてもBSVを使用するでしょう。

【その他の情報】

Shaddersは2019年7月に2GBの最大ブロックを発表し、2020年2月には制限を完全に廃止すると発表した。7月に、キッカーは手動で最大ブロックを512MBに一時的に制限する

BTC-CoreのLightning、
Jihan/ABCのAvalanche/POS計画、
ETHのPOS計画
これらはすべてPOSの形態?で半分の報酬がなくなると、彼らのチェーンはハッシュのセキュリティすべて失います。その時こそビックブロックのBSVは持続することできます。
-----------------------------------------------

「あなたはサトシですか?」
「はい」
「あなたはビットコインホワイトペーパーを書きましたか?」
「はい」

匿名システムは破損を好む
BSVはそうではありません
----------------------------------------------------
これからも不定期でBSV情報発信してゆきますので
マネーボタン登録してる方1円か10円よろしく

 Read the article, “It was useful”, “It was good” If you think you would like to tip with the following Moneybutton ⇒







AIの判断,見識,検色ETC能力は人間の1/80[音声認識](ΦωΦ)

AIの判断能力は人間の80ぶんの1[音声認識] 現在世界最高の能力を持ったグーグル翻訳、皆さんのテキスト入力から 集めたビッグデータをアルゴリズムに計算させてAIが予測した結果を 表示するから、ちょっと前までは何言ってるのかわからなかったものが ついに気がつくと実用...