2019年7月25日木曜日

BSV クレイグライトが智であるポイント 

クレイグライトが智であるポイント 


ここでは数年前から始まって去年末にピークに達し、今年4月のバイナンスデリストの失敗で
一応一段落した反クレイグムーブメントでの智でないという理由はスルーして
智であるとできるなら としての確証のみをあげてみました。


1.最初のビットコイン0.1のホワイトペーパー発表時点でフォーラムに集まったメンツがいる。
この中で適任と思われる人物はクレイグライトしかいない。年齢から、経験から考えても
クレイグライトしかいない。この前後に名前が出た人物を調べましょう。


2アメリカ国防総省、郵便局他が採用した暗号ソフトを開発し Microsoft が MVP を与えた
クレイマンと直接関わりのあった人物はクレイグライトしかいない。


3. BSV 陣営内部、及びクレイグライトは 怪しげな ICO などに関わった事実が一切ない。
対してバー、ジハン、ジョンマカフィー、取引所主催は金儲けのために出資を行い
その関係において BSVをデリスト、 SNS での BSV に不利な情報を流すということをやっている。
クレイグライトは金儲けのためではないと明言している 。コアではなく第2層を使用する
方向のもののほうが暴利を貪る目的が感じられる為スカムと呼ばれてもいいものであり、
BSVがスカム呼ばわりされる正当な理由はありません。フロートSVが始まるまでは中国から
出る情報でBSVに好意的な情報が一切ありませんでしたが、5月以降から良い情報も
上がり始めるという変化を感じました。


4.昨日のクアーサーアップデートは成功して147メガのブロックが無事に採掘された
事実からもわかるように、BSVは着実に前に進んでいる事実があるということ。
たぶん数日でブロックサイズが大きく推移してゆき512メガに向かうでしょうね。
reorgiはbitcoinプロトコルの自然な部分でなので、トランザクション失われることは
ないそうです。わいもそうなんちゃうかてフッとか。誰でもそうでそれは否定でけへん
重要ファクターじゃから の


5.もしWP作成者にメタネット構想がないなら出だしから現在のBTC2メガから開始してるはずで
開始時に32メガだったというのは絶対的な動かぬ証拠です。

6.ビットコイン0.1、創世記ブロックチェーンプログラムをオースの教会を借りて
ボランティアで開始した話は嘘とは思えない、クレイマンと共同で会社を作り1ドル以下の時点でマイニングをしてたのは事実であり、そのBTCはキーシェアーによって
2020年以降に鍵が開けられる事になっている。



仮想通貨に疎い人や最近始めた人から見ればHF自体よくわからず、特にBTC⇒BCH⇒
BSVのハードフォークは名前から受ける印象は誤解を与えやすく詳しい人でも
間違えやすいです。BTCの値が高いという理由だけで、現在のBTCは最初の
ホワイトペーパー発表時点から変わってない印象を持ってしまう人が多い。
しかしHFには複雑な事情が絡んでいて、ちゃんと分析して、推移を確かめてないと
理解しずらいのが現実です。最初のBCHフォークはセグイット、ミニブロック(2メガ)に
反対したことから分裂して現在のBCH+BSV陣営でやってましたが、WP発表時の
ビットコイン0.1は32メガサイズでWP作成したクレイグの構想はビッグブロックで
メタネットへのビジョンが頭にあった。もしWP作成者にメタネット構想がないなら
出だしから現在のBTC2メガから開始してるはずだというのは絶対的な動かぬ証拠です。
近年の完全な64ビット化への変化までの時間があり、クレイグはまずBitcoin Cashの作成を
サポートしてから、元のプロトコルを復元し、それを最大限に活用するためのBSVプロジェクト開始
という方法を採る中で現在のBCH開発陣との対立があった。BCH開発陣はブロックサイズは
32メガ以上は不可能で、8メガで充分と言っていたように2層ソリューション、匿名、金儲け
の方向性が強いと思う。現在BCHのブロックサイズはさらに小さい方向で、それなら最初の
ビックブロックで一致というのは何だったのかって事になるし、ビックブロックは不可能ではない
事は明白になってますから。またBSVが正当なビットコイン0.1ですからHFでBSVが
BCHティッカーは望んでおらず、あくまでもBSVはビットコインのティッカーが欲しいが
流れからやむを得ずBSVという名称になっている。しかし、来年2月以降の創世記アップデート後の
BSVはその内容から正確なWPで記載されたビットコイン0.1であると言えます。
疎い人は新しいもののほうが何かと高性能であるという印象を持つでしょうが、
大事なのはブロックチェーンとプロトコルの質なので、ビットコインに関してはそれは
当てはまりません。1層でオプリターン復活させるほうが新しくできる2層使用のもの
よりも性能が高いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今回のBSVコリアカンファのまとめ(引用要約)世界記録784MB レトロゲ

ご承知ストリーのBSVコリアカンファのまとめ(引用要約)世界記録784MBト nChainの話:プロトコルを元の形式に戻すこと、テラノード、分割署名など BitBossのキーリング:sCrypt-BSVのスマートコントラクト用の 高レベルプログラミング言...