TEST

2019年12月2日月曜日

BSVのメタネットに関する文章


BSVのメタネットに関する文章を拾ったので
貼っときます。

メタネットについて明らかになったのは今年1月以降でありBSVが開始された去年11月にその情報はありませんでした。ビッグブロックによってメタネットが出現することはクレイグ・ライトの構想において最初からあり、その方向性を含んでいることでブロックチェーンの評価が高いのだと思います。現在のBTCはスモールブロックによってビットコインをハイジャックし、メタネットへ繋がるビッグブロックを排除しているため投機、保有以外の用途は今後もありません。BSVは来年創世記で元のプロトコルに戻しブロック制限を解除して第4次産業革命へ繋がる方向へ順調に進んでいます。

------------------------------


すべてのオンラインアクションマネーと密接に結びついているほど、より多くのお金がかかります。
振り返ってみると、メタネットが標準になってから数年後、人々は新しい提案されたお金を見て、誰もがオンラインで行うすべてのこと、送信されるすべてのパケットに織り込まれている元帳システムと競合することをどのように望むことができるかを尋ねます。
商品台帳はお金のスーパーセットであり、お金の概念の一般化であり、当然モノリシックです。
自宅の防犯カメラをリモートで確認するときに認証する台帳、ニュースフィードフィルター、Slackメッセージ、メール、土地所有権登録、家電製品を認証する台帳...
「データストレージは必要ない、ピアツーピアの現金が欲しい」
あらゆるものを支える経済的配管と安全保障...他の何かが世界のピアツーピアの現金になると思いますか?これらのメタネットトランザクションを現金の使用とは見ないという旧世界のカテゴリバイアスがありますが、それはまさにそれです。私たちは、私たちが育ったインターネットの社会主義的な足場のために、インターネットの行動を無料と見なすことを条件としています。
Metanetのハイパーキャピタリストの世界では、オンラインのアクションは無料ではありません。オンラインのアクションは実際には無料ではなかったからです。コストは隠されていたので、交渉は面倒で、プロキシを介して集約されました。途方もなくブロッキーな市場。
Metanetはすべてをきめ細かくします。トランザクションの範囲-これも常に "win-win相互作用"を意味します-爆発します。あまりにもなじみのないトランザクションのカテゴリーに爆発し、最初はお金のユースケースとして認識されません。
数がはるかに多いため、個々の価値は必然的に小さくなりますが、現金はすべて同じように使用されます。
メタネットとは、インターネットに関するすべての社会主義者が資本主義になることを意味します。
人々は小さすぎると思います。ビットコインは、世界経済の配管となるように設計されただけでなく、実際に情報革命全体を経済的発明の範囲内に収めるように設計されました。政府を含むすべてを市場規律の光に照らすこと。
自由市場の相互作用と効率の範囲を拡大し、すべての最後のリンク、すべての最後のデータ、すべての最後のパケット、すべての最後の車両と機器のすべての最後の部分-不変、追跡可能、検証可能になったすべての重要な世界、検索可能-検索とキュレーション自体が、経済をインターネットの構造に織り込むことで初めて合理化されました。
これは4回目の産業革命であり、これまでのどの革命よりも大きな変化です。分業が世界の生活水準のためにしたことを取り、それを二乗する。ビットコインはコード形式の資本主義であり、メタネットは、それが表すすべての効率と機会を備えた世界の最後の有用な部分への資本主義の究極の浸透です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

BSVトークン化とこれから起こりうるBSVシナリオ

BSVのトークン化とこれから起こりうる BSVシナリオ https://www.yours.org/content/tokenization-on-bitcoinsv--fiat-gift-cards--fiat-currencies--physical...