TEST

2019年11月15日金曜日

Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由 3.1.+

Bitcoin SV(唯一本物のビットコイン)を支持する理由 

「あなたはサトシですか?」
「はい」
「あなたはビットコインホワイトペーパーを書きましたか?」
「はい」


↑ この動画はBSV始まってから1年現在までがよく纏められています
BSV Year 1 Look-back
https://www.youtube.com/watch?v=GXfJNVGCZQs&feature=emb_logo

https://www.prnewswire.com/news-releases/bitcoin-independence-day-15th-november-2019-bitcoin-sv-the-fastest-growing-blockchain-ever-300958402.html

ドル価格チャート(BCH比較)はこうなってます

日本円での価格チャート(BSVのみ)はこうなってます

僕は開始時からウォッチしてるのでわかるのですが上の方のチャートより下の方のチャートのほうが正確です。出だしの底価格は3800円台を憶えてます。確かジハンの全売りで円高だったのかな。だからチャートを見ればわかるように、BSVの底値は3800円⇒5500円⇒8500円と確実に上向いてる事がわかります。単純計算で平均149%ずつ増加してますから次の底値は12660円付近で上がれば更に上も十分ありえます。底が上がってるのは事実なので。



BSVを買ったのは一年前の11月でした。そこから毎日BSVこそがオリジナルビットコインである事を念頭に置いて調べ続けてます。去年11月の直感どうりにBSVは推移してます。あとは来年2月以降にどうなるかですね。BSVは現在でも即時マイクロペイメントでストレスなく入出金できます。
NOTEの有料配信はMedioPayで同じ事が即収益でできる
https://ameblo.jp/youiti2nzk123/entry-12545143498.html

調べてないBTC支持者は先入観で「フォークのフォークが本当のBTCだと思う?」という認識多い。現時点アプリで実際にできてる事が証拠となり、クレイグ、nchain、2月創世記で確定です。現時点でも99.99%以上。もしBTCがセグイット化しないでそのままであったならば、現在のBTC価値はハッシュレートから見積もると1000万超えてるはずです。そうならないのは手数料高騰と秒間処理回数制限あるからです。だから値段に関してBTCに期待を抱かないほうが良いです。

ようするに現在のBTCは出だしホワイトペーパーのP2Pマイクロペイメント使用目的からゴールドとしての保有資産へとコンセプトもコードもプロトコル改変されていて、それが原因でハッシュレート相関関係も崩れています。しかもそれを実施したのはホワイトペーパー、クレイグとは関係のない団体が設立したブロックストリームであって、クレイグ他内部の有能な人間も反対したわけです。なぜ現在のBTCの方を持つ人がまだ多いのか僕には理解できません。で。

来年2月にBSVは出だしに戻しますよってことです。マネーボタンでの使用を体験すればそれが順調に進んでることは実感できます。取引所間の送金もマネーボタンでできて当たり前になるイメージを想定してみてください。
いいですか?アビトラはなくなったほうが良いんですよ?

wordpressのペイウォールは明らかに便利になってます。
そうなれば便利になるのにそうならないBTC他を支持して
そうならない事をイメージすることは改善ではありません。
またハッシュレート相関はBTCにおいて崩れてますので
値段のことを考えてそうする事は意味ありませんので。
この部分を真剣にもう一度考え直したほうが良いです。
沈む船に乗っていても、沈むだけですよ。
-----------------------------------------
ここからはBSV拡散用に自分で書いてるBSV情報のコピペです
BitcoinSV(BSV)はメディアから不当な扱いを受けていて事実は世界で時価総額ランキング 9位で健全な運営されてるコインです。仮想通貨カテゴリーはどうでもいいポンコツポンジコインばかり目立ってるから自分は正当なビットコイン0.1プロトコルを継承してるのはBSVである事実を最優先しますのでほんとに時価総額低いコインや上位にきてるウォレットなどは詐欺に近いものですので気をつけてください。ブロクには初心~中級者が読んでわかる気をつけるべき事柄もありますので長文ですけど、よろしければで読んでください。去年11月にBSVを買って調べ続けて見えてきた自分アングルでのストーリーです。あくまでも予想ですので小さい間違いあるかもしれませんが大筋は間違ってないと思います。

↑図で見て調べた限りではサトシ=ニックサボは考えにくいです。法律、経済ルール、セキュリティーに精通してる要素のほうが大事でプログラマーってだけでは総合的に先を見てWPまとめることができないからです。
クレイグ、クレイマンだとその条件を満たせます。だから速すぎても無理ってことになるので、登場時期、タイムライン的にクレイグしか消去法で出ません。ビットコイン出だしの70ブロックをクレイグがスタート採掘って情報も出てる。裁判にしろ刑務所どうとかって記事ありますけど、重要な事はクレイマンと共にウォレットの鍵にキーシェアリング(複数でないと開けない)施してたというのはセキュリテーのプロ中のプロ2人でやってるわけだからそうすることは当然でクレイマンのはアメリカの郵便局他が採用してマイクロソフトがMVP与えてる人間ですから。デイブ薬物どうたらは彼らのスキルとは関係ございません。初期アップル技師はLSDでマウスの発想得てます。あなた今マウス使ってるでしょ?

