2019年6月29日土曜日

BTC⇒BCH⇒BSV HF後半年 これからのこと

僕は去年BCHは買ってません。初めてまだ時間経てない頃で、ブロックチェーンや
マイニングについて調べる事に忙しくBCHは急落が始まってる状態でしたから。
結果買ってなくて正解で、日本の取引所で今年入って安値でBSV日本円返還が
複数取引所であり、その取引所ごとにBSVの悪いニュースとなって報道され
4月にはバイナンスデリストがあってそこまで悪い流れが続きましたが、アメリカ
がクレイグの特許を認めたことで日本円にして完全に出だし時点の価格に戻ったので
BSVは一連の悪い報道にも強い性質を持ってるというのは現時点で言えるのでは
ないでしょうか?それはそうですよね。元々のビットコインそのままで、それに
戻すことによってビックブロック⇒サーバーレスネットの構想と実際に健全、安全に
使用され、また国、法律も考慮して企業採用される方向めざしていて特許数も膨大
と条件揃ってる歴としてまともに運営されてる世界で時価総額8位のコインですからね。
バイナンス、日本の取引所すべてが扱わない状態でそれなんですから。


海外の取引所やウォレットにBCH保存していた人でも分割に悩んでる人が多いことや、
アメリカ大手のコインベースプロもBSV取引は開始せず、分割にも応じないことで評判
悪い。そういう条件の人が反クレイグになってしまうケースはわかります。でもそれは、
ブロックストリーム寄りのコインベースの対応が悪いのであってBSVの問題ではありません。
日本がまだ扱わないのは同じ理由であると思うし。ただその流れにおいてスマホの
BitNewsなどがBSV時価総額8位の表示やBSVの良いニュースを隠そうとするのはフェアー
ではない。リップルの良さげなニュースばかり報道して値を上げたいのはわかるけど、
銀行使用のリップルと仮想通貨のXRPは別物とかモルガンが用意してる似た性能のものは
リップル以上の性能がある なんてニュースは一切しないでしょ?だから日本のメディアは
BSVについて悪げな報道ばかりするスタンスを改めてほしいと願います。
少なくとも詐欺でなく健全な方向性で時価総額も高いわけです。そもそも詐欺なら
支持されないから8位にはなれません。だからフェアーなやり方じゃない。
書いてはいけないことを記入しないでください と掲示板にバンされる理由がフェアーでない。
それでも詐欺って言うならこちらに時価総額8位で特許も持ってるnchain含めてなぜ詐欺なのか、
それとも単に敵対してるから削除ってことがフェアーである理由をこちらの納得行くように
わからせてもらいたいですね。9位が表示されないビットコインフォーラムの状態こそ異常です。
やってることはナチスの焚書と変わりないと思います。

さて、2017年夏BTCからBCHにハードフォーク、そしてBCHが始まってBCHは2017年
12/20に4104ドル(439694円)まで値を上げてBTCに迫ったのですがその後BTC急落で
失速して400ドル代まで下げて底は100ドル以下。この時BCH買ってれば今おいしいですけどね。
底から上げて現在は430ドル付近のレンジになってます。BCH+BSVの合計値自体は
現在HF出だし時点と変わりないですね。構成比も戻ってるし。7/21 BSVの構成比が上がってて
BTCに対しても上げてます。


