2019年7月23日火曜日

2020年以降 仮想通貨 大胆予想 ランキング変化

2020年以降 仮想通貨 大胆予想 ランキング変化

昨日の記事、ジョージギルダーの著作 ライフアフターテレビジョンと
ライフアフターグーグルでの予想に対する考えた事を書きましたが、
冷静に考え直すと若干考えが変わりました。クラウドがブロックチェーンへ
移行してセキュリティー強化され宣伝が変化する方向はそのままですが、
ライフアフターグーグルは直訳だとグーグル後の人生で消えるとは断定してない
ニュアンスなので。

GAFAの中で圧倒的なシェアー、技術力、財力を有してるのはやはりグーグルであり、
AI翻訳での日本語の自然さはMSや他と比べて圧倒的に精度が高いことからもわかるように
最先端の技術研究で一歩進んでいてそうそう失敗するということは考え難くい。
2020年以降でGAFAが仮想通貨を立ち上げるとすれば、フェイスブック以外に
グーグル、アマゾンはあり得ると予想してます。その場合、この2つは圧倒的に
成功している企業で知名度も高く財力もあり、両者共にそれぞれブロックチェーン
の研究をしていて、ハーバード他大学も絡んでいるので、もしそうなった場合だと
特にグーグルはたちまち時価総額ですぐに現在のBTCを凌駕してしまうと予想します。
そうなればすぐですね。アップルに関しては関わりが今のところ薄くて、情報も少ないのでなんとも言えませんが、GAFが出してアップルはなしとすると衰退は免れないと思いますからなんらかの考えはあって報道規制してるのかもしれませんね。

グーグル、アマゾンが仮想通貨参入する場合、ブロックチェーンはもちろんサトシのビットコイン0.1及び、BSVまで考慮した必ず成功するクリプトである前提で出してくると予想できます。でもそれがステーブルであるか、そうでないかはわかりません。そうなる場合は現在のランキング10位の並びは変わってしまうと予想されます。必ず10位、5位以内にグーグル、アマゾン、フェイスブックのリブラは入ると思う。グーグルが出すと多分すぐBTCを抜いて1位は確定してると思う。誰でも知ってて巨大な上にヒト・モノ・カネにおいても圧倒的、自動運転、AIでも優位なことは事実なので衰退はたぶんないでしょうね。ただしそうなった場合においてもBSV(BitcoinSV)は10位以内にいると予想してます。ブロックチェーンの質が高く、アマゾン、グーグルが採用するであろう条件から比べても遠くないからです。その方向性でいってますし。

もしかすると現在の1位~8位まではすべて10位以下に脱落することも考えられます。
これは大胆な予想ですが長期で見るとありえると考えてます。なんとなくの都合の良い解釈での予想なので外れても責任は持てませんが、フィーが高くなりすぎたり秒間処理回数に限界あったりBSVのような方向性に合致して行けない通貨はいずれ淘汰されるのは間違いないし、仮想通貨全体の時価総額も先に進むほど膨らんでゆくであろうことは確信持っていいと考えてます。とりあえず消去法でBSVは今買ってて長期的に損は考えにくいとの分析からオールインしてますので

結論
グーグル、アマゾンの仮想通貨参入の可能性を冷静に再考してみると、
先行き参入しないほうが考えにくい。なのでそうなった場合
大きいインパクトがあり現在のランキングから仮想通貨の現在まで
の流れまで大幅に変更する番狂わせが発生すると予想している。

 補足
ここに書いた予測は海外掲示板で拾った予測の中で、驚くほど秀悦な予測を
しているものが存在していて、ネットからは一瞬で消えましたが、自分はバックアップ
撮っていて、この予測は商材にすれば売れるレベルのものです。
その中から2点だけ補足しておくと、未来に現在のBTCは10~20位に順位下げますが、
日本円で40万以下ってことにはなってません。が100万円以下です。自分の予測と
違ってたのはカルダノが10位以内に残ってる事でした。もちろんその予測でも
BSVははカルダノより順位は上ですので心配無用です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

今回のBSVコリアカンファのまとめ(引用要約)世界記録784MB レトロゲ

ご承知ストリーのBSVコリアカンファのまとめ(引用要約)世界記録784MBト nChainの話:プロトコルを元の形式に戻すこと、テラノード、分割署名など BitBossのキーリング:sCrypt-BSVのスマートコントラクト用の 高レベルプログラミング言...