元々インテル科学者がラボでマイクロペイメントやセキュリティーを完全にするために暗号で保証しながらコピー生成する研究していてその際に生成されるものをボックスと表現していた。これを現在のブロックチェーンの事でクレイグもそうなることを知っていた。その後にサトシのホワイトペーパーが発表されました。自分この頃仕事忙しくて調べる体力なかったので 違うかもしれませんが単純化した比喩だと、物を隠す場合人里離れた山の中だと安全な気がしますが、場所バレたら一発ですから24時間、365日車が走っている道路に埋めたほうが安全なのではないか?ってポイントですね。そうすれば、道路を作る主催側が警備会社を使って車を止めない限り掘り出せない(改変不能)です。常にリアルタイム複数で暗号計算保証している状態はそれに似てるのでなんとなくですが、僕のブロックチェーンのイメージはそういう感じで理解してます。なんとなくイメージのほうが理解しやすいので

「ブラックネット」 - 2001年Craig S Wright「ビットコイン」 - 2009 年中 本 智 #Bitcoinの内容はほぼ一致します。古めのアルトコインのPCウォレットを使用した事がある人は知ってると思います。PCウオレットにブラックネットのロゴが必ず表記されてました。この ブラックネット という言葉自体が次に来るべきブロックチェーン利用したメタネットを指してたと考えるのが自然ですし良くなる変化を無理だといって妨害するのはナンセンスでアマゾンで便利になった現在を過去に妨害しようとするのと同義です


私の名前はクレイグ・ライト博士で、中本智の仮名のもとに私は1997年に始めたプロジェクトを完成しました。それはオーストラリア政府に提出されたもので。
https://comments.cftc.gov/PublicComments/ViewComment.aspx?id=61969
海外のサイトでクレイグ・ライトが中本智である確率は通常使わない言葉入っていてそれ一致していた為99.9%以上であるいう書き込み見ました。またインテルの科学者とも面会した記録も残っていて時期的な辻褄が合ってしまいます。クレイグは自分のクレジットカードからドメインbitcoin.orgを支払ったよう

初期Bitcoinは32Mの保存サイズ持っていて、後にサトシがフォーラムの意見を反映させて一時的にスパム対策として1M制限を施した。シルクロードでアメリカの政治家激怒して根回ししたらしい。

その頃にブロックストリームが音頭をとって出資し、フォーラムに集まってた開発者集めて、どうなったかというと、寄ってたかってサトシがスケールの為に初期BTCに付けていたオペレーションコード削除して 通貨としてまともに機能させないで富裕層の資産としての利用しかさせない方向ずけ(処理回数制限)をした。クレイグはすぐ察知してビッグブロック派だったギャビンに任せて立ち去った。たぶんオース追われてイギリスに移住した時カルビンが資金援助して現在の流れを作る協力したと思う。ここで注意してほしいのは1M制限をした時点でもスケールの為のコードは残していたという事実。多勢に無勢になり孤立してギャビンはすぐ解任されスモールブロック派に占領されてサトシの意向は無視されて現在に至ってるという経緯が調べれば見えてくる。僕はギャビンの人柄が大好きだし、海外にも同じ人がいてその理由でBSVに投資してるって人もいました。

これは僕の勘ですけどクレイグ、nchain、ビットコイン・アソシエイションがイギリスを拠点にしてることを考えてみると、BSVはある程度イギリス政府からも保護されてるのかなっていうのもあります。

だからセグイット以降、現在のBTCはビットコイン本来のものではなくて正確には BロックスTリームCイン になってしまっているという本質あります。BTC=ゴールドっていうのは違うと思います。出資分は手数料で取っていいって部分がPOWを使用した余分な搾取があるからです。

_unwriterによるボトルは、Bitcoinの歴史上で起こった最大の出来事で_unwriterがサトシ、クレイグ、ギャビンではないかという話もある。ボトルによってメタネットへの流れ、方向性がはっきり見えたからで。

実質的に現在2019年のBTCが現在の仕様でホワイトペーパーを発行したら出だしの正式なビットコインホワイトペーパーとは全く別なものになります。だから、実質的に現在のBTCはホワイトペーパーのない別物であると理解して良いです。本物のビットコインは来年2月の創世記のBSVのことです。ゆくゆくはブラウザにウォレットデフォルトで付いてて書き込みに、たとえばだけど1円、イイね押す押されるごとに0.5円払う/貰う。そしてリアルタイムで収支に反映される、ゲームリプレイサーバー管理者によって操作されず、透明かつイカサマなしも保証されてた状態で複数で賞金を争うなどのこと

それらを全世界的マイクロペイメントで洗練されたブラウザ、メタネット(実質的な5G以降で出現してくるインターネット2.0)で実現できればいいわけで。そのためにはマイナー増えて価格上がってゆきブロックチェーンのハッシュレート、ブロックサイズが上がってゆけば好循環起こります。そこまでゆくには課題も多いと思います。 ビットコインによる革命の本質はその方向性が最初にあったからで支持されて取引所も乱立してるんですね。また、ペイパルなどの電子マネーは元々マイクロペイメントで問題が起きやすいという事もあって仮想通貨が提唱されたらしい。マイクロソフトが対応してくれるのが一番良いけど電子マネーにしろ全米ウォルマートでの同時使用及び、ネットでのマイクロペイ一斉使用での条件想定すると秒間処理回数の上限は上がってゆくビッグブロックが好ましいということになります。

バイナンスのCEOがBSVを憎んでデリストしたのはBSVが基準を満たしていないからではなく逆に将来的に性能上にゆくことをただ単に脅威として認識してるからだと思う。バイナンスのCEOは複数のブロックチェーンがあり何千もの仮想通貨がある状態想定していてBSVはすべてを一つのチェーンで処理しようとする方向性でそれを実現できてしまう条件があるためにバイナンスビジネスモデルにとっては脅威なので。


ビッグブロックを否定するのは昔始まった頃にインターネットを否定する話をするのと大差ないと思います。BSV成功してゆくことを応援しています。海外4chファイナンススレッドのBSV話題は良し悪しは別として常にあったりもしますから注目度は依然高い事は事実で。日本は取引所扱ってなくて注目度低く過小評価されてしまいます。長期で見るとホワイトリストに入る可能性は充分あります。海外での実際使用が増えてハッシュレート上いってBCHと逆転するようなことがあればそうならざるを得なくなってくるケースは有り得る。BSVが元々のビットコインである考えれば長期的にそうならないほうが異常。
しかも、日本がフィアット、ステーブルの仮想通貨出す場合考えてもBSV以外とリンクしても投機以外には使えません。実使用に耐えうる性能持ってるのはBSVのみです。

------------------------
個人的に山本太郎さんとかはいたずらに危機を煽る暇あったらBSVをホワイトリストに加える働きかけをすべきだと考える。大企業や政治家がホントに誠実であるなら、自分たちの力が弱くなり、権益が失われて必要とされなくなる恐れがあるからという理屈はエゴなのであって民衆が力を持ち、現在の問題点が解決され良い方へ向かうのであればそれに対して協力する態度を見せるのが本当なのではないか?無論今は5Gがまだなので整備中で報道規制しているという理由があるのかもしれませんが。明らかにやってますよね。サイト阿修羅見てください。あれだけゴチャゴチャ書くサイトにエボラなんてどうでもいいカテゴリーはあるのに仮想通貨のカテゴリーがない状態がフェアーだと思いますか?出川がTVCM出てた期間中だけですね雑誌が取り上げた時期は。現在はエコノミストとSPAが少し書いてる程度です。また状況変化する可能性はあります。国も取り上げざるを得なくなるタイミングがまたくるであろうことはわかってると思う。今後、仮想通貨がたち消えしたりはありませんし、デジタルマネーのみって結果も絶対ありません。

現在現実にモールの売り場で増えてるセルフ自動支払機では自分で商品のバーコードをかざして終われば現金で支払います。この決済に仮想通貨使用できても問題起こらないと保証されてれば何の問題もなく、利便性は上がるという結果になるだけですね。
最近アメリカの次期大統領と目される人物ははっきり


仮想通貨を支持する表明をしていて、現在すでに人類はネットに依存していてネットが改善されることに対して異議を唱える必要はない

と言っていて
方向はそれで正しいと僕もそう考えてるので

【BSVの良い点】

1.ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」の評判が良く、イーサリアムからビットコインSVへの移行をして開発されてることで。アイテム売買はEnjin(ENJ)他で保持という部分がビットコインSVに変われば言うことないので。バトル情報は「Bitcoin SV(BSV)」のブロックチェーン上に記録という方向性で、とりあえず近日公開のこのゲームがBSVチェーンで動き出せばアクセス増えるので結構インパクトあると思われます。結局ここがBSVチェーン選んだのはBSVでしかスケーラブル条件を満たせない安全確保できないからで。ここ動き始めれば他の大手の参入もありえます。一番最初の例ができますからね。大人数で賞金を掛けたLOLのような大規模e-sportsゲームなど対応できる条件持ったブロックチェーンはBSVだけで、そうなった場合にでゲームプレイの保存できて20年後にもプレイ再生可能なのでギャンブルゲーム全般に言えます、改ざんできないデータ残るってことはイカサマした場合に証拠も残るので透明性が高くイカサマなし実現できるってことでありますね。ブロックチェーンを利用したゲームを開発してる先端グループがBSVチェーンを選んだ意味は大きいし、ストリーミングでマイクロペイ使う場合考えてもね。
「Crypto Fights」はたぶん創世記に合わせて出すんじゃないかと予想します。



2.Bitcoin SVは将来の潜在的なフォークについて心配する必要はない。もし最悪HFするとしても他のすべての基準よりプロトコルの変更が最も少ないフォークを選ぶでしょう。 たぶん僕は2月でプロトコル固定して一層は弄らないと思う。2層の付け加えあったとしても通貨が2つに分裂はないと思います。そこがBSVの要点なんだし
Bitcoin(BSV)は今年、最初のオペコードをすべて修正し、再び有効にします。これにより50年後に設定されたnLocktime内の2020年に署名されたトランザクションは【2070年にも有効】になります。それが Bitcoin SVの強みで。これはSegWit coin(BTC)や他alt coinには当てはまりません。HFを心配しなければならないのはBCH(ABC)だ思います。開発が迷走する可能性まである。

3.将来的に改変できない違法アップロードデータを事前にフィルターできる元々の仕様である事。クレイグはフィルターできると書いていた。だいたいそういうのや児ポルって通報する人いたりで自分も酷いのはスルーするのが普通で、アダルト全部なくせって無理だしBSVはまずアダルト抜きで健全、安全なストレージ目指す方向なんじゃないかな

4.マネーボタン、ワードプレス、ペイウォール


あなたにとっては、アイドリングなアイディア、他人にとっては素晴らしいアイディアだ。写真ではなく、それのようなこと可能であることを実証するための最も簡単な方法で。将来メタネットにもたらすことできるものについてもっと読むならば、あなたはビットコインSVはもっと大きな変化のための基礎であったこと理解するでしょうtxと引き換えにd維持する暗号化されたデータの分散送信は、各企業の個々のサーバーよりはるかに安価です。SWIFTやVisaのような仲介者ベース全体のトリミングは言うまでもなく。EDI市場、IoT、サプライチェーン、資産交換、ストリーミング、ソーシャルプラットフォーム、Webサイトなど、すべてブロックチェーンで構築できます。最も良いことは、ブロックに格納されているトランザクションへの参照を誰も変更しないため、これらのことをハッキング無理、不能化なことで。どうしてBitcoinを使用できるのか制限したいのですか?BSVには制限はありません。だからあなたの望むこと何でもしなさい、すべて可能です。経済的価値あるとすぐに、誰かはそれを構築します。安定したプロトコルは現在のトランザクションを最大50年間有効にします。だからこそ、CSWは詐欺だと誰か言っても構わないので。bsvの中にはbchやbitcoinよりも優れたものもあります。訪問者はすべてのブロックチェーンのエキスパート達まとめたよりもさらに大きなビジョン持っています、そして彼ら、彼らのゴールに到達すれば、彼らはそれを知らなくてもBSVを使用するでしょう。
【その他の情報】
2020年2月に創世記
11月780MBブロックの世界記録
BTC-CoreのLightning、Jihan/ABCのAvalanche/POS計画、ETHのPOS計画これらはすべてPOSの形態?で半分の報酬がなくなると、彼らのチェーンはハッシュのセキュリティすべて失います。その時こそビックブロックのBSVは持続することできます。
--------------------------
おふくろは趣味で画家なのでクレイグを描いてもらいました


----------------------------
********************************************************************************

1円、10円、25円→→→→→→→→







0 件のコメント:

コメントを投稿

BSVトークン化とこれから起こりうるBSVシナリオ

BSVのトークン化とこれから起こりうる BSVシナリオ https://www.yours.org/content/tokenization-on-bitcoinsv--fiat-gift-cards--fiat-currencies--physical...