そもそもBTCからBCHのHFの原因がBTCはブロックサイズ固定(1メガ今2メガまで)し
てセグイットソフトフォークを選んだことによってビックブロック派に分裂しました。
セグイットはセグイットサイドチェーンに追い込むことによる搾取目的もあるからです。
バーとジハンがBSV無制限ブロックに賛同してBSVに合わせてBCHは放棄するスタンス
であれば現在2つ合わせて15万以上にはなってるでしょうね。HF時に反クレイグが始まって
ただ一方的にBSVが悪いという根拠のないことが拡散された。ここで注意してほしいことは
この時のHF時、またそれ以前の情報にはメタネットに関する事がなかったということです。
ビットコイン0.1プロトコル再現してビックブロックの方向へ行けば、メタネット、
インターネット2.0、クラウド2.0、サーバーレスブロックチェーンストレージ、
スカイネット、色々言い方はありますがITの次の段階へ進むって事は明らかにされてなかった。
実際にその方向性が明らかになったのは2019年初頭にunwritterによるBottleが公開
された時でした。概念としてそれを理解できるようになった時期と理解しても良い。
クレイグがビットコインホワイトペーパーより7年前に ブラックネット論文を
オース政府に提出していた事はよくビットコインホワイトペーパーと内容が若干違う
から詐欺と言う記事を見ますが、まだ完成してないウォレットのホワイトペーパーと
正式に発表したビットコインホワイトペーパーで内容を修正するのは当たり前だから
同一人物と考えてぜんぜん問題ないわけです。「7年で内容違う=詐欺」こそ
子供だましな詐欺です。ブラックネットの時点で頭に構想を持ってたからメタネット、
ブラックネットは言葉が近い。明らかにそれを指してると理解できます。ここの
認識こそ最重要のポイントでクレイグ=詐欺っていう人はそこは指摘しないので
僕から見れば滑稽に見えますね。ブラックネットとメタネットは言葉が近い事実を
もう少し目を開いてよく見ましょう。そう認識してよく調べれば見えてくることです。
最初のビットコイン0.1のプロトコルは32メガのサイズを持っていて、シルクロードで
麻薬取引が活発になってしまうほど使い勝手が良かった。その様子はアマゾンのビットコイン
映画で見れます。シルクロードでアメリカの政治家が怒って根回ししたことによって
ブロックストリームが生まれて1メガ制限からセグイットで最初のビットコインとは別物
になったBTCが現在ビットコインと思われ続けて値を上げてます。最初から回ってるチェーンを
乗っ取られた状態が続いてます。もちろん最初のビットコインが現在のハッシュレート
で動いていれば段違いに高性能ってことになります。それをBSV陣営が2月に実現しようと
頑張ってるって見方です。CSW本人がシルクロードと関係し、立ち上げに関わった事に
ついては、その時点は今とでは状況が全く違います。とにかくビットコイン取引を活発に
して現在の取引所乱立してる状況を作るべきフェーズだったから、シルクロードがなければ
今の状況になってない可能性考えると必要悪だったってことでしょう。それを踏まえて
BSVは健全な方向、BCHは違法取引へ向かってる。


ではなぜBCHがBSVにHFしたのかというと一番のポイントは 匿名 に対する
考え方の相違だと思う。32メガサイズのブロックでも保存は可能なようですが
ブロックチェーンに応用できてサーバーレススペースに保存すべき改ざんされない
情報というのは想像以上に様々な産業だけでなく膨大にあるのでできれば2T以上
無制限で可能ならそちらが正解な方向性です。でBCHはシュノア署名で匿名優先の
方向へシフトして現在6月終わり時点ではブロックサイズは大きくできない方向に
なってます。5月HF時に一日程度の入出金停止ですからHFは成功と言って良いですが
完璧であるとは言えないですね。もしBSVと逆なら相当こき下ろしたニュースが出ます
ね。その状態から半年後、その半年先もまたHFがある。ビットコインの匿名性は
よくニュースに何BTCがウォレットから動いたってニュースになりますが動かした
アドレスがわかるが持ち主は特定できない程度の匿名性です。アメリカはシルクロード
断罪したが匿名性重んじる風習があるのでフェイスブックコインもすぐに批判が出てる。
匿名で思い浮かべるのは、アダルト、ギャンブル、マネーロンダリング、ひいては
違法薬物取引で特にマネーロンダリング目的が大きいと思います。僕の予想では
BSV陣営はまずアダルト抜きで健全なメタネットを作ってゆき健全な金を安全に
使用できる環境を先に作ろうとするはずです。そうした状況がこなれていった後で
どう変化するかはわかりにくいですが、まず先にやるべきはそれですね。
僕は単純にストレスフリーの安全な環境で安心して気軽なマイクロペイメントの受け渡し
できる世界が実現してほしいと思ってます。ロシアンルーブルも実現してほしい。


今後、BTC、BCH、BSVがどう変化してゆくかは情報は集めてますが
不確定要素が多くてまだ予想できませんが、はっきりしてること、事実
だけで構成してもBSVは2月に0.1があるので悪いはずはないです。調べるほど
素性が良いことはみんなそのうちわかりますからね。>>サトシが誰でも
どうでもいいけど←これ自分も最初はそうでしたがすごく重要なことです。
確かに調べてると反クレイグ情報の嘘で塗り固められてるから
そうなるのの無理はないですけど。僕はそこを振り払って調べ続けたので

価格に反映して当たり前、当然なことですし。

7/20クオーサーアップデートはカルビンの口ぶりだと
自信がなくては発言できない趣旨の事言ってて
実際値を上げ始めてもいるから大丈夫でしょ

0 件のコメント:

コメントを投稿

今からBSV(BitcoinSV)を買い保管する方法(初心者向け)

★今からBSV(BitcoinSV)を買い保管する方法(初心者向け) 今から仮想通貨を始めてBSVを買う一番手っ取り早い方法は 日本ではビットバンク、海外はポロフェニックスかFloatSVで 登録して、ビットバンクからBTCを送金後にBSVを買えばいいだけです。 保